ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 少年コミック > おすすめの傑作バトル漫画|手に汗にぎる展開にハラハラが止まらない!

おすすめの傑作バトル漫画|手に汗にぎる展開にハラハラが止まらない!


バトル漫画

「ストレスを発散したい!」「熱い気持ちになりたい!」

そんなときは、バトル漫画を読んで気分転換してみてはいかがでしょうか?

 

ハラハラドキドキの展開や、かっこいいバトルシーンに読後はスッキリ! 登場人物になりきって、バトルを楽しむこともできます。

今回は個人的におすすめしたい、1990年代に連載された、または現在も連載されている人気バトル漫画をご紹介します。

迫力あるバトルシーンを、あなたも堪能してみませんか?

 

『HUNTER×HUNTER』

『HUNTER×HUNTER』表紙

HUNTER×HUNTER
冨樫義博(著)、集英社

1998年から「週刊少年ジャンプ」で連載が始まり、発行部数は約7,000万部という大人気のバトル漫画です。

連載開始から20年経ちますが、同時期に連載開始した漫画と比べると休載期間が長く、単行本は2018年6月現在35巻まで刊行されています。

 

父と同じハンターになるため、そして父を探すため、ハンター試験会場へと向かう主人公のゴン。その道中で出会った、同じくハンター試験を受ける仲間との冒険が描かれています。

『HUNTER×HUNTER』のバトルは、頭脳戦の要素が大きいのもひとつの魅力となっています。また、そのバトルを面白くしているのが「念能力」という特殊能力。

冒険とバトルの両方の要素が楽しめる、連載開始当時から変わらず熱い支持を受けている作品ですよ!

 

『鋼の錬金術師』

『鋼の錬金術師』表紙

鋼の錬金術師
荒川弘(著)、スクウェア・エニックス

「ハガレン」と呼ばれ多くのファンを持つ『鋼の錬金術師』は、「月刊少年ガンガン」に2001年から2010年まで連載されていました。

単行本は全27巻が刊行されていて、7,000万部以上の売り上げとなっています。アニメや映画にもなり、2017年に公開された実写映画も話題になりました。

 

錬金術師を父に持つエドワードとアルフォンス兄弟は、亡くなった母を生き返らせようと禁忌の人体錬成を試みて失敗。大きな代償を払うことになります。
失ったものを取り戻すため、兄弟は旅に出るのですが……。

迫力ある激しいバトルシーンはもちろん、エドとアルの兄弟愛にも心を打たれます。

 

『BLEACH』

『BLEACH』表紙

BLEACH
久保帯人(著)、集英社

「週刊少年ジャンプ」に2001年から2016年まで連載されていました。アニメや映画、ミュージカルにもなっている作品で、2018年7月には実写映画の公開が控えています。

 

幽霊が見える高校生・黒崎一護は、ある日悪霊退治にやってきた死神・朽木ルキアと出会い、悪霊に襲われそうになった家族を守るため死神代行になります。

死神が現世を守ってくれているという世界観、護廷十三隊という組織に所属する死神たち、強く成長していく一護の姿など、見どころがたくさんあります。

個性豊かな隊長たちの必殺技や迫力あるバトルシーンは、とにかく格好良いので注目してくださいね!

 

『銀魂』

『銀魂』表紙

銀魂
空知英秋(著)、集英社

2004年から「週刊少年ジャンプ」に連載中で、単行本は2018年6月現在、73巻まで刊行されています。

アニメ化や映画化もされた本作は、2017年に小栗旬さん主演で実写版映画化。2018年8月にはその2作目が公開されます。

 

舞台は江戸時代末期のかぶき町。天人(あまんと)という宇宙人に侵略された世界で、「万事屋」を営む坂田銀時が仲間とともに繰り広げるバトルコメディ作品です。

幕末の人物をモデルにしたネーミングや時事ネタなど、笑える要素が多いです。しかしひとたびシリアスなバトルシーンになると、手に汗にぎる展開が待っています。

バトルあり、ギャグあり、人情あり。
バトルシーンばかりではありませんが、魅力あるキャラクターが多く、楽しめる要素が満載です。

 

『七つの大罪』

『七つの大罪』表紙

七つの大罪
鈴木央(著)、講談社

最後にご紹介するのは、週刊少年マガジンで2012年から連載中の『七つの大罪』。単行本は2018年6月現在、32巻まで刊行されています。

 

リオネス王国の第3王女エリザベスは、聖騎士たちの横暴によって荒れた国を憂い、10年前に国を裏切り逃亡した伝説の騎士団「七つの大罪」を探す旅に出ます。

そこで偶然出会うのが騎士団の団長メリオダス。彼もちょうど昔の仲間を探しているところだったため、一緒に仲間の行方を探す旅を始めます。

 

伝説の騎士団「七つの大罪」は、キリスト教の七つの大罪「暴食」「色欲」「強欲」「憤怒」「怠惰」「嫉妬」「傲慢」の異名をキャラクターがそれぞれ持っていて、とても個性豊か。

冒険ファンタジーですが、恋愛やギャグの要素もあり、もちろん迫力あるバトルシーンは見逃せませんよ!

 

バトル漫画の世界観を楽しもう!

人気のバトル漫画を5作品ご紹介しました!

主人公が圧倒的に強い漫画は、読んでいてスカッとして気持ちがいいですよね。
また、登場人物が試練を乗り越えてどんどん強くなっていくバトル漫画は、「自分も頑張ろう」という励みにもなります。

ぜひお気に入りのバトル漫画を見つけて、その世界観を楽しんでくださいね。

 

今回ご紹介した漫画作品

HUNTER×HUNTER
冨樫義博(著)、集英社

鋼の錬金術師
荒川弘(著)、スクウェア・エニックス

BLEACH
久保帯人(著)、集英社

銀魂
空知英秋(著)、集英社

七つの大罪
鈴木央(著)、講談社

絶望の中で繰り広げられるバトル!パニック系漫画