ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 少年コミック > 桂正和さんの漫画おすすめ5選|懐かしの傑作を振り返る

桂正和さんの漫画おすすめ5選|懐かしの傑作を振り返る


桂正和氏といえばちょっとHだけどカワイイ美少女が出てくる恋愛漫画を思い浮かべますよね。うるんだ瞳、むっちりしたボディといった男子の理想がぎっしり詰まった美少女の絵に定評のある漫画家さんです。パンチラシーンは「神レベル」といわれるほど。

美少女が出る恋愛漫画のイメージが強い桂正和氏ですが、SFやアクション漫画でも高い評価を得ています。

そんな桂正和氏の漫画を厳選して5つご紹介します。

 

ビデオの中から現れた少女
『電影少女』

『電撃少女』
集英社

 

女の子にモテるために男性ファッション誌のモテ特集を見て頑張るけれど、いつも空回りする主人公の洋太。そんな彼を応援するためにビデオの中から現れた美少女・あいと出会うことで物語は始まります。あいは洋太をなぐさめたり、洋太の恋を応援したりするために現れた期間限定の存在。

それにもかかわらず、あいは洋太のことを好きになってしまいます。洋太自身も物語当初は同級生のもえみちゃんに片思いしていますが、次第にあいに惹かれていきます。洋太もあいもお互いのことが好きなのに決して結ばれることが許されない二人。

何だか見ていて切なかったです。

切ないと同時に洋太が別の女の子と付き合ったり、あいが洋太の元を去ったときはヤキモキしました。

「この二人の関係は最終的にどんな形で決着をつけるんだろう」と気になって仕方なかったことを覚えています。

 

連載デビュー作
『ウイングマン』

『ウィングマン』
集英社

 

桂正和氏の記念すべき連載デビュー作。変身ヒーローに憧れていた主人公・健太がある出来事がきっかけで本物の変身ヒーローになってしまうお話です。

ヒーローになったきっかけがきっかけなので、ヒーローのくせに弱い健太。でも、最初から健太が強いヒーローだったら私はこの漫画は惹かれなかったと思います。

弱い健太が一生懸命に努力してヒーローとして強くなっていくところが、この漫画の魅力です!

1984年にアニメ化された漫画でもあります。30代後半以上の人だと漫画は読んでなくても、アニメで『ウイングマン』を見たことある人もいるのではないでしょうか。

桂正和氏といえば恋愛漫画のイメージする方も多いと思いますが、デビュー作がヒーローものなんて、ちょっとびっくりしますよね。桂正和氏の原点ともいえる漫画なのでぜひ手に取ってみてください。

 

片想いの楽しさやハラハラを描く
『I”s』

『I”s』
集英社

 

主人公・一貴の視点で描かれた恋愛漫画。この漫画の面白いところは一貴の視点でしか登場人物の感情が描かれていないところ。一貴と一緒になって片想いの切なさや楽しさ、ハラハラした気分を味わえます。一貴はヒロイン・伊織に片想いしていますが、伊織の内面は漫画の中で一切描かれていません。

「伊織は一貴のことが好きなの?それともただの同級生と思っているの?」と伊織の表情や行動から一貴に対する思いを色々想像しながら読んでいました。

片想いをしていると、好きな人の行動や言動が気になってしょうがないですよね。そんな片想いのもどかしくて切ない気持ちを思い出させてくれる漫画です。

男性目線で恋愛感情が描かれている漫画ですが、好きな人に対するハラハラ・ドキドキ感、自信が持てないところは男も女も関係ないと改めて思いました。

『I”s』は私にとって好きな恋愛漫画トップ5のうちの1つです。

 

作風の違う変身ヒーロー漫画
『ZETMAN』

『ZETMAN』
集英社

 

『ZETMAN』は変身ヒーローものですが、いわゆる勧善懲悪ものではありません。主人公・ジンとライバル・コウガのそれぞれが考える正義が対立するお話です。二人の正義感のちがいが丁寧に描かれているところがこの話の見どころ。

今までの桂正和氏の漫画とガラリと作風が変わるので、『電影少女』や『I”s』しか知らない人はちょっとびっくりするかもしれません。たまたま『ZETMAN』の1巻を読んだときは、これが桂正和氏の漫画だとは気付きませんでした。

桂正和氏お得意のお色気シーンもほとんどありません。

しかし、圧倒的な画力と世界観に引かれて、すぐに2巻以降も購入してしまいました。

グロテスクなシーンも多く暗い話ですが、深く考えられた世界観と先の読めない展開に漫画の世界に一気に引き込まれてしまいます。

 

女性を虜にするDNA
『D・N・A2 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』

『D・N・A2 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』
集英社

 

主人公の純太は女の子の水着姿を見ただけで吐いてしまう重度の女性アレルギー。しかし、純太は未来の人口過密に大きな影響を与えるメガプレと呼ばれる女性を虜にするDNAの持ち主です。

人口増加を防ぐために未来から純太の前にやってきたのがDNAオペレーター・かりん。ラブコメだけどSF要素の強い部分に惹かれてこの話を読み始めました。

この漫画は雰囲気がカッコイイ。特にかりんが登場するシーンはしびれるぐらいカッコイイ。アクションポーズや決めポーズは洋画のヒーローものを見ているかのようでした。

単行本は5冊しかありませんが、短いストーリーの中にラブコメ、SF、アクション、バトルと少年漫画に必要な要素がぎっしり詰まった隠れた名作です。

 

美少女、ちょっとHな作品以外にも魅力いっぱいの桂正和ワールド

桂正和氏は美少女、ちょっとHな作品のイメージが強い漫画家さんですが、繊細な恋愛描写はどれも共感できるものばかり。恋愛漫画だけでなく、ちょっと重たいシリアスな話も見ごたえがあります。

画力が抜群なのでアクションのシーンも迫力満点です。

色んな引き出しを持つのが桂正和氏の作品の魅力といってよいでしょう。

 


今回ご紹介したコミック


電撃少女
集英社


ウィングマン
集英社


I”s
集英社


ZETMAN
集英社


D・N・A2 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜
集英社


 

桂正和さんのコミックを探す

 

20代~50代までの、もう一度読みたくなってしまう懐かしのコミックを集めました!