ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ビジネス書 > 仕事にやる気が出ない…簡単に出来るモチベーションの上げ方

仕事にやる気が出ない…簡単に出来るモチベーションの上げ方


Motivation_up

仕事にやる気が出ないと悩んでいる人は意外と多いものです。そもそも、やる気が出ないのはなぜでしょうか。小さな目標を持つことを習慣づけることや、友人と良きライバルとして励まし合うことにより、モチベーションを上げてみましょう。

そもそも仕事にやる気が出ない理由とは

仕事にやる気が出ない理由として、「目標がない」という人が多い傾向にあります。与えられた業務を仕方なく行っているだけでは、やる気が出ないのも当然でしょう。何かしら先に自分の中で目標を持つからこそ、それに向かって頑張ろうというモチベーションが生まれるのです。 目標は小さなものでOKです。「今週中に必ずここまでしてしまおう」とか、「上司に認めてもらえるように頑張る」とか、「営業成績を先月よりも伸ばす」など、自分のできそうな目標を立ててみましょう。大きすぎる目標ではなく、近い将来に頑張れば達成できそうなことを目標にしてみてください。そして達成できれば、また次の目標を立てるようにするのです。その繰り返しを行うことで、常にやる気を出せるようになります。

友人と仕事の話をすることでモチベーションアップ

モチベーションアップの方法として、友人とお酒の席で仕事の話をしてみるのもひとつの方法です。久しぶりに会った友人が仕事で成果を上げて出世したような話を聞くと、自分も負けていられないなと、やる気が出るものです。 また仕事についていろいろと話すことにより、「みんなも同じようなことで悩んでいる」と気付く場合もよくあるもので、一緒に頑張っていこうと前向きな気持ちにもなれることでしょう。 時には相手が自分を励ましてくれるかもしれません。相手の熱い励ましの言葉により、もっと頑張ろうというモチベーションにつながることもあるのです。

「尊敬できる人」がモチベーションを上げる

自分の周囲で、仕事において尊敬できる人を見つけることも大切です。父親でも先輩でも上司でも、時にはしっかりした部下でもいいのです。営業成績がダントツであったり、たくさんの仕事を引き受けながらもミスなくこなしたりと、尊敬する理由はさまざまでしょう。そうしたロールモデルを見つけることにより、その人を目指そうという目標を掲げることができます。 尊敬できる人が見つかると、自分の目標も持ちやすくなるでしょう。そして「あの人のようになりたい、いつかなってみせる」という気持ちが、モチベーションアップにつながるのです。

モチベーションを上げることは小さな習慣から

仕事においてモチベーションを上げるためには、日頃から常に目標を持つことを習慣づけましょう。目標を立てて頑張り、達成できればまた次の目標を立てるようにする。こういった小さな習慣の繰り返しにより、やる気が出るのです。 自分を認め、”自分はできる”と自信を持つように日々心がけましょう。 うまくいかないときは自分を責めるのではなく、思い切って気分転換をするなどして常日頃からポジティブに考える癖もつけたいものですね。

モチベーションはちょっとしたことでも上がったり下がったりします。時には仕事を定時で切り上げて、趣味や好きなことに打ち込んで見るのもいい気分転換になります。 下記の特集では、モチベーションアップに役立つおすすめの本を紹介しています。本を参考にしたり、友人知人と話したりして、自分なりの「モチベーションアップ術」をつかんでください。

ライター

サカモト
サカモト
中学生の頃に歴史にハマった歴史好き30代。毎日のように本屋に行っては面白そうな本をあさってます。歴史関係のほか、漫画も好きです。