ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ビジネス書 > 本当の頭の良さは「地頭力」|考える力を身につけるおすすめ本5選

本当の頭の良さは「地頭力」|考える力を身につけるおすすめ本5選


更新日:2019/4/12

「地頭力 (じあたまりょく)」という言葉は、人材採用の現場などでよく耳にする言葉です。

学業成績が優秀な「頭の良い」学生が、ビジネスの世界で必ずしも優秀な結果を出せるわけではないですよね。
このことから、ポテンシャルに期待できる、素養としての頭の良さを持っている人を指して「地頭が良い」と形容されます。

 

では「素養としての頭の良さ」=「地頭の良さ」をもっと掘り下げてみましょう。

 

地頭力 って何?

地頭力 って何?

就職面接の際に地頭の良さを見るテストとしてもてはやされたのが、フェルミ推定。

「シカゴにピアノ調律師は何人いるか?」といったような、現実的には調べることが難しい問題を、柔軟な仮説を立てて論理的に推定することです。
論理的な思考や発想力、応用力や分析力など、問題解決能力に直結する力が必要とされます。

 

もうひとつ、ビジネス環境のなかで評価される能力という点で、コミュニケーション能力が地頭の良さに加わります。
理解力や説明力、想像力、判断力、柔軟性や寛容さなどもその要素と言えるでしょう。

 

地頭力があると何が良いの?

問題解決能力やコミュニケーション能力があることは何もビジネスでの結果だけに関わるものでないことは言うまでもないでしょう。仕事に限らず人生のなかで適切な選択を行い、道を切り拓いてくために必要な能力です。

付け加えたいことはこれらの能力は資質ではなく素養であるということ。生まれつきのものではなく、子供の頃からの家庭環境に加え、大人になってからも意識的に努力することで伸ばすことができるということです。

 

では、地頭力を伸ばすためにはどうすればいいのか。

そのヒントとなる本を選んでみました。

 

地頭力を身につけるためのおすすめ本

書籍『地頭力を鍛える』表紙

地頭力を鍛える
細谷功(著)、東洋経済新報社

本書では「頭の良さ」を「物知り」「機転が利く」「地頭力」の3種類であるとし、「地頭力」を「考えるための基本となる力」と定義しています。

その本質を「結論から」「全体から」「単純に」考えるという3つの思考方法の総合力であると結論づけ、地頭力を鍛えるツールとしてフェルミ推定を活用しようというものです。

2007年に出され20万部を超えるロングセラーである本書のほか、「地頭力」についての多くの著作がある細谷功氏。

マンガ版の『まんがでわかる地頭力を鍛える』も読書になじみのない方にも読みやすいため、おすすめです。

 

書籍『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく東大読書』表紙

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく東大読書
西岡壱誠(著)、東洋経済新報社

本の読み方を変えることで地頭が良くなるというのが本書のテーマです。

東大生は能動的に本を読むと言います。

能動的な読み方というのは、各章で紹介される、仮説作り、取材読み、整理読み、検証読み、議論読みなど。
これらの読み方をすることで読解力、論理的思考力、要約力、客観的思考力、応用力がつき、地頭がよくなると著者は主張します。

偏差値35から東大に合格したという結果の裏付けがあるからこそ説得力のある内容は、本との向き合い方を変えるきっかけを与えてくれますよ。

 

書籍『思考の整理学』表紙

思考の整理学
外山滋比古(著)、筑摩書房

東大生・京大生に最も読まれた本で、書店のポップから売れ行きに火がついた200万部を超えるベストセラー。

本質的な思考力を伸ばすための方法が書かれた33のエッセイは読みやすく、出版されてから30年以上の時を経ても色あせない普遍性を持っています。

自ら考えるということはどういうことか、なぜ自ら考えることが必要なのか、自ら考えるためにはどうすればよいのかを示唆してくれる、地頭を良くするための栄養が詰まった1冊です。

 

書籍『すべての知識を「20字」でまとめる 紙一枚!独学法』表紙

すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚!独学法
浅田すぐる(著)、SBクリエイティブ

30秒間で上司を納得させる説明ができるかを問うエレベーターテスト。
わかりやすく説明する力、優れたコミュニケーション能力があることも地頭の良さのひとつと言われます。

20字に要約する、紙1枚に書くという制約を与えることが、情報を整理しまとめあげる、考え抜く力を養うことにつながり、考え抜くことが本質を見抜く地頭力を高めるというのが中身です。

本書が『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』と合わせ35万部のベストセラーとなっていることは、著者が社員時代に身につけたというこれらのメソッドが具体的で、再現性が高いことの証ではないでしょうか。

 

書籍『考える力をつける3つの道具』表紙

考える力をつける3つの道具
岸良裕司(著)、きしらまゆこ(著)、ダイヤモンド社

3つの道具というのは「ブランチ」「クラウド」「アンビシャスツリー」という思考ツールを指しており、これらはビジネス書のベストセラー『ザ・ゴール』で有名になったTOC(制約条件の理論)がもとになっています。

TOCはサプライチェーン・マネジメントの世界で用いられる専門用語なので難しそうですが、本書は「ウサギとカメ」「アリとキリギリス」の童話を題材に挿絵をふんだんに使った子供と一緒に読める仕立てになっています。

問題解決のためのTOC、そのバックグラウンドとなる思考方法を子供のうちにわかりやすく教えてあげることは、地頭力の基礎を形づくる助けになります。

 

本当の頭の良さは考え抜く力

地頭力は考える力とその運用能力の上手さであると言えそうです。

そして、就職の成功や仕事ができる人になるための単なる手段ではなく、より深く、充実した人生を送るために成長させていきたい本当の頭の良さです。

 

今回紹介した書籍

地頭力を鍛える
細谷功(著)、東洋経済新報社

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく東大読書
西岡壱誠(著)、東洋経済新報社

思考の整理学
外山滋比古(著)、筑摩書房

すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚!独学法
浅田すぐる(著)、SBクリエイティブ

考える力をつける3つの道具
岸良裕司(著)、きしらまゆこ(著)、ダイヤモンド社

 

もっと「自分を高めたい人」にはこちらもおすすめ!