ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 文学小説 > 第24回 【太宰治とんでもエピソード】「熱海事件」とは?『走れメロス』のきっかけの実話【連載コラム】

第24回 【太宰治とんでもエピソード】「熱海事件」とは?『走れメロス』のきっかけの実話【連載コラム】


第24回 【太宰治とんでもエピソード】「熱海事件」とは?『走れメロス』のきっかけの実話【連載コラム】

 

こんにちは、アオノです。

みなさんは太宰治の『走れメロス』を読んだことがありますか?

教科書に載っているので、一度は読んだことがあるかもしれません。

実は『走れメロス』には、書かれるきっかけになったのではないかと考えられている、太宰治のとんでもエピソードがあるんです。

今回は、そのエピソードをマンガでご紹介します!

 

『走れメロス』のきっかけ?「熱海事件」とは

 

1936年(昭和11年)11月、太宰は熱海にこもって執筆をしていた。

ある日、太宰の友人・檀一雄は、太宰の内縁の妻・初代に「太宰がお金がないと言ってきたから、お金を届けてほしいの。そして早く連れて帰ってきて」と依頼された。檀はその金を持って太宰を訪ねるが、檀が到着するなり太宰は壇を飲みに誘い……

 

熱海事件のマンガ

 

この、太宰が金を借りに行ったきり戻ってこず、井伏鱒二と東京で将棋を指していた事件を、通称「熱海事件」といいます。

怒った檀に「待つ身が辛いか、待たせる方が辛いか」と太宰は言いますが、2人分の借金を抱えたまま熱海で待っていた檀は、肩身の狭い思いをしていました。

太宰を待つ日々は、いつもより長く感じたことでしょう。

 

しかしこの「熱海事件」、これで終わりではないんです。

 

「熱海事件」のその後。「熱海の思い出は、苦い」

縁側の写真

 

「熱海の思い出は、苦い」と、檀はあとから振り返っています。

檀一雄は翌日、太宰と将棋を指していた井伏鱒二と共に、太宰の師であった佐藤春夫を訪ねます。

太宰と檀が、熱海で女遊びをしていたことは、領収書を見れば明白でした。

 

井伏さんは時折、例の、女の勘定書きを膝の上にパラパラとめくりながら、先生と、私の顔を交互に見られた。

もう、生涯あのような恥ずかしい目に会わずに済めば幸わせである。私は「丹下氏邸」を読み返すたびに、あの日の井伏さんの、膝の上に積まれていた、女の、夥しい勘定書を思い起こすならわしだ。

(岩波現代文庫『小説 太宰治』檀一雄(著)、P125~P126)

 

「丹下氏邸」とは、井伏鱒二の小説のこと。

飲食代ならまだしも、遊女のところへ行った領収書を目の前でめくられてしまっては、恥ずかしくてたまりませんよね。

 

結局、太宰と檀の宿代を佐藤春夫が出し、残りは井伏鱒二が、自分のものや、太宰の内縁の妻・初代の衣類などを質に入れ、代金をまかなってくれたのだそうです。

 

『走れメロス』には大切だった熱海の旅行

走れメロスの書影

『走れメロス』が出版され、檀一雄はこのように語っています。

私は後日、「走れメロス」という太宰の傑れた作品を読んで、おそらく私達の熱海旅行が、少なくともその重要な心情の発端になっていはしないかと考えた。あれを読むたびに、文学に携わるはしくれの身の幸福を思うわけである。

(岩波現代文庫『小説 太宰治』檀一雄(著)、P127)

 

熱海事件は、まさに『走れメロス』と似ているところがあります。ただ、太宰はメロスみたいに走らなかったし、檀の元には戻りませんでしたが、良い友人を持ったことに変わりはありません。

檀を置いて東京に戻った太宰が、なんで戻ってこなかったのかといえば「恥ずかしくて、お金を貸してくれとはなかなか言い出せなかった」とも言われています。

太宰は戻ってきませんでしたが『走れメロス』を書いたとき、一緒に熱海で遊んで、熱海に残してきてしまった檀一雄のことを、太宰も思い出していたかもしれませんね。

 

もう一度『走れメロス』を読んでみよう

『走れメロス』が書かれる前には、こんなできごとが太宰の身にも起こっていました。

それを知った上で、もう一度『走れメロス』を読んだら、また違った面白さがあるかもしれません。

ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

今回ご紹介した書籍

走れメロス
太宰治(著)、新潮社ほか

小説 太宰治
檀一雄(著)、岩波現代文庫ほか

 

様々な文学作品をご紹介する連載コラム【文学の種】バックナンバーはコチラ↓