ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本を楽しむ > 本の豆知識・雑学 > 本好きな人にあげたら喜ばれるプレゼントの選び方

本好きな人にあげたら喜ばれるプレゼントの選び方


dokusyozuki-present

みなさんは本好きな誰かにプレゼントしたことがありますか? 誕生日やクリスマス、出産祝い、お見舞いの品として。あるいは「面白いな」「読んでほしいな」と思った本をさりげなく贈ってみたり。相手の好みにあったものが渡せて、「読んだよ」「面白かったよ」と言ってもらえると嬉しいですよね。

今回は、本好きに贈るプレゼントの選び方をガイドします。「本」そのものだけでなく、本好きが喜ぶ関連グッズなどもご紹介しますよ。

 

まずは相手の好みをリサーチ

dokusyozuki-present1

どんなプレゼントでも言えることですが、贈り物を決める前に相手の好みをしっかりとリサーチしておくことが大切です。

贈る相手が普段はどんな本を好んで読んでいるのか? 好きな作家やよく読むジャンルなどをさりげなく尋ねておきましょう。

おそらく相手の方は読書が好きな方だろうと思いますが、「本好き」にもいろいろなタイプがいます。小説が好きな人、ノンフィクションが好きな人、漫画が好きな人、絵本が好きな人など。相手の興味をひかなさそうな本を贈ってしまい、読んでもらえなくては意味がありませんよね。

 

【本の種類別】プレゼントの選び方

dokusyozuki-present2

どのジャンルの本を贈るかによって、注意するべきポイントは変わってきます。それぞれのジャンルごとにご紹介しましょう。

◆写真集・画集

よく贈り物として選ばれるのが、写真集や画集、イラスト集など、「見て楽しめる」本です。プレゼントとしても選びやすく、普段あまり本を読まないけど、きれいな写真を見るのは好き!という相手に贈るには最適です。

選ぶポイントとしては、まず「写真や絵画のテーマが新鮮であること」。たとえば空だけを写した写真集だったり、きれいな鉱物の写真集、変わったところではキノコの写真集やダムの写真集などもあります。タイトルをみただけで、「こんな写真集あるんだ!」と思うようなニッチなテーマのものも新鮮です。

もう一つのポイントは、「あまり大きすぎないこと」「重すぎないこと」です。どうしても写真集や画集は重くて大きいものになりがちで、ともすれば「本棚に入らない…」ということも起こり得ます。相手の迷惑にならないように気をつけましょう。

 

◆絵本

こちらも「見て楽しめる」代表格です。もしお子さんに贈る場合には、対象年齢をしっかりと確認しておくことがポイント。たいていの場合、裏表紙などに対象年齢が書いてありますので、チェックしておきましょう。とはいえ、その子の発達度合いによっても異なりますし、どんなものを好むかも人ぞれぞれなので、事前にしっかりと親御さんにリサーチしておくことをおすすめします。

少し贈る相手を選ぶかもしれませんが、大人に絵本を贈っても喜ばれます。その場合は、ストーリーの深みや絵のきれいさを重視して選ぶと良いでしょう。イラスト集や画集を選ぶような気持ちで、飾っても美しい絵本を探しましょう。

また、ポップアップ絵本(開くと絵が飛び出すようになっているもの)やしかけ絵本などのギミックのついているものは子ども大人問わず贈り物として人気があります。

 

◆小説・漫画

意外と選ぶのが難しいのが、小説や漫画です。どうしても人によって好みが分かれますので、事前にしっかりとリサーチしておくと良いでしょう。

でも、相手のことをよく知っている場合は、「読んでみてほしいな」と思う本を見つけたらあまり肩肘はらずに気楽に贈ってみても良いかもしれませんね。

重要なのは、自分が読んだことのある本を贈ること。特にお祝いに贈る本が、バッド・エンディングだったり、後味のわるい内容だったりするのは、よほど相手の好みを熟知していない限りは避けたほうが賢明です。

また、あまりにも長い本や、シリーズものではないほうがよいでしょう。短編集やオムニバス(複数の小説家の作品が収録されているもの)も贈り物としてはおすすめです。

 

本好きに喜ばれる! おすすめ読書グッズ

dokusyozuki-present3

本好きの人に本を贈るのは、好みがあって難しい、と思われる方も多いことでしょう。そんな方は、読書を楽しむことのできるグッズや、本にまつわるグッズを贈るのも一案です。

 ◆ブックカバー

本好きの方で、外でもよく本を読むという人には、ブックカバーを贈ってみてはいかがでしょうか。

ブックカバーと一口にいっても、布製やビニール製から、本革など、さまざまなグレードのものがあります。かしこまったお祝いなら、本革のものがおすすめです。

いろいろなサイズのものが売っていますが、代表的なのは文庫、新書(コミック)、四六判(小さめの単行本サイズ)、A5判(大きめの単行本サイズ)などがあります。

使い勝手がよいのは文庫ですが、普段相手がどのような本を読んでいるのか思い返しながら選びましょう。

 

◆ブックマーク(しおり)

しおりというと、細長い紙を想像する方も多いと思いますが、文房具店や雑貨店にいくと、木製のものや金属製のもの、革製のもの、きれいな装飾(チャーム)がついたものなど、おしゃれで素敵なものがたくさん見つかると思います。

アクセサリーとして美しいものだけではなく、開いたページをキープしておける機能がついていたり、ペンが挟めるようになっていたり、ルーペがついていたりするものもあります。

ブックカバーとおそろいでしおりをプレゼントするのも素敵ですね。

 

◆絵本のキャラクターグッズ

名作絵本のイラストやキャラクターをモチーフにしたグッズなどもおすすめです。小さいお子さんへ贈るなら、ぬいぐるみやマスコットが喜ばれます。大人の方に贈るなら、ノートなどの文房具、トートバッグ、Tシャツ、カレンダーなどの実用的なものが良いでしょう。グッズ単体で贈っても良いですし、オリジナルの絵本に添えて贈るのも素敵です。

実は私も絵本が大好きなのですが、知人にエリック・カール「はらぺこあおむし」(偕成社)の絵柄が入ったマスキングテープをもらったことがあります。自分の大好きな絵本だったので、「好きな本を覚えていてくれたんだ」という喜びもあり、とても感激したのを覚えています。

 

まとめ

dokusyozuki-present4

いかがでしょうか。どんなものを贈るにしても、贈り物を選ぶときは難しく、それでいて楽しいものですよね。特に本は好みが分かれがちですので難易度は高いと思いますが、その分相手に喜んでもらえたときは本当に嬉しい気持ちになります。

ぜひこの記事を参考に、本や読書グッズの贈り物を選んでみてくださいね。

 

【おすすめの記事】

ライター

ラッテ
3度の飯より本が好き。興味のおもむくままに、いろいろな分野の本を読んでいます。特によく読むジャンルは、IT、美術、語学、旅行、インテリア、漫画など。本好きが高じて、書店員をしていたこともあります。