ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本を楽しむ > 本の豆知識・雑学 > 読書タイムの姿勢が改善する椅子の座り方とは?

読書タイムの姿勢が改善する椅子の座り方とは?


acdb33e9015ab90d413e3781e288b911_s

読書をする時、どんな体勢で読んでいますか?

家のソファーや電車の中。寝る前に寝っころがって読んだり足を組んで読んだり……。
本はどこにでも持ち運べるのはいいのですが、間違った姿勢で読み続けると、肩こりや疲れ目など体にさまざまな影響を及ぼすそうです。

そこで今回は、意外とあなどれない「正しい読書の姿勢」をご紹介します。

 

姿勢が悪いといろいろな問題が…。

本に夢中になってだんだん前のめりになり、猫背になってしまったり、寝ながらの読書が習慣になっている方は多いかと思います。でも読書をする時の姿勢が悪いと、このようなことが起こります。

・肩こり
・首の痛み
・腰痛
・疲れ目
・視力の低下
・骨盤のゆがみ

など、体にいろいろな悪影響を与える可能性があるそうです。

本の重みや同じ姿勢をとっていることで、筋肉に負担がかかって体が痛くなったり、目と本の距離が近いことによって目が疲れたり、視力が低下してしまいます。

これは読書だけではなく、生活全般での姿勢に同じことが言えますよね。読書をするとストレスの解消になると言われていますが、その読書で逆に肩がこってしまったらたいへんです!

では、どんな体勢で読むのがいいのでしょうか?

 

読書は「椅子」と「机」で背筋がピン!

dokusyo-shisei-woman

基本的には「椅子+机」がいいそうです。

椅子の座り方が肝心!

・イスに深めに腰掛ける。(腰と椅子の間にクッションなどを置いて調節してもいいです)
・背筋を伸ばす。
・耳⇒肩⇒骨盤が一直線になるようにする。

実際に本を読んでみましょう。

・腕は机の上に置いて軽く曲がる程度(バスタオルなどで調節してもいいです)
・目から本までの距離は30cm

このような感じがベストです。
また、明るさも暗すぎず・明るすぎずが最適で、さらに目が疲れたなぁと感じた時はちょっと遠くを見るといいそうですよ。

⇒詳しくはこちらの記事「暗い部屋での読書は目が悪くなる」は迷信か!?

楽な姿勢は、必ずしも負担がかからない姿勢ということではないので、ついついやってしまいがちな、うつ伏せ・ほお杖・猫背はできるだけ控えたほうがよさそうです。

 

おわりに

短時間であればあまり影響はないかもしれませんが、長時間悪い姿勢のまま読書をすると、せっかくのリラックスタイムなのに体が疲れてしまいます。

ベッドで寝っころがって読んでいた方はベッドに腰掛けて読んだり、普段からイスに座って読んでいる方も姿勢を“意識”するだけで変わってきます。
最近は、角度を変えられて、本を持たずに読書ができるブックスタンドなども売っていますよ。

もし読書での肩こりや疲れ目などにお困りでしたら、「姿勢」を見直してみてはいかがでしょうか。