ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 生活・暮らし > リサイクル > 本棚の捨て方って?粗大ゴミに出すパターンとリサイクルの仕方

本棚の捨て方って?粗大ゴミに出すパターンとリサイクルの仕方


引越しなどで本棚を捨てなければならないとき、どうしたら良いのでしょうか?知らないと困ってしまいますよね。

「粗大ゴミに出す」というのが一般的ですが、他にもいろいろな処分方法があります。

また、インテリアのイメージを変えるために本棚を処分しようと考えている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は上手にリサイクルして使えられたらよりベストですよね。

今回は本棚のリサイクルのアイデアや、知っておきたい知識をお伝えします。

 

リサイクルショップやフリマサイトなどで買い取ってもらう

中古家具のリサイクルショップで買い取ってもらえれば、料金がかからない上、ものによっては高く買い取ってもらうこともできます。

ネットのフリマサイトやオークションサイトを利用することもできますが、大型の本棚は送料が高くなってしまうので、販売するのが難しいという難点があります。

もし車を持っていて自分で運ぶことができれば、近隣に住んでいる人に販売することが可能です。解体しやすく、組み立てやすい本棚なら、コンパクトにまとめられるのでより便利ですね。

 

無料で引き取ってもらう

値はつきませんが、各市町村のリサイクルセンターが無料で引き取ってくれる場合があります。
ただ、あまり大きすぎたり重すぎたりすると引き取ってもらえないことがあるので、下見に来てもらった際に判断してもらいましょう。

 

引越し時に本棚を手放す場合は、引越し屋さんに引き取ってもらう方法もあります。有料の場合でも、粗大ゴミのように自分で運び出す手間が省けるので、自分で運び出すのが大変な人にはおすすめです。

また、公共施設などの掲示板を利用する方法もありますよ。車がなかったり自分で運び出すのが大変な人は、「取りにきてくれる方限定」という条件にしておくと良いでしょう。

 

粗大ごみに出す

粗大ゴミの出し方や料金は各市町村によって異なりますので、ホームページでチェックするか、直接ごみ処理担当係に問い合わせると良いでしょう。

粗大ゴミを出すときは事前に申し込みが必要です。大きさや重さによって料金が異なるので、電話で申し込むときには大きさや重さなど大体の形状を伝えましょう。

なかにはインターネットで申し込みができるところもあります。粗大ゴミ処理券取扱所に指定されているお店で「粗大ごみ処理券」を購入し、収集日の決められた時間までに所定の場所に置きます。

自分で運べる人は、ごみ処理場へ直接持ち込むこともできますよ。

 

他の使い道を考えてみる

せっかく買った本棚なので、できれば処分しないで残しておきたいですよね。本棚以外にも、食器や服を収納する棚として使ったり、ベランダに出して植物棚にするという手もありますよ。ペイントしてリメイクしても良いですね。

木製の棚は野外に出すと傷みやすくなってしまいますが、野外用の耐水ラッカーを塗ると持ちが違います。

大きな本棚ならノコギリでカットして低くして使ったり、キャスターをつけてカートにしたり、簡単な机やセンターテーブルとして使う方法もあります。

いろいろな使い道を考えてみるのも楽しいですよね。

 

本棚を買うときの注意点を知っておく

引越しなどが多い人は、本棚を買うときは解体しやすいものを選ぶと良いでしょう。ユニットタイプで棚板を簡単に取り外しできるようなタイプなどがベストです。

カラーボックスのような合板でできた本棚は手頃な価格で入手できますが、木の一枚板の本棚に比べるととても重く、粗大ゴミに出すのも一苦労ということになりかねません。

本棚を買うときは値段だけでなく、引っ越しなど、先のこともよく考えて買うようにしましょう!

 

いろいろなパターンをシミュレーションしましょう

大きな本棚をゴミに出す場合は自分の労力との兼ね合いが大事なポイントになります。

せっかく買った本棚ですから、粗大ゴミに出す前にいろいろなパターンをシミュレーションして、自分に合ったベストな方法を見つけましょう。

 

家電の処分に困ったときはこちらの記事を参考にしてくださいね!