ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 生活・暮らし > リサイクル > 【考えようリサイクル】わたしたちの身の回りのリサイクル品

【考えようリサイクル】わたしたちの身の回りのリサイクル品


recycle-futaba

「リサイクル」という言葉はよく知られていますよね。でも実際、どんなものが収集され、何に生まれ変わるのかご存じですか?

「リサイクルをしよう」と思った時、まず大事なのは“知ること”です。

今回、分別収集されたゴミは、どんなものに変身しているのかを簡単にまとめてみました。

まずは「リサイクル」を知ろう!

リサイクル(Recycle)とは、「廃棄物を、原料や燃料として再び利用すること」です。

生活が豊かになるのはいいのですが、食料品の容器包装やテレビなどの電化製品など、そのままどんどん捨てていったら日本はゴミの山に……。

新たな資源に変えられるもの、ちょっとの手直しで使えるものは「捨てないで!」というのがリサイクルです。

リサイクルできる品目は、紙・ガラスびん・アルミ缶、スチール缶、ペットボトル、家電などいろいろあり、自治体などでも回収してくれますよね。

また、「容器包装リサイクル法」「家電リサイクル法」、「自動車リサイクル法」などの、リサイクルに関する新しい法律もぞくぞくと定められています。

それでは、リサイクルできる品目のなかから、代表なものをご紹介します。

リサイクル品目①:ペットボトル

ペットボトルは生まれ変わると…

・自動車関連、カーペット、スーツなどの繊維製品

・卵パック、クリアファイル、名刺などのシート製品

・ボールペン、結束バンド、下水道などのふた、洗剤用ボトルなどの成形品

になります。

ペットボトルのリサイクル商品は、現在約300品目ほど。
ボトルtoボトル(BtoB)といって、ペットボトルをリサイクルし、また食品用ペットボトルとして使用する手法もあるそうです。
⇒ペットボトルのリサイクルについての記事へ

リサイクル品目②:アルミ缶

アルミ缶は生まれ変わると…

・アルミ缶

・ホイールなどの自動車部品

・フライパンや鍋、アルミホイルなどのアルミ製品

になります。

アルミ缶リサイクルの最大の特徴は、「アルミ缶からアルミ缶へ何度も再生できる」ということ。お店にならぶアルミ缶の多くは、再生されたアルミ缶だそうですよ。

スチール缶もまた、回収されてスチール缶や自動車用鋼板、冷蔵庫や洗濯機などに生まれ変わります。1年間にリサイクルされるスチール缶はなんと、東京タワー200本分ほどだそうです!

リサイクル品目③:牛乳パック

牛乳パックは生まれ変わると……

・トイレットペーパー、ティッシュペーパー、キッチンペーパーなど

になります。

1000mlの牛乳パック6枚で、トイレットペーパー1個分に!

リサイクル品目④:古紙

古紙はこのように生まれ変わります!

・ダンボール…ダンボール、紙筒など

・雑誌…ダンボール、絵本など

・新聞紙…新聞紙、情報誌、印刷用紙など

「グリーンマーク」のついた製品は、古紙を利用した製品です。紙製品を買う時に、グリーンマークのものを選ぶのもいいですね。

リサイクルに大事なこと

缶にはアルミ缶とスチール缶があり、紙にもダンボール・新聞紙・牛乳パックなどの種類があります。

その種類を無視して全部一緒にしてしまうと、リサイクルに大きな障害がでることがあります。

紙の場合、粘着物のついた封筒や、防水加工された紙、感熱紙などを古紙と一緒に混ぜると、紙を作る上で重大な障害が起こるそうです。
また、ペットボトルや缶、牛乳パックはきれいに洗うことも大事ですね。

お住まいの自治体などの回収のルールをしっかり守って、ゴミを分別してからこそ、いろいろなものに生まれ変われるのです。

おわりに

リサイクルのほか、ゴミそのものを出さないリデュース(Reduce)、ものを再利用するリユース(Reuse)があります。3つの頭文字をとって『3R』といわれ、さまざまなところでゴミを削減させる取り組みがおこなわれています。

上記でご紹介したリサイクル品はごく一部。
ゴミを分別して捨てるだけでなく、古紙をメモ帳として使ったり、空の瓶を保存容器として使ったり、ペットボトルでお子様と工作したり……、おうちの中でできる小さなことも、立派なリサイクル&リユース!

まずはできることから始めてみませんか?


いろいろなものをリサイクル&リメイク!おすすめの生地はこちらから

【ハロウィンお菓子】牛乳パックをリサイクルしてクッキー型も手作りしよう!
まだ捨てないで!絵本の簡単&かわいいリメイク術