ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 少年コミック > 90年代の週刊少年サンデー作品|懐かしの名作漫画、全部知ってる?

90年代の週刊少年サンデー作品|懐かしの名作漫画、全部知ってる?


小学館が出版する週刊の少年向け漫画雑誌「週刊少年サンデー」。1959年に創刊されて以来、多くの人々の心をワクワクさせてきた人気雑誌です。

『タッチ』や『名探偵コナン』など数々の名作を輩出してきた「週刊少年サンデー」ですが、今回は90年代に連載されていた漫画にスポットを当てました。

こんな漫画あったなぁ、と懐かしい気分に浸りながらぜひご覧ください!

 

サンデーと言ったらやっぱり高橋留美子!

『らんま1/2』
高橋留美子(著)

水をかぶると女になってしまう特異体質になってしまった少年乱馬と、許嫁の天道あかねが織りなすバトル有り、ラブありのコメディ漫画。『うる星やつら』や『犬夜叉』で有名な高橋留美子さんの作品です。
1987年から1996年まで連載されており、アニメ・ドラマ化もされました。

『らんま1/2』の魅力は、個性豊かな登場人物たちとテンポの良いストーリー展開。
ヒロインのあかねが男顔負けの格闘技の達人だったり、乱馬以外にも水をかぶると変身してしまうキャラが多数登場するなど、ハチャメチャな設定なのにサクサクと話が進み、読んでいて飽きません。
また、乱馬とあかねは親同士が勝手に決めた許嫁なのでいつもはケンカばかりですが、いざというときは乱馬があかねを守るなど、ツンデレな二人の関係を見守るのも楽しい作品です。

 

涙なしに読めない名作!

『うしおととら』
藤田和日郎(著)

『うしおととら』は、1990年から1996年に連載されていた漫画です。
寺の息子である主人公のうしおと、うしおに解放された凶悪な妖怪のとらが様々な妖怪たちと戦うストーリーで、2015年にはアニメ化もされました。

躍動感を感じる荒々しいタッチが特徴的な作品で、化け物たちとの戦いのシーンは迫力満点。
とらが解放されたために集まってきた妖怪たちから、友人を守るためうしおは戦います。しかし、妖怪たちにも戦わなければならない事情があり、妖怪を完全な悪として描いていないところは本作の特徴です。

妖怪たちの境遇や、戦いの結末には悲しいものも多く、泣ける作品でもあります。
また、凶悪で人を食べることしか考えていなかったとらが、うしおとの戦いや、うしおの友人との交流を通して少しずつ変わっていくなど、登場人物たちがそれぞれ成長していく姿も魅力的な作品です。

 

青春あり、ギャグありの柔道漫画

『帯をギュッとね!』
河合克敏(著)

柔道に青春を捧げる高校生たちの姿を描いた、『帯をギュッとね!』。
柔道の実力者たちが、柔道部のない高校に偶然入学し、柔道部の創部から全国大会を目指すまでを描いた爽やかなスポーツ漫画です。1989年から1995年まで連載されました。

本作は、作者の河合克敏さんの初連載作品ですが、初連載とは思えないほど技をかけている姿の描写が精密です!
しかも、柔道の技の解説が漫画中にコメントとして挿入されているので、柔道好きな人はもちろん、柔道を知らない人でも楽しく読めます。

主人公だけでなく、その他の登場人物たちも丁寧に描かれており、少年たちの成長物語としても楽しめる作品です。

 

熱き消防士たちを描いた名作

『め組の大吾』
曽田正人(著)

新米消防士が成長していく姿を描いた、『め組の大吾』。1995年から1999年に連載されており、2004年には山田孝之さん主演でドラマ化されました。

主人公の朝比奈大吾は、幼少期に消防士に命を助けられたことをきっかけに消防士になり、使命感に燃える熱血青年。
火事場の馬鹿力という言葉がありますが、大吾は火事現場で危機的状況に陥ると、周囲も信じられないような力を発揮。周囲の消防士たちに「火事場のバカヤロー」と呼ばれながら消防士としての経験を積んでいきます。

危険を顧みず人命救助に向かう大吾の姿は感動的です。
また、大吾の配属先のメダカ浜出張所の消防士たちは、普段はダラダラしているのに、火事が発生すると別人のように救出に向かいます。消防士のかっこよさも感じられる作品ですよ。

 

奇想天外、大爆笑!

『神聖モテモテ王国』
ながいけん(著)

『神聖モテモテ王国』は、1990年代に連載されていました。謎の宇宙人ファーザーと中学生の息子オンナスキーが登場する、一話完結型のギャグ漫画です。

女にモテたくて仕方ないファーザーとオンナスキーが、ナオン(女)と自分達しかいない夢の王国「モテモテ王国」を作るためにナンパを繰り返し、なぜか毎回警察かヤクザに捕まる奇想天外な設定の漫画です。
ファーザーは「宇宙人」なのですが、それだけでなく、何度死んでも生き返るという不死身なのです。他にも、いつもパンツ一枚で過ごしていたりと、ツッコミどころ満載の作品となっています。

さらに、ガンダムなどのパロディネタが随所に登場。笑いのツボはややマニアックですが、ガンダムパロディが好きな人やシュールなギャグが好きな人など、ツボにはまれば涙がでるほど笑える作品です。

 

90年代の少年サンデー漫画を読んでみよう!

王道の少年漫画から、シュールなギャグ漫画まで様々な作品が連載されていた90年代の「週刊少年サンデー」。今読んでもワクワクしたり笑える作品ばかりです!

まだ読んだことがない人はもちろん、かつて読んだことがある人もぜひ新たな気持ちで読んでみてはいかがでしょうか。

 


今回ご紹介した週刊少年サンデー(小学館)の作品

らんま1/2』高橋留美子(著)
うしおととら』藤田和日郎(著)
帯をギュッとね!』河合克敏(著)
め組の大吾』曽田正人(著)
神聖モテモテ王国』ながいけん(著)


きっともう一度読みたくなる漫画があるはず!