ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > エンタメ > エンタメ > 大人も泣ける! 劇場版ポケットモンスターの感動映画ベスト5

大人も泣ける! 劇場版ポケットモンスターの感動映画ベスト5


公開日:2019/5/29

劇場版ポケットモンスターの感動映画ベスト5

世界中で人気を博している日本を代表するアニメーション作品、ポケモンこと「ポケットモンスター」。

1997年からテレビアニメの放送が始まり、劇場版ポケットモンスターも1998年から毎年公開されており、夏休みの風物詩にもなっています。

ポケモンといえば子供向けと思われがちですが、深く考えさせられる内容で、大人が見ても泣いてしまう映画が多いと評判です。

ここでは、1998年から2018年までに公開された21作品のなかから、全作品を観てきた筆者が独断で「泣ける感動作品ベスト5」を選んでみました!

 

第5位
20作目「キミにきめた!」

「キミにきめた!」ジャケット

キミにきめた!
(株)ソニー・ミュージックマーケティング

第5位に選んだのは、2017年に公開された劇場版ポケットモンスター「キミにきめた!」。シリーズ20作目にあたります。
★ゲスト声優……本郷奏多さん、佐藤栞里さん、古田新太さん、中川翔子さん

 

ポケモン映画は毎年、テレビアニメと連動した内容になっていることがほとんどです。
そのため2017年の劇場版が、原点回帰となるサトシとピカチュウの出会いのお話だと発表されたときは驚きました……!

とはいえ、今の子供たちはサトシとピカチュウの出会いは知らないという子も多いかもしれません。20作目の特別記念作品としてはとても良い選択だったのではないでしょうか。

 

この映画の見所は、なんといっても「ツンデレ」なピカチュウです!

最初はサトシに全く懐かなかったピカチュウが、徐々に心を通い合わせていく様子には目頭が熱くなります。

サトシとピカチュウの出会いのお話はテレビアニメのリメイクですが、その後のストーリーは完全オリジナル。初期の頃からポケモンを見ていた人でも楽しめる映画です。

 

第4位
13作目「幻影の覇者 ゾロアーク」

「幻影の覇者 ゾロアーク」ジャケット

幻影の覇者 ゾロアーク
(株)KADOKAWA メディアファクトリー

第4位は、2010年に公開された第13作目「幻影の覇者 ゾロアーク」。メインテーマは「化かし合い」で、真実と嘘が入り乱れた謎解き要素の強い作品となっています。
★ゲスト声優……陣内孝則さん、塚本高史さん、加藤夏希さん、中川翔子さん

 

この映画の感動ポイントは、ゾロアークとゾロアの親子愛です。

ゾロアークは、ゾロアがつかまっていると騙され、助けるために悪用されてしまいます。必死に戦うゾロアークの姿や、ゾロアとゾロアークの絆を感じることができる場面は涙なくして見ることはできません。

私自身も子を持つ母なので、特にこの作品には感情移入しました。

 

第3位
5作目「水の都の護神 ラティアスとラティオス」

「水の都の護神 ラティアスとラティオス」ジャケット

水の都の護神 ラティアスとラティオス
(株)KADOKAWA メディアファクトリー

第3位に選んだのは、2002年に公開された第5作目の「水の都の護神 ラティアスとラティオス」。この作品が、初期「ポケットモンスター」(通称:無印)シリーズ最後の劇場版となります。
★ゲスト声優……神田うのさん、釈由美子さん、グッチ裕三さん

 

舞台は「水の都 アルトマーレ」。モデルとなっているのはイタリアのヴェネツィアです。実在の街がモデルとなった初めての作品です。背景もとても美しいですよ。

この作品には派手なバトルシーンがあまりなく、特に前半はのんびりとした雰囲気で進みます。
ポケモンバトルを楽しみにしている人には少し物足りなく感じるかもしれません。しかし感動という観点から見ると、間違いなく上位に食い込む作品だと思います。

ラティオスとラティアスの兄妹愛も魅力的ですし、初めてポケモンの「死」をはっきりと描いた衝撃的な内容も見所です。

 

第2位
8作目「ミュウと波導の勇者 ルカリオ」

「ミュウと波導の勇者 ルカリオ」ジャケット

ミュウと波導の勇者 ルカリオ
(株)KADOKAWA メディアファクトリー

第2位は2005年に公開された第8作目の「ミュウと波導の勇者 ルカリオ」。
★ゲスト声優……岡江久美子さん、菊池桃子さん、ベッキーさん、キングコングの西野亮廣さんと梶原雄太さん

 

この映画では、波導の勇者としてたたえられていた人間アーロンと、アーロンの従者だったルカリオの師弟、友人としての絆が描かれました。
その深い絆に何度泣かされたことか……。

ルカリオはアーロンに裏切られたと思っているので、人間とポケモンの絆を信じていません。
しかし、サトシと行動を共にしていくなかで、サトシとピカチュウの互いへの信頼と愛情を目の当たりにして、徐々に考え方が変わっていくようになります。

そんななか、最後に明かされる真実には号泣間違いなし!
エンディングまでしっかりと見てください。エンディングで再び涙させられますよ。

 

第1位
1作目「ミュウツーの逆襲」

「ミュウツーの逆襲」ジャケット

ミュウツーの逆襲
(株)KADOKAWA メディアファクトリー

劇場版ポケットモンスターの感動作品第1位に選んだのは、1998年に公開された第1作目の「ミュウツーの逆襲」です。
★ゲスト声優……市村正親さん、小林幸子さん、佐藤藍子さん、レイモンド・ジョンソンさん

 

当時まだ幼かった息子に付き合って見に行った「ミュウツーの逆襲」。子供向けのアニメ映画とあなどっていた私が、衝撃を受けた作品でした。

この映画のテーマは、「自分とは何か?」「命の大切さ」という重いもの。内容的にも、子供よりもむしろ大人の方が楽しめる作品なのではないかと思うほど、完成度の高い作品です。

人間のエゴで造られ、心がない戦闘マシーンのように扱われたミュウツーは、人間に逆襲するためにポケモンのコピーを作り出します。
コピーたちとオリジナルのポケモンが、自分の存在意義をかけて涙を流しながら戦うシーンは、涙なしには見ることができません。

ポケモンは道具ではなく、心を持つ、人間と対等な存在であること。
すべてのポケモン映画に共通するテーマが顕著に描かれた、絶対に見ておきたい原点となる作品です。

 

あなたのベスト5はどの作品?

息子と一緒に見始めた劇場版ポケットモンスター。深く考えさせられ、心に響く作品が多いポケモン映画は、大人でも間違いなく楽しむことができる作品ばかりです。

まずはご紹介した5作品から見てみませんか?

【おすすめ記事】「ポケットモンスター」の主人公サトシはいろんな意味ですごかった!