ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > エンタメ > エンタメ > ハリー・ポッターの覚えておきたい有名魔法の呪文

ハリー・ポッターの覚えておきたい有名魔法の呪文


harrypotter-jumon (1)

ハリー・ポッターに欠かせない魔法には叫びたくなる呪文がたくさんあります。シリーズでよく使われる有名な呪文や、使うのが怖い“許されざる呪文”、面白い呪文など、さまざまな魔法の呪文を3つのテーマにわけてご紹介。これを覚えれば、あなたも魔法族の仲間入り!

有名な魔法の呪文

ハリー・ポッターシリーズでよく使われる有名な呪文。

■エクスペクト・パトローナム(Expecto patronum)=守護霊よ来たれ ・・・守護霊をつくり出す

■エクスペリアームス(Expelliarmus)=武器よ去れ ・・・相手の持つ武器を吹き飛ばす

■アクシオ(Accio)=来い ・・・離れたものを呼び寄せる

■ステューピファイ(Stupefy)=麻痺せよ ・・・相手を失神させる

■エピスキー(Episkey)=癒えよ ・・・応急処置を施す

■ルーモス(Lumos)=光よ ・・・灯りをともす

「ルーモス(Lumos)=光よ」より強い光がほしい場合は「ルーモス・マキシマ」と唱えます。この魔法は『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』でハリーが使用していますが、原作は魔法ではなく懐中電灯。ちなみに、ルーモスの反対の意味の呪文は「ノックス(Nox)=闇よ」です。サラっと唱えられたら格好良いですね。

便利そうな魔法の呪文

こんな魔法が使えたら便利そう……な呪文。

■レパロ(Reparo)=直れ ・・・壊れた物を直す

■アロホモーラ(Alohomora)=開け ・・・鍵のかかった扉をあける

■アクシオ(Accio)=来い ・・・離れた物を呼び寄せる

■インパービアス(Impervius)=防水せよ ・・・水をはじく

■ポイント・ミー(Point me)=方角示せ ・・・目的地を示す

■ロコモーター・○○(Locomotor)=○○よ、動け ・・・運びたいものを運ぶ呪文

どれも日常で使えたら便利そうな呪文ばかりですね。「インパービアス(Impervius)=防水せよ」は、雨の日でも傘いらず!しかも、『ハリー・ポッターと死の秘宝』ではハーマイオニーが「防水・防火せよ」と唱えており、防火効果も期待できる優れ魔法!

魔法対決の呪文

決闘や襲撃など戦闘シーンで使われる呪文。

■インペディメンタ(Impedimenta)=妨害せよ ・・・相手を妨害し行動を妨げる

■エクスペリアームス(Expelliarmus)=武器よ去れ ・・・相手の持つ武器を吹き飛ばす

■プロテゴ(Protego)=護れ ・・・魔法から身を護る

 

[許されざる呪文]

■インペリオ(Imperio)=服従せよ ・・・相手を思いのまま操れる「服従の呪文」

■クルーシオ(Crucio)=苦しめ ・・・相手に極限の苦痛を与える「磔の呪文」

■アバダ・ケダブラ(Avada Kedavra)=一撃で相手の命を奪う「死の呪い」

「プロテゴ(Protego)=護れ」には魔法の威力が違った、「プロテゴ・トタラム(Protego Totalum)=万全の守り」と「プロテゴ・ホリビリス(Protego Horribilis)=恐ろしきものから守れ」もあります。

下3つの「許されざる呪文」は、使用した者は終身刑になるのでご使用の際は十分注意してくださいね。

面白い魔法の呪文

イタズラや宴会で使えそうな呪文。

■デンソージオ(Densaugeo)=歯呪い ・・・前歯がリスのように伸びる

■ファーナンキュラス(Furnuculus)=鼻呪い ・・・鼻に醜いデキモノができる

■サーペンソーティア(Serpensortia)=ヘビよ出よ ・・・ヘビを出現させる

■エイビス(Avis)=鳥よ ・・・鳥を出現させる

■レビコーパス(Levicorpus)=身体浮上 ・・・宙づり、逆さづりにする

「エイビス(Avis)=鳥よ」は、本当に種も仕掛けもないマジックができますね。

こんな魔法が使えたら、あなたはどんな風に使いますか?

おわりに

呪文の一部をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。この他にも魔法の呪文はまだまだたくさんあります。呪文の完全網羅はなかなか難しいですが、どんな呪文をどこで使っているのかをチェックしながら映画や小説を再度見直すのもたのしいですよ。

⇒「ハリポタ」に関する記事をもっとみる