ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本を楽しむ > 本の扱い方 > 破れた本の修理は自分でできる! 簡単でダメージの少ない修理方法とは?

破れた本の修理は自分でできる! 簡単でダメージの少ない修理方法とは?


破れた本の修理法

本を読んでいたら破れちゃった!

子供はもちろんのこと、大人でも決して珍しいことではないですよね。
しかも、その本がずっととっておきたい本だったらショックもひとしお。そんな時、あなたはどうしますか?

今回は図書館などでも行っている、きれいに本を修理する方法をご紹介します。

 

※自分の所有する本が破れた場合にのみお試しください。
※図書館で借りた本などは勝手に修理せず、図書館員さんに事情を話すようお願いします。

 

実はNG!セロハンテープでの本の修理

セロハンテープはNG

本を修理する時に絶対に使ってはいけないものが“セロハンテープ”。

透明だし、修理にはピッタリなんじゃないの? と思う方も多いかと思いますが、実はセロハンテープは紙を短時間で劣化させてしまい、直す前よりも悪い状態にしてしまいます。
しかも、茶色く変色したテープの痕は消すことができず、本を汚してしまうため修理には向かないのです。

 

図書館の本のようにキレイに修理をする方法

ではどんなものを使って修理するといいのでしょうか?

図書館など本を保存する場所では、劣化しにくい補修専用のテープなどを使っているようです。初心者でもできる簡単な方法なので、覚えておくと便利ですよ。

 

◆ちょっと破れてしまった時に

ちょっと破れてしまった本

1.まず破れた部分に合わせてテープを切ります。
はさみよりもカッターのほうが刃の部分がベタつかないのでおすすめです。

2.切ったテープを破れた部分(両面)に貼っていきます。
コツはテープの裏紙を少しずつはがしながら貼ること。一気にはがしてしまうと、しわになってしまったり、空気が入ってしまうので注意してください。定規で押さえながら貼るのも良いでしょう。

3.両面に貼ったら、余分なテープを切って完成です。

 

補修テープは大きな文具店やネット通販などで誰でも購入できます。(ネット通販なら「補修テープ 絵本」と検索するとでてきますよ)
様々なメーカーがありますが、絵本や楽譜など書籍に使えるものであればどのメーカーでも問題ありません。

また、「あまりお金をかけたくないなぁ」という人は、同じく書類の修繕に使われるメンディングテープも補修に使えます。
補修テープと比べると長期保存には向きませんが、劣化しにくく、貼ったあともキレイ。価格もお手軽なのでおすすめです。

 

◆のりしろがあるものにはボンドを!

のりしろのある破れた本

1.破れたページの下にクッキングシートを敷き、のりしろの部分に水で薄めたボンドを塗っていきます。のりしろが狭い場合は、つまようじなどの先がとがったものを使うと塗りやすいです。

2.のりしろの部分が見えないように破れた部分を重ねます。

3.上にクッキングシートを載せ、重ねたページがずれないように気を付けながら、本を閉じます。そのまま半日~1日ほど置いておけば完成です。

 

破れた部分にのりしろとなる部分があるなら、木工用ボンドを使った補修も可能。特に大きな破れの場合は、テープよりもずれにくいこちらの方法のほうがやりやすいでしょう。
ボンド+補修テープをすれば、しっかり補修できますよ。

 

破れた本は自分で直そう!

今回は基本的な破れの修理方法についてご紹介しました。
破れた本でも、きちんと修理をすれば長く使うことができるので、ぜひこちらの方法を試してみてください。

【関連記事】実践編 破れたページを補修テープで修理しよう!

 

ライター

イワモト
イワモト
ゲームを見るのもするのも好き!でもマリオの1-1すらクリアできないどヘタな20代。現在フリーホラーゲームにはまり中。たまに着物を着てます。