ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本を楽しむ > 本の扱い方 > 本の汚れを落とす魔法液のレシピとは?

本の汚れを落とす魔法液のレシピとは?


magic-water

洋服は洗濯やクリーニングができますが、本の汚れはどうしていますか?そのままにしていませんか?

中古で買ってきた本や、ずっと前に買った本は、表紙が汚れていることが多いですよね。

その汚なくなった本の表紙を簡単にピカピカにする“魔法の液体”がありました。その秘伝のレシピ、この記事をご覧になってくださった方に特別にご案内いたします。

 

本の汚れがきれい落ちる!魔法液のレシピ

magic-water-bottle

汚れてしまった表紙をピカピカによみがえらせる“魔法液”。汚れを落とすのも簡単ですが、作るのも簡単です。

用意するものはこちら↓

・弱アルカリ性洗剤

・水

これを1:5(洗剤:水)で薄めたものを、100円ショップなどで売られているスプレーボトルなどに入れるだけです。

弱アルカリ性洗剤は、窓ガラスやフローリングなどの掃除で大活躍する住宅用の洗剤です。

特別珍しいものではないので、お家にある洗剤の裏面を見てみると、「弱アルカリ性洗剤」と書かれたものがあるかもしれません。

この弱アルカリ性洗剤は、自分で薄めるタイプではなく、もともと薄まっている2度拭き不要タイプをご使用ください。

できあがった魔法液を、乾いた布にシュッと吹きかけて表紙をコシコシ。すると、汚れていた本の表紙がピカピカに。布はマイクロファイバーがおすすめですが、使い古したTシャツを使うのもエコで良いと思います!

また、表紙の材質によって濡らさない方が良いものがあるのでご注意を。一般的なコミックなどのツルツルした材質ならバッチリです♪

 

液体だけじゃない!“魔法の個体”も!?

表紙が紙の場合や、ちょっとした汚れを落としたい。そんな時に意外と使えるのが、「消しゴム」です。

ただし、光沢のあるものや特殊な塗料などで加工されたものをこすったり、強くこすったりすると、印刷が剥げたり消しゴムの跡が残る場合があるので注意が必要です。

さらに、お掃除で大活躍する「メラミンスポンジ」も、本の表紙の汚れ落としに力を発揮。メラミンスポンジを少量の水で濡らし、表紙の汚れをこすると綺麗に!こちらも、水を使うので材質によっては向かないものもあります。

筆者は消しゴムとメラミンスポンジの愛用者。消しゴムはリモコンや電気のスイッチ周りなどのプラスチックの掃除にも使えるとっても便利なお掃除グッズなんですよ。

消しゴムとメラミンスポンジ、そして魔法液を上手に使い分けて、本をピカピカにしてみましょう!

 

本の○○の落とし方!いろいろなクリーニング方法

気になる臭いを撃退するにはこの方法がおすすめ!


まさか…!取れちゃう!?革命ともいえる本の染み抜き法


長年保管していると避けては通れない“本のヤケ”の原因と対策、そしてキレイにする方法をご紹介


ベタベタが残ってしまうと、がっかりですよね。中古本の値札シールがスルンと取れる!

⇒「本の扱い方」についての記事をもっと見る

本は1度汚くなってしまったら、もうもとに戻らない。そんな風に思っていた方は、是非この機会に上記の方法で本をピカピカにしてみてください♪