ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本を楽しむ > 読書グッズ > まっすぐ縫えばできる!簡単な布製ブックカバーの作り方

まっすぐ縫えばできる!簡単な布製ブックカバーの作り方


nuno-bookcover

本を大事に保つために「ブックカバー」は必須アイテムですが、みなさんはどんなブックカバーを使っていますか?

市販されているものだと意外とお値段も高いので、たくさん揃えるのはなかなかコストがかかります。ならば作ってみよう!と思って、紙袋をリメイクしたり、手ぬぐいを折ってブックカバーにしてみたりと、いろいろチャレンジしてみましたが、やはり「布製」のブックカバーも気になります。

でも作るのは難しそうと思ってなかなか作れずにいたのですが、どうしてもブックカバーにしたい布があったので今回初チャレンジ!

作ってみると思っていたよりもものすごく簡単だったので、今回、文庫本版のブックカバーの作り方をご紹介していきます。

ちなみに、私は面倒くさがり屋、説明書を読むのが苦手です。
そんな私でも簡単にできたので、ぜひ挑戦してみてください。

 

用意するもの

◆材料◆
表布…20cm×40cm
裏布…20cm×35cm
テープ…1cm幅程度×25cm

テープは、カバーを押さえるためのバンドで、この部分に使います。
nuno-bookcover-1

↓↓布の裁断は、このようにします。(※こちらは文庫本のサイズです)

nuno-bookcover-saidanzu※単位:cm 

これには縫い代が入っていないので、まわりに1cmの縫い代をつけて裁断してください。わたくしズボラなので……1cmの縫い代を目分量でやってしまいました。布に柄があると真っすぐ切りやすいので、大体合ってたかな(^^;)

 

ブックカバーの作り方

1、表布・裏布それぞれ、返し口部分を縫います。

布を裏側にします。返し口部分を、縫い代の1cmで折り、5mmくらいのところを縫っていきます。折った時にアイロンをかけると縫いやすいですよ。

nuno-bookcover-2

nuno-bookcover-3

 

 

2、表布・裏布を重ねて、縫い合わせます。

nuno-bookcover-4

表布と裏布を、中表にして重ねます。この時、表布(写真だと濃い色の布)を「折り返し線」で折ります。カバー押さえ用のテープも、この時一緒に挟み込みます。

折り返し線で折る部分を拡大するとこんな感じです。

nuno-bookcover-5

縫うのは返し口以外の3辺。まち針で留めておくとずれずに縫うことができます。

nuno-bookcover-6

 

 

3、表に返して出来上がり!

あとは返し口から表に返すだけで出来上がりです。

nuno-bookcover-7

これに本を装着すると、

nuno-bookcover-8

思ったよりも簡単に作ることができました!!

 

まとめ

作り方を調べていた時に、【工程2】が理解できなかったのですが、実際に作ってみたら意外と単純でした。ひっくり返したらもう出来上がりだったとは……!

文庫本くらいの大きさであれば、布を買ってもそこまで高くないですし、家にある余った布でも作ることができます。お裁縫が得意な方は、【工程2】の時にしおり用のテープを挟んでも縫ってみてもいいですね。

1つ作るときっとハマります。ぜひ試してみてください。

 

ブックカバー関連の記事

簡単に手作りできるブックカバーの作り方をまとめました。お好みのブックカバーをぜひ手作りしてみてください♪