ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本を楽しむ > 本の豆知識・雑学 > 本のサイズまとめ 【判型一覧あり】

本のサイズまとめ 【判型一覧あり】


どのご家庭にも一冊はあるであろう「本」。そんな身近な本ですが、そのサイズは意外と知らないもの。

ここでは、本(書籍)として流通している主な判型を一覧にまとめました。サイズがわからなくてお困りの際にご活用ください。

 

さまざまある本のサイズ

本のサイズにはそれぞれ名前が付けられていて、それらをまとめて一般的に「判型(はんがた)」と呼びます。判型は、本の縦と横の長さで決められています(本の厚みは対象に入りません)。

 

本の主な判型一覧

主な本の種類   サイズ(mm×mm) 判型(呼び方) 
 文庫 105×148 A6判
 新書本・漫画の単行本など 103×182
105×173
新書判
(B40版)
 単行本・青年漫画、コンビニコミックなど 128×182 B6判
 少年漫画、少女漫画などのコミック本 112×174 小B6判
 文芸書等の単行本など 127×188 四六判
 学術書等の単行本など 152×218
152×227
菊判
 週刊誌・一般雑誌など 182×257 B5判
 大きい雑誌など 210×257 AB判
 文芸雑誌・教科書・ワイド版コミックなど 148×210 A5判
 画集、グラフ雑誌など 257×364 B4判
 絵本など 182×206 重箱版
 写真集・美術集など 210×297 A4判
 洋書など 110×178
~152×229
ペーパーバック

※ものによっては同じ種類の本でもサイズに若干誤差があります。

文庫本「A6判」、単行本やよく青年漫画にあるサイズは「B6判」なんですね!

本の中で絵本は特にさまざまなサイズがありますが、一例としてよく「重箱版」が挙げられています。絵本の代表『いないいないばあ』なんかもほぼこのサイズです。

 

ちょっと便利な「本のサイズ」の豆知識

頑張って覚えるのもいいですが、日々仕事で本の判型について扱っている方でもないと、すべてのサイズを覚えるのはなかなか大変ですよね。じつは「A判」と「B判」は、それぞれ『1:√2』の関係で構成されています。

わかりやすく例にすると……、
A4(210×297)」を半分に折ると「A5(148×210)」に、「A5(148×210)」を半分に折ると「A6(105×148)」と、一定の比率でできています。

20161118-book-size-2

同じように、「B4(257×364)」を半分に折ると「B5(182×257)」、「B5(182×257)」を半分に折ると「B6(128×182)」になります。

この条件で、逆に大きいサイズももちろん出せます。
A4(210×297)」の横にA4をもうひとつ並べると「A3(297×420)」。

なるほどですよね!ちなみに、B5の縦とA5の対角線の長さは同じだそうですよ。

 

本のサイズがわからなくて困るときは…

20161118-book-size-3

人によって本のサイズを知りたいシーンはさまざまあります。
個人的には「ブックカバーを買いたい&作りたい」、「無駄なくぴったり収納できる本棚がほしい」「文庫本が入る小さなバッグがほしい」などで、サイズを知りたい機会がありました。

普段必要ないときには全く必要ないのですが、知りたいときにはわからないのって不便ですよね……。

「A4」と「B4」だけでも覚えておくと、折ったり並べたりするだけで他のサイズもわかるので便利ですよ♪

でも時間が経つと、つい忘れてしまったりするので、いざというときのためにもぜひブックマークしておいてください。

⇒「 本の豆知識・雑学」に関する記事をもっと見る

【おすすめ記事】

■本の部位の名称とは?【知っておきたい本の雑学】

本の部位と名称、あなたはどこまで知っていますか?

「本を開くとある白紙の部分の名前は?」「表紙の本当の名称は?」など、知っているとちょっと得した気分になる本の雑学を、クイズ形式で紹介。あなたは10問中何問答えられますか?

正解がわかると思わず「へ~っ」とうなってしまうほど、読みながら楽しく本の雑学を学べる記事、おすすめです。


■本の裏表紙にある「ISBN」コードの意味

本の裏表紙にある13ケタの数字、これって何か知っていますか?

実は「ISBN」コードと言います。その数字には意味があり、その書籍のプロフィールなどがわかるようになっています。どの国のものなのか、どの出版社なのか、どういったタイトルなのかなどなど。

また、同時に表記されている4ケタで構成されている「Cコード」にも注目。その本の販売対象や書籍内容まで数字でわかってしまうからおもしろいです。

そんな書籍コードの秘密がわかります。


■文庫本の背表紙にある「番号」を活用しよう

文庫本の背表紙(タイトルや著名などが記してある部分)にある、「ひらがな―数字―数字」で構成されている番号、一体何に使われている番号なのか、何を示す番号なのか、ご存じですか?

実は、その出版社の整理番号なのです。好きな作家さんの本を出版順から読みたいな、と思ったときに番号が大活躍!その謎に迫ります。

また、有名になってから知った作家さんの「処女作」を探すのにも有効的。これを読めば、コードのいろいろな活用法がわかります。