ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 生活・暮らし > 整理術 > 自宅のデスク周りを整頓するための整理術とコツ

自宅のデスク周りを整頓するための整理術とコツ


こんにちは。読んだ本は次々と机に積み上げ、気が付けばタワーができあがっている、りぃあんです。

同じように机の上が物であふれている! という方も多いのではないでしょうか?

こうなると、いざ机で何か作業をしようというときに、山積みになっていた本や物、あちこちに散乱した筆記用具を片付けることから始めなくてはいけません。

こんな思いはもうたくさん! 今回はそうならないための、日頃から行いたい整理術をご紹介します。

 

デスク周りはなぜ散らかるのか?

そもそも、なぜデスク周りは気づくと散らかってしまうのでしょうか?

「その都度片付けないから」と言ってしまえばそれまでですが、片付けるへのやる気が起きないことにも理由があるとしたら……気になりますよね。

 

実は散らかしやすい人には、整然としたデスクを好まないという深層心理が働いています。

理由はさまざまですが、散らかった状態こそが普通であり、変革を望まない保守的な価値観を抱いているケースが多いのです。

しかし「深層心理」というだけあって、その理由が自分の心理に表立って出てくることはありません。散らかさないためには、「整頓」という変革に、自分を慣らすことから始めるべきなのかもしれませんね。

 

整頓できない人の共通点

今はデスク周りが整頓されている人でも、自分への愛が深い人は要注意です。この場合の自分への愛とは、ナルシストということではなく、他人への関心が低いことを示します。

デスク周りを汚いままにしている人は、周囲にどう思われてもお構いなしというケースも多いようです。
他人とのコミュニケーションが上手くいっていない人は、将来デスク周りも乱してしまう可能性が高いそうですよ。

既に乱雑になっている人は、少しは周囲の目を気にして整理整頓を始めてみましょう!

 

机の上でなく壁に置いて整頓

まず始めは、デスク以外の場所を使った整理術から。

デスク周りが散らかるのは、机の上にものを置くからです。つまり机以外の場所にものを置けば、机自体は問題なく使えます。

そこで活用したいのが園芸などで使われているオーガナイザー。小さなケースやポーチの形をしていて、作業道具を入れておくケースです。身につけておけるので、逐一道具を取りに行く必要がありません。

これらをデスクに接した壁に取り付けておき、デスク周りで使うアイテムを収納しましょう。片付ける場所がデスクの近くであれば、移動が面倒な人にも楽ちんですね。

もし壁に直接取り付けることが難しい場合は、針金でできたネットやコルクボードなどを介して行いましょう。ホームセンターや100円ショップなどで手に入ります。

 

引出しの中は細かく分割して整頓

続いては引出しの中。机の上はスッキリしていても、いざ引出しを開けてみたらゴチャゴチャになっている人も多いでしょう。

引出しの中は、小さなケースやお皿で区切るのがおすすめです。

こちらも100円ショップなどで売っている収納ケースを使っても良いですし、お菓子の空き箱などをリサイクルしても可愛いですよ。クリップなどの小さなものであれば、卵の入っていたパックを使うこともできます。

見た目のデザインが気になる場合は、ラッピング用のシールなどでデコレーションしましょう。ケースのデザインが良ければ、自然と使いたくなるはずです。

 

パソコンはケーブルの整理を

デスク上でパソコンを使うという人は、ケーブルの存在に悩んでいませんか?

さまざまな種類があるケーブルですが、どれも似たような外見をしているので、ゴチャゴチャしているとどれがどれだか解らなくなってしまうこともありますよね……。

そんな時は、クリップでの整頓で判別しましょう。ここでは、事務用の大きなクリップを使うのがコツです。

クリップは書類を挟む部分でなく、持ち手の部分にケーブルを通し、挟む部分はデスクにくっ付けるために用います。

クリップの種類で見分けるのも良いですし、挟む部分にケーブルの名前を書いたりラッピングしたりしても見栄え良くなりますよ。

 

読書するなら専用コーナーを

読書のためにデスクを使うという人は、ミニ本棚を作ってしまいましょう。

デスクに本を置くスペースがあれば、片付けはもちろん、読むことも手軽に行えます。常に活字に触れたいという人にもおすすめです。

ただしデスクの本棚には限界がありますから、本当に好きな本や頻繁に読む本を選別する必要があります。本当に特定の本が読みたくなったら、その時初めて本棚に取りに行けば良いのです。
その際はデスクから一冊取り出して、読みたい本と交換する癖をつけると、より散らかりにくくなります。

 

足元の整理には棚を用意

最後は足元です。

デスクって、座っても足回りに余裕がありませんか? その空間も収納に活用します。

専用のラックも販売されていますが、ワイヤーラックなどでも十分。そのまま乗せても良いですし、ラック内に収まるサイズのケースと併せて引出しを作ることもできます。

ここは椅子を引いて屈んで取る必要がありますから、普段使わないもの……たとえばパソコンの説明書や過去の家計簿といった記録などを置くのに向いています。

あるいはひざ掛けやレッグウォームなど、防寒アイテムの収納にもおすすめ。邪魔にならない場所なので、夏も置きっぱなしにできますよ。

 

デスクをすっきり整頓する習慣を

以上がデスク周りを整理するコツです!

簡単に試せるものばかりですので、ぜひ一度やってみてくださいね。

 

オフィスのデスクも整理しちゃいましょう!