ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 生活・暮らし > 整理術 > たくさん持っているのに「洋服を捨てられない」のはなぜ?

たくさん持っているのに「洋服を捨てられない」のはなぜ?


suterarenai-youfuku片付けられない、捨てられないものの代表として「洋服」が挙げられます。特別ファッションに興味がなくても、なぜか洋服がどんどん増えていく…というケースは多いようです。

クローゼットにぎっしりと詰められた洋服の中には、きっと何年も出番を待ちわびているものがあるはずです。それなのに着ない洋服を捨てられなかったり、「着る服がない!」という気持ちになるのはどうしてなのか、そのメカニズムに迫ります。

これを読んで、「よし、洋服を整理しよう!」という気分になっていただけたら幸いです。

 

洋服を捨てられない心理

洋服を捨てられない理由として、こんなことを考えていませんか?

1、高かったから
2、いつか着るかもしれないから
3、まだボロボロになっていないから
4、人からもらった服だから

このように「もったいない」や「申し訳ない」という同情や罪悪感が、服を捨てるという動きを阻止してしまいます。

「1年着ていないなら捨てる」「似合わないから捨てる」というのは、頭ではわかっていても理屈であって、「もったいない」という心の奥底の感情からはなかなか抜け出せないことが多いです。

 

捨てられない洋服=コンプレックス?

では、上の4つを解析していきましょう。

1、高かったから
高い服を捨てられないのは、自分はもう二度とそんな高価なものを買うことができないのではないかという恐れがどこかにあるからかもしれません。高い服を買えた独身時代。その時の輝いていた自分を忘れられず、捨てられないのではないでしょうか。

2、いつか着るかもしれないから
これは、かなりの人が抱えている感情。“日本人は保険好き”ともいわれているように、服を捨ててしまっていつか後悔するリスクを背負うのが苦手なのかな、と筆者は思います。

3、まだボロボロになっていないから
これは厄介ですよね。破れたり汚れたりしていないけれど人前で着るのはチョット…。という服って意外と多いものです。「捨てる理由がない」服は捨てようと思っても、持ち主の優しさが邪魔をします。

4、人からもらった服だから
誰でも少しは“他人の目”を気にしています。他人の目を気にしやすい人ほど、人からもらったものを「申し訳ない」と思って捨てられない傾向にあります。

 

今の自分自身に自信があれば、過去の栄光や人の目などは気にしなくて済むし、洋服で着飾らなくても輝いていられるのかもしれませんね。

 

番外編:“着る服がない症候群”

suterarenai-youfuku_1

「捨てられない」以前に、「着る服がない!」という現象に陥ったことはありませんか?たくさん服を持っているはずなのに「着る服がない」と思ったり洋服をたくさん買ってしまう人って多いようです。しかも“着る服がない症候群”という呼び名までつけられているとか。

・たくさん服がありすぎて把握できていない
・同じような柄の服を毎回買ってしまうため、コーディネートがワンパターンになりがち
・自分の定番スタイルがない

“着る服がない症候群”の人は身に覚えがあることだと思います。これの解決策の一つとして「洋服(と頭)を整理する」が挙げられます。なのでまずは洋服を断捨離することは有効かもしれませんね!

 

服を捨てられるようになるためには?

最後に、捨てられない心理を参考に洋服を捨てるようになるために覚えておきたいことをまとめてみました。

・「昔買った高い服」以上に、素敵に年齢を重ねている自分に自信を持つ
・「いつか着る」と思っても、いざ着る時には時代遅れの可能性大
・「人からもらった服」は、感情だけしっかり受け取る
・「もったいない」のなら着てくれる人に譲る、リサイクルに出す

もったいなくて捨てられない洋服は、誰にも着てもらえずに眠っている方がもったいないのです。一気にたくさん捨てる必要はありません。悩みに悩んで「2~3年後に捨てる」でも大丈夫です。

もしこの記事を読んで服の断捨離をしたくなったら、今よりも少~し、クローゼットの中をスッキリさせてはいかがでしょうか。

 

【おすすめ記事】
もうやってる?着ない服を掃除に活用する方法


★ブックオフでは、服・古着の買取を行っております★
いらないけれど捨ててしまうのがもったいない服は、ぜひお売りください。洋服が売れるお近くのお店はこちらから探せます↓↓↓

※オンラインではありません