ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 生活・暮らし > リサイクル > リユースとは?リデュース・リユース・リサイクル【3R】の違いと意味をわかりやすく解説

リユースとは?リデュース・リユース・リサイクル【3R】の違いと意味をわかりやすく解説


reduce-reuse-recycle

リデュース・リユース・リサイクルという言葉、目に・耳にしたことはありますか?

このリデュース(Reduce)リユース(Reuse)リサイクル(Recycle)は、地球の資源をムダにしないで繰り返し使う社会(=循環型社会)をつくるための3つの取り組みで、それぞれの頭文字をとって「3R」といわれています。

 

わたしたちのくらしの中で、「リサイクルショップ」「空き缶のリサイクル」などと、“リサイクル”という言葉は昔から親しまれてきました。

ですが、読み終わった本を売ることができるブックオフやブックオフオンラインは、ほんとうは「リサイクルショップ」ではなく「リユースショップ」なんです。知っていましたか?

 

今回、「3R」リデュース・リユース・リサイクルの意味をわかりやすく解説していこうと思います!

 

リデュース・リユース・リサイクル。それぞれどういう意味?

リデュース・リユース・リサイクルそれぞれの意味は次のとおりです。

◆リデュース(Reduce)…無駄なものは買わない、ゴミを出さない、買ったものは長く使う。
◆リユース(Reuse)…ゴミとして捨てるのではなく、再利用する。
◆リサイクル(Recycle)…不要なものを、もう一度資源に戻して、新しいものを作る原料にすること。

3R活動は、この3つの“R”の取り組みによってゴミを減らしていこう!ということです。

 

reduce-reuse-recycle_1

 

意味はわかったけど…具体的にどういうことをすればいいの?

■リデュース(Reduce)

シャンプーや洗剤は、詰め替えができるタイプのものを選ぶとボトルのゴミが出ません。また、お買いものの時にマイバッグを持っていったり、過剰な包装をことわることも、身近にできるリデュース活動です。

でも一番は、「安いから」といって不要なものを買うのを控えることが大事。物を買う前に一度、「ほんとうに必要か?」を考えてみるといいですね。

 

■リユース(Reuse)

シャンプーや洗剤を詰め替えてボトルを使いまわすことは、リユースでもあります。
あと身近なものとして、洋服やおもちゃのお下がりを使うことや、不用品などを売るフリーマーケットやネットオークションは、とっても良いリユース活動ですね。

 

reduce-reuse-recycle_2

■リサイクル(Recycle)

ペットボトルを回収してあたらしい資源に変え、卵パックやカーペットなどに再生させる。この動きがリサイクルです。
わたしたちの身の回りには、リサイクルできるもの・されたものがいっぱいです。

わたしたちにできることは、ペットボトルや缶、古紙など、自治体のルールに従ってきちんと捨てることや、生ごみを処分するときに生ごみ処理機などを利用することです。また、古紙を原料とした、グリーンマークがついているリサイクル製品を選んで買うこともとってもいいことですね!

 

reduce-reuse-recycle_3

 

リデュース・リユース・リサイクルの「3R」のほかにも“R”がいっぱい!

リデュース・リユース・リサイクルのほかにも、ゴミを減らすための“R”がたくさんあるんですよ。

・リフューズ(Refuse)=拒否…ゴミになるものを買わない・断る。
・リペア(Repair)=直す…壊れたものを、直して使う。
・リファイン(Refine)=分別…ゴミを分別して捨てる。
・レンタル(Rental)=借りる…物を買わずに借りる。
・リフォーム(Reform)=作り直す…服などを捨てずに作り直す。リメイク(remake)も同じことがいえます。

など、まだまだたくさんの“R”があります。

 

reduce-reuse-recycle_4

 

おわりに

ひとつひとつ意味は違うけれど、ぜんぶ共通していえることは「物を大事にして、ゴミを減らす」こと。少し意識をしてみるだけで、きっとゴミは減るはずです。リデュース・リユース・リサイクル、ぜひ小さなことから意識してみてください。

ブックオフオンラインでは、読まなくなった本などを売ることができますので、そちらもぜひ利用してはいかがでしょうか。売りたいときは本をダンボールに詰めて、家まで集荷に来てくれるのでとっても便利です。

自分が必要なくなったものでも、どこかでそれを使ってくれる人がいる。こういうことの積み重ねが、「3R」=「地球の資源をムダにしないで繰り返し使う社会」につながるのかもしれませんね。

宅配買取(宅本便)の詳細はこちらから↓


【関連記事】

リサイクルと聞いて想像するキーワードは何ですか? 「ショップ」「中古」「家具」「服」などさまざまでしょう。
なかでもお小遣い稼ぎにつなげようと考えるなら、ブランドの服やアクセサリー、バッグなど思い浮かぶのではないでしょうか。

わざわざショップに行かなければならないの? 査定する時間もないしな~なんて諦めている人に朗報! 家にいながらお小遣いを稼ぐ方法を教えてくれる記事がこちら。


リサイクルは意識していても、リユースを意識して過ごしている人は少ないでしょう。でも、リユースしていることって意外と身近にあったりするのです。

例えば、空き缶をペン立てにしたり、ペットボトルの底で家庭菜園をしたり……ふだん何気なくしていることがリユースであることに気づきます。でも、もっともっとたくさんのリユースネタって知りたいですよね? この記事を読めばあなたもスーパー主婦に変身できるかも!?


掃除をしていて、これは捨てるべきものなのか、それとも、リサイクルしてもいいものなのか、迷うときはありませんか。

家にはいらないけど、完全に処分するにはもったいない……そんな気持ちが芽生えた「もの」は、諦めずに最後まで面倒を見てあげたい、という気持ちのお手伝いをしてくれるのがリサイクルショップです。
でも、その前にその「もの」がリサイクルできるものなのか記事でチェックしましょう。


「リサイクル」という言葉はよく知られていますが、でも実際、どんなものが収集され、何に生まれ変わるのかを知っていますか?

分別収集された身近なゴミが、どんなものに変身しているのかをまとめた記事です。

リサイクルに関するその他の記事はこちらから