ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 生活・暮らし > リサイクル > リサイクル率85%以上!回収したペットボトルってどこへ行くの?

リサイクル率85%以上!回収したペットボトルってどこへ行くの?


recycle

「ペットボトルを分別して捨てる」ということは、私たちの生活において当たり前のことになっていますよね。でも、そのペットボトルは回収した後どこへ行くのか、何になるのか、考えたことはありますか?

今回、ペットボトルのリサイクルについて、わかりやすくまとめてみました!

いつからペットボトルをリサイクルするようになったのか

家庭から出るゴミの容積の6割が、「容器」や「包装」といわれています。ゴミを減らして、資源としてリサイクルしようという目的で、平成7年に『容器包装リサイクル法』という法律が定められました。

そこからペットボトルを積極的に回収するようになり、今でも85%以上という世界から見ても高いリサイクル率を維持しています。

recycle_2

 

上の図は、『容器包装リサイクル法』の基本的な仕組みを表した図です。

・消費者…決められた方法で「分別排出」する。

・市町村…ゴミの「収集」と「処理」をする。その他保管も行う。

・事業者…収集された材料から「再商品化(リサイクル)」をする。

この三者がそれぞれの役割を担い、ペットボトルのリサイクルが成り立っています。

ペットボトルのほか、アルミ缶やびん、紙やプラスチックなども容器包装リサイクル法の対象です。

私たち消費者が分別排出を意識することによって、ゴミは大切な資源へと変わっていくのですね。

リサイクルされたペットボトル、どんなものになるの?

分別収集された使用済みペットボトルのリサイクル商品は、現在約300品目ほどあります。

主な商品は、

・繊維製品…自動車関連、カーペット、スーツ、毛布など

・シート製品…卵パック、クリアファイル、名刺など

・成形品…ボールペン、結束バンド、下水道などのふた、洗剤用ボトルなど

私たちにとって身近なものに生まれ変わっているんですね。

また、ボトルtoボトル(BtoB)といって、ペットボトルをリサイクルし、また食品用ペットボトルとして使用する手法もあります。

この完全循環型リサイクルシステムを導入している飲料メーカーもあり、今とっても注目されているんですよ。

リサイクルにとって大事なキーワード『3R』って?

three-r

 

今回、ペットボトルのリサイクルについて調べていたところ、いろいろな所で『3R』という言葉を目にしました。

この『3R』とは、「Reduce(リデュース)」「Reuse(リユース)」「Recycle(リサイクル)」の頭文字をとったもので、限りある資源を無駄にせず繰り返し使う社会(=循環型社会)をつくる大切なキーワードなんだそうです。

・Reduce(リデュース)…無駄なものは買わない、ゴミそのものを出さない、買ったものは長く使う。

・Reuse(リユース)…ゴミとして捨てるのではなく、リユース(=再利用)する。ブックオフはこの業界です。

・Recycle(リサイクル)…不要なものを、原料や燃料として再び利用すること。

さらに一歩進んで、不要なものはもらわない「Refuse(リフューズ)」、壊れたものを修理して使う「Repair(リペア)」を追加して『5R』という考え方もあります。

ひとりひとり、少しの心がけで出来ることばかりなので、ぜひ1つでも取り組んでみてください。

今は当たり前になっているペットボトルの分別ですが、まだまだ道端にポイ捨てされているのを見かけます。

まずはしっかりペットボトルの中をすすぎ、資源ゴミとして出したり、スーパーの回収ボックスに入れるなど、きちんとルールを守ることでリサイクルにつながります。もちろん、お住まいの市区町村のルールに従ってくださいね。

『3R』のキーワードを頭に、出来ることからゴミを減らしてみてはいかがでしょうか。

↓Reuse(リユース)の第一歩!使わなくなった本・CD・DVD・ゲーム、お売りください。