ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 研究・評論 > 超豪華!有名な作家やタレントなどの「豪華すぎる対談集」5選

超豪華!有名な作家やタレントなどの「豪華すぎる対談集」5選


本や映画など、なにかすばらしい作品に出会うと、その作品を創り出した人についてもっと知りたいと思うのは、ごく自然な流れではないでしょうか。

今回のテーマは「豪華な対談集」。一流の作家やクリエイター同士だからこその対話は、やはり素晴らしく、ファンではなくてもファンになってしまうような魅力を持ち合わせています。

読者の価値観を覆してしまうほどの、斬新で個性的な対話を愉しんでください。

 

作家目線のするどい質問も。
『みみずくは黄昏に飛びたつ』

『みみずくは黄昏に飛びたつ』の表紙

みみずくは黄昏に飛びたつ
川上未映子・村上春樹(著)、新潮社

ただのインタビューではあらない

『騎士団長殺し』誕生秘話、創作の極意、少年期の記憶、フェミニズム的疑問、名声と日常、そして死後のこと。

作家にしか訊き出せない、作家の最深部に迫る記録(帯)

川上未映子さんが訊き、村上春樹さんが答えるインタビュー集。

特筆すべき点はなんといっても川上さんの質問力。
「読者を退屈させないコツは?」「主人公は村上さんと重なっているの?」といった読者が知りたいことから、「女性が性的な役割を担わされ過ぎていません?」「これは失敗作と思った作品は?」といった訊きづらいことまで、約11時間・25万字のインタビューが収録されています。

かなりの村上ファンである川上さん。「退屈している暇はなかった」と村上さんに言わしめたのも、納得の内容です。

 

番組から生まれた対談集
『ご本、出しときますね?』

『ご本、出しときますね?』の表紙

ご本、出しときますね?
若林正恭(著)、ポプラ社

小説家って面白い!無類の本好き芸人・オードリー若林正恭と、20人の作家たちが、”自分のルール”を語り尽くす。

大人気番組、ついに書籍化!

西加奈子/朝井リョウ/長嶋有/加藤千恵/村田沙耶香/平野啓一郎/山崎ナオコーラ/佐藤友哉/島本理生/藤沢周/羽田圭介/海猫沢めろん/白岩玄/中村航/中村文則/窪美澄/柴崎友香/角田光代/尾崎世界観/光浦靖子(帯)

MC:オードリー若林さんの文筆系トークバラエティ(BSジャパン)「ご本、出しときますね?」で放送された鼎談を収録した一冊。

”◯○にオススメの一冊”(たとえば、世界の実相を摑みたい人にオススメの一冊/羽田圭介、など)というテーマのもと、人気作家たちの”自分のルール”や、普段考えていること、どのように作品を生み出しているのか…などが語られます。

収録されている作家たちの作品と照らし合わせながら読むと、かなり楽しめる作品ですよ。

 

アニメ、芝居、自身を語る
『庵野秀明のフタリシバイ―孤掌鳴難』

『庵野秀明のフタリシバイ―孤掌鳴難』の表紙

庵野秀明のフタリシバイ―孤掌鳴難
庵野秀明(著)、徳間書店

なぜ実写か?!

『エヴァ』以降『ラブ&ポップ』『彼氏彼女の事情』『式日』までを庵野秀明が語り尽した保存版

フタリシバイ共演者・・・鴻上尚史、野田秀樹、幾原邦彦、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、松尾スズキ、いのうえひでのり、常盤馨、田口ランディ、林原めぐみ、Dr.エクアドル(帯)

日本を代表するアニメーション監督・庵野秀明の対談集。

『新世紀エヴァンゲリオン』の制作終了後、疲労困憊していた庵野さんは、ふとしたことで演劇にハマっていきます。そうして実現したのが、劇作家や演出家としてあまりに有名な面々との対談でした。

舞台とアニメーションという表現方法の違い、クリエイターとしての社会的スタンス、そして将来的なことまで、読み応え充分の内容となっています。

この本を読んでから庵野さんのアニメを見ると、庵野さんの意思や思いを感じることができ、ますますアニメ鑑賞が面白くなると思います。

 

巨匠たちの仕事術とは。
『仕事。』

『仕事。』の表紙

仕事。
川村元気(著)、集英社

一歩抜け出す唯一無二の仕事術とは?

『世界から猫が消えたなら』の川村元気が12人に聞いた。

「私と同じ年の頃、何をしていましたか?」(帯)

川村元気さんによる『仕事』をテーマにした対談集。

対談相手は、山田洋次さん、秋元康さん、倉本聰さん、宮崎駿さん、糸井重里さん、谷川俊太郎さん、坂本龍一さん、横尾忠則さん、沢木耕太郎さん、杉本博司さん、篠山紀信さん、鈴木敏夫さんと豪華!

川村さんは、『世界から猫が消えたなら』の作者として有名ですが、本来は映画プロデューサーであり、ヒットメーカーとして知られています。手がけた作品は『電車男』『告白』『モテキ』『バクマン。』など。

そんな川村さんが相手だからこそ語られる数々のエピソードや言葉たち。心に留まる言葉が多く、仕事に対して悩みを抱えている時にぜひ読んでほしい一冊です。

 

5人のクリエイターに送られた、西尾維新からの手紙
『西尾維新対談集 本題』

『西尾維新対談集 本題』の表紙

西尾維新対談集 本題
西尾維新(著)、講談社

一線を走る彼らに、前置きは不要だ。

西尾維新が書いた5通の手紙とそれを受け取った創作者たちの、[本題]から始まる濃密な語らい。

小林賢太郎、荒川弘、羽海野チカ、辻村深月、堀江敏幸(帯)

西尾維新さんによる「創作」をテーマにした対談集。

物語の「ルール」と「作り方」、物語をどう終わらせるのか、才能とは何か。「今」しか書けない物語とは。

対談のなかにはこと新しい考え方や発想も多く、読むと価値観が変わる一冊と言っても過言ではありません。
お互いの作品で好きなところを語り合うところも、お互いを尊重し合っているのがまざまざと伝わってきて、読んでいて好感が持てます。

 

一流の表現者たちの対話を読んでみよう

20170619-mentsu-gouka-taidan6

今回紹介した5冊は、読者のみなさんの価値観を広げる可能性を秘めています。気になった作品はぜひ読んでみてくださいね。

 

今回ご紹介した書籍
みみずくは黄昏に飛びたつ』川上未映子・村上春樹(著)、新潮社
ご本、出しときますね?』若林正恭(著)、ポプラ社
庵野秀明のフタリシバイ―孤掌鳴難』庵野秀明(著)、徳間書店
仕事。』川村元気(著)、集英社
西尾維新対談集 本題』西尾維新(著)、講談社

 

 

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。