ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > エッセイ > 歌川たいじの衝撃作品5作|読めば価値観が覆る!

歌川たいじの衝撃作品5作|読めば価値観が覆る!


驚いている猫

 

漫画家・歌川たいじさんの作品を、みなさまはお読みになったことがあるでしょうか?

一度読むと、その壮絶さに言葉を失います。セクシュアルマイノリティ、児童虐待、毒親、母の借金、肥満体型、いじめ……テーマは多岐に渡りますが、共通しているのは、すべて歌川さんの実話であること。

 

また、歌川作品で特徴的なのは、味のある絵とコミカルな作風。複雑な過去の中に、見え隠れする笑いと、“希望の光”。読めばきっと、さまざまなことを考えさせられることでしょう。

 

なお、コミックエッセイ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」(日本財団主催)に選定。今注目を集めています。

ぜひ一度、歌川ワールドを覗いてみてはいかがでしょう?

 

人気ブログがコミックに!
じりラブ

コミックエッセイ じりラブの表紙

『じりラブ』
集英社

1日10万アクセスの人気ブログ『【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です』が本になったのでございます。

男同士、じりじりするけど、愛がある(帯)

 

歌川さんのデビュー作。ドタバタコメディ調で爆笑必至の作品です。

2001年、自分がゲイであることを会社で公表した歌川さん。

カミングアウト後の周囲の態度は、つい感心してしまうほど、どれもこれもが「リアル」でした。「俺は襲うなよ」と言って笑いをとる男性社員のデリカシーのなさ、ゲイ嫌いの社員の嫌悪感、女子社員の心無いウワサ話……。

2001年、LGBTへの知識が普及していない時代に、ゲイとしてどのように過ごしてきたのでしょうか?立場が変われば見方が変わるように、きっとみなさまの価値観を覆してくれる作品ですよ。

また、LGBTを知る上での入門書としても最適の一冊です。

※LGBTとは、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のこと

 

虐待体験を描いた渾身のエッセイ
母さんがどんなに僕を嫌いでも

コミックエッセイ 母さんがどんなに僕を嫌いでも の表紙

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』
角川グループパブリッシング

 

他人には決してわからない親子のこと・・・

漫画家デビュー以来

ずっと描くことができなかった

自身の母親との関係に著者がついに向き合った。

歌川たいじが苦しみながら描き切った

渾身のコミックエッセイ。(帯)

 

歌川さん作品の中で、最もヘヴィ級な問題作。「じりラブ」の次に読むと、その落差に驚くことでしょう。

「心臓がなんどもぎゅうっとなった」と糸井重里さんがコメントを残していますが、まさに読んでいて胸が苦しくなる作品です。

育児放棄、児童虐待。子どもには逃げ場がどこにもありません。自尊心が低く、家でも学校でも嫌われ者だった主人公に差し伸べられた手。自立し家を出た主人公のもとに、老いた母から連絡があり……。

暗黒だった子ども時代、変わっていく未来、母との対峙。本書には歌川さんの半生がすべて詰まっています。壮絶な作品です。

興味のある方は、小・中学生向けに編集された『手記 母さんがどんなに僕を嫌いでも』も一緒にどうぞ。

 

未来は自分で変えられる
母の形見は借金地獄
全力で戦った700

コミックエッセイ 母の形見は借金地獄 全力で戦った700日 の表紙

『母の形見は借金地獄 全力で戦った700日』
KADOKAWA

幸福は最大の復讐だ!!

相続放棄で逃げられなかった多額の借金!?

大企業相手に起こした裁判の行く末は?(帯)

 

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の続編。

母が亡くなり、巨額の借金が残されていると知った歌川さん。

「いつまでも自分はこういう人生なんだ」と諦めそうになるものの、周囲に支えられ、自分の人生を生きていくべく、借金地獄から抜け出そうともがきます。その描写が人間味にあふれていて、私は何度も泣いてしまいました。

自分の行動次第で未来は変えられることを、身をもって教えてくれる一冊に仕上がっています。

 

「デブハラスメント」がテーマのダイエットエッセイ
「おつきあい」の壁を乗り越え48キロやせました

コミックエッセイ 「おつきあい」の壁を乗り越え48キロやせました の表紙

『「おつきあい」の壁を乗り越え48キロやせました』
幻冬舎

人付き合いを制するものがダイエットを制す!

繰り返すリバウンド、世間の目の厳しさ、巷に流れる嘘情報・・・。

そんな茨の中にも幸せになる道がきっとあるはず。

やせてもすぐ太る「形状記憶デブ」の著者が

人生を賭けて紡いだ渾身のダイエット体験記!(帯)

 

「形状記憶デブ」(ダイエットをしてもすぐに元通りになってしまうデブ)の歌川さん。

本書では、「デブハラスメント(通称:デブハラ)」をメインテーマに、ダイエットに奮闘する歌川さんの様子が記されています。

面白くて、誰に対してもフレンドリーな歌川さんのキャラクターは、「デブハラ」されやすいのだそう。

「太ってないから食べても大丈夫でしょ。これぐらい太らないって」「食事制限など必要ない、走れ!オレは毎日7km走ってるんだぞ」……

これらは立派な「デブハラ」です。余計なお世話です。もし心当たりのある方がいらっしゃったら、気にしてみてくださいね。

 

肥満はなぜ「悪」と言われるの?
やせる石鹸

小説 やせる石鹸 の表紙

『やせる石鹸』
KADOKAWA

 

たまみは見る人がギョッとするほどの「巨デブ」女子。そんな彼女がデブ専男子から告白された!しかしたまみは彼を拒絶してしまう。

だって今まで、「デブは醜い」とディスられながら生きてきたのよ。

「太ってるキミが好き」なんて王子様が現れても、救われないの!

「やせたら幸せになれる」はウソ。自分を好きになりたい。世界を変えたい!野望を胸に、たまみと6人の巨デブの戦いが今、はじまる!!(帯)

 

歌川さんの初小説。子ども時代、ストレスや生活習慣の不摂生から「肥満児」になってしまったご自身の経験をベースにした作品です。

主人公のたまみは、ドア1枚ぶんの横幅がある女の子。

見た目で人を差別するような人間には思われたくないけれど、わざわざ巨デブと親しくはなりたくない――。そんな空気を察して、他人と深く関わることなく生きてきたたまみ。肥満体型ならではの苦しみが綴られています。

ご自身の経験に基づいているからか、この作品もとにかく「リアル」。そして考えさせられますよ。

誰にも迷惑をかけていないのに、肥満はなぜ「悪」とされるのか?と。

 

歌川たいじさんの「衝撃」作品たち

いかがでしたでしょうか。歌川さんの作品は、どの作品も自身の価値観を覆されるようなものばかり。ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか?

 

今回ご紹介した書籍

じりラブ』集英社
母さんがどんなに僕を嫌いでも』角川グループパブリッシング
母の形見は借金地獄 全力で戦った700日』KADOKAWA
「おつきあい」の壁を乗り越え48キロやせました』幻冬舎
やせる石鹸』KADOKAWA

 

筆者の『三大「衝撃的だった」本』もご紹介しています。

壮絶で救われない本ですが、目を背けず読んでほしいものばかりです。

 

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。