ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 絵本・児童書 > もう一度読みたい児童文学『星の王子さま』

もう一度読みたい児童文学『星の王子さま』


20170826-hoshi-no-ojisama-0

「星の王子さま」というタイトルを、聞いたことがある人は多いと思います。

私は、本の表紙のイメージが強く、子どもの頃読んだ記憶がありますが、大人になった時に詳しいストーリーを思い出せませんでした。

老若男女に愛されてきた「星の王子さま」ですが、読んだことがある人も読んだことがない人も、私のようにストーリーを忘れてしまった人も、今一度読んでみてはいかがでしょうか。

新しい発見や感動があるかもしれません。

 

「星の王子さま」のお話って?

20170826-hoshi-no-ojisama-1

『星の王子さま』
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(著),内藤濯(訳)
岩波書店

主人公の飛行士「ボク」は、サハラ砂漠に不時着し、王子さまと出会います。

王子さまは、家の大きさほどしかない星からやってきました。王子さまの星では、バオバブの木が星を壊さないように小さな芽のうちから摘まなくてはいけません。また、後々にその星を旅立つきっかけとなる1本のバラが咲いていました。

王子さまは、そのバラに愛想をつかし、ほかの星への冒険を始めます。

6つの星をめぐり、7つ目に到着したのが地球でした。

王子さまは、様々な星を見て、様々な人に出会い、やがてキツネに出会います。

キツネが王子さまに教えてくれたこととは。
そして、王子さまが「ボク」に教えてくれたこととは……?

 

著者 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリについて

20170826-hoshi-no-ojisama-2

「星の王子さま」は、1943年にアメリカ・ニューヨークで出版されました。

著者はフランス人のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリです。
サン=テグジュペリは、作家だけではなく、操縦士でもあり、欧州から南米間の飛行航路開拓にも携わっていました。

海軍兵学校を受験しますが落ちてしまい、航空隊に入隊します。

1929年に「南方郵便局」を出版。
その後は、フェミナ賞を受賞した「夜間飛行」、アカデミー・フランセーズ賞を受賞した「人間の土地」、ほかには「戦う操縦士」などを発表しました。

しかし彼はドイツ軍を偵察中に、撃墜されて亡くなりました。

『星の王子さま』は、本の中のイラストもサン=テグジュペリが描いています。
そして、日本では、1953年に岩波書店から最初に出版されました。
最初は、内藤濯さんが日本語訳を担当しました。その後、2005年に著作権の公有化により、他の出版社からもさまざまな翻訳家により出版されています。

新潮文庫からは、河野万里子さんが翻訳したものが出版されており、翻訳家により、また違った「星の王子さま」を楽しむことができます。

 

「星の王子さま」の魅力

20170826-hoshi-no-ojisama-3

子どもの頃読んだときは、単純に結末の状況だけを感じていましたが、この本の醍醐味は途中に出てくるいろいろな出来事です。

途中で出てくる王子さまが地球に来る前に立ち寄る6つの星には、それぞれの意味があります。

うぬぼれやや酔っ払いなど変な大人がいる星は、大人が持つエゴイズムを描いています。そこには、著者からのメッセージが託されています。

王子さまと出会い、飛行士の「ボク」は社会の中での地位や名誉などのうわべだけではなく、人間はどう生きるべきかを考えるようになります。

飛行士と同じように、大人になってから何度も読むことにより、新たな発見に気がつくことがあることでしょう。

 

大人になっても味わい深い「星の王子さま」

20170826-hoshi-no-ojisama-4

「星の王子さま」は、初版から多くの国で書籍化されて、200カ国以上で販売され総販売部数は、1億5000万部を超えています。

「星の王子さま」といって思いつくのは、「大切なものは目に見えない」という格言が有名です。全体はイラストもあり子ども向けの絵本と思われますが、著者が冒頭に「そのおとなの人は、むかし、いちどは子どもだったのだから、わたしは、その子どもに、この本をささげたいと思う。」と書いてあるように、大人向けでもあります。

子どもに読み聞かせるにも良いし、子ども時代に読んだ人も大人になってから読み返すと、また違った印象になります。

自分が過去に経験したこと、今置かれている状況に教訓となることが見つかるかもしれません。

 

もう一度読んでみてはいかがでしょうか?

20170826-hoshi-no-ojisama-5

「大切なものは目に見えない」という言葉が胸にしみます。

「星の王子さま」は、映画化やアニメ化もされるほど世界中で愛されている作品です。初めての読む人はもちろん、読んだことがある人も人生で大切なものが何か分からなくなったときは、もう一度手に取り読んでみてはいかがでしょうか。

 

今回ご紹介した書籍
星の王子さま
岩波書店,サン=テグジュペリ(著),内藤濯(訳)

『星の王子さま』を検索する 

 

『星の王子さま』の名言を集めた記事はこちら!

 

【サン=テグジュペリに関する関連記事】

サン=テグジュペリ「星の王子さま」の作者は戦時中に撃墜されていた

「星の王子さま」だけじゃない!飛行士・サン=テグジュペリの文学小説

ライター

アオノ
アオノ
本と芝居とミュージカルが好き。小説と児童書が特に好きです。週末の楽しみは、劇場へ行くこと。舞台を観るため各地へ飛び回るアラサ―女子です。