ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ビジネス書 > 赤羽雄二『アクション・リーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”』で「攻めの読書」を身に着けよう

赤羽雄二『アクション・リーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”』で「攻めの読書」を身に着けよう


 

アクション・リーディング

『アクション・リーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”』
赤羽雄二(著)、SBクリエイティブ

東大・スタンフォード卒、マッキンゼーで14年間活躍

「時間がなくて本が読めない」がなくなる!

読書 + 行動 = 未来が変わる

忙しくても飛び抜けて成長する人の本の使い方(帯)

 

「できる人」たちは、例外なく、忙しくても本を読んでいます。多い人だと、1日2桁を超える読書量を保っている人までいます。

読書量(インプット)をもっと増やしたいという悩みを抱えていた私が、この本を手に取るのは自然なことでした。

 

本書の面白いところは、「受け身」から「攻め」の読書スタイルに変える、ことを提案しているところ。
何事でもそうですが「受け身」でいては、なかなか自分のものになりませんよね。

 

では、「攻めの読書」というのはどのようなものなのでしょうか?

今回のコラムでは、本書の魅力をたっぷりとご紹介したいと思います。

 

 

本を読む優先順位を上げ、本を読む時間に「市民権」を与える

数え切れないメリットがある読書ですが、忙しいと、ゆっくり本を読んでいる場合ではなくなります。そもそも、心の余裕が持ちにくく、読みたい本、読まなければならない本があると思っても、なかなか手をつけられないことのほうが多いです。

採取的に落ち着いた方法が、「本を読む優先順位を上げる」という、一見ありきたりなやり方です。

つまり、本は生きていく上で必要だから、仕事をしていく上で必要だから、成長し続ける上で必要だから読む、というふうに考え方・位置付けを変えるのです。(p54-55)

 

作者がまず提案しているのは、『発想の転換』です。読書は人生の必需品という考えです。本を読む時間に市民権を与えるのです。真っ当な市民権を。

 

読みたい本はたくさんあるのに、時間がなくて本が読めていない……。積読が増えていく一方……。

そんな私にとって、この内容は当たり前なようで、斬新な考え方でした。

 

潜在的に「読書=趣味」「本は読んでも読まなくてもいい」と思っていたのです。そりゃ、後回しになって当然ですよね。
だって、「自分の余剰時間を使って、読書をする」という考えなのですから。

でも、「読書は人生においての必需品」「読書をしないと、これからの時代、生き残れない」という危機感を持てば、どうでしょう?

はじめは、「読書=趣味、余暇」という感覚が抜けきらないと思います。しかし、その感覚に抗い、読書の優先順位を上げれば……。

毎日のライフスタイルに読書が根付き、長い目で見た時、間違いなく人生が変わっていると個人的には思っています。

 

 

テーマは「アクション・リーディング」

本書はこれだけでは終わりません。

「本をただ読むだけでなく、その結果を、どう仕事やプライベートの充実につなげるか」という実用性も兼ね備えているのが、他の読書術本にはないポイントです。

 

たとえば、先ほど挙げた「読書の優先順位を上げる」ことで、実生活にどのようなメリットがあるのでしょう?

 

読書の優先順位を上げると、「好循環」が始まります。好循環というのは、

①意識して読書などで仕込みをしておく

②結果として、仕事上で、できなかったことができるようになる

③その結果、前には与えられなかったチャンスが生まれる

④自信ができて人に積極的に相談することが増え、視野が確実に広がっている

⑤その結果、前より仕事ができるようになり、読書もさらに役立つ(p58)

 

好循環がはじまると、どんどんプラスの状況が生まれていきます。

また、読書を行うことで、物事に対して体系的な理解ができます。ひとつひとつの深堀りが可能となり、将来への示唆にもなります。そして、自信も生まれます。

まさしく「攻めの読書」ですね。

 

これらは、読書を趣味と捉えることなく、自分の24時間の中で割り振るべき重要な活動だと考えた結果です。

もし「読書量(インプット)を増やしたい……(でも時間がない)」と、現在の自分に不満を持っている方がいらっしゃったら、一度実践してみるのもいいかもしれませんよ。

 

 

目から鱗のメソッド揃い

今回のコラムで取り上げた内容は一つのみでしたが、本書では何十ものメソッドが紹介されています。

「目からウロコ」のものが多く、私も実践しているものが多いです。大変おすすめですので、ぜひとも読んでみてくださいね。

 


今回ご紹介した書籍

アクション・リーディング

アクション・リーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”
赤羽雄二(著)、SBクリエイティブ


 

自分を変えたい、でもやる気が……そんなときはこの特集を♪

 

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。