ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ビジネス書 > 新卒・若手におすすめのビジネス書の名著5選

新卒・若手におすすめのビジネス書の名著5選


20160829-wakate-business-t

新社会人や若手ビジネスマンにとって、読書はとても大切なもの。
読んだ内容がビジネスの場で活かされたり、今後の生き方に大きく影響を与えたりすることもあります。

ここでは、定番ともいえる必見のビジネス書をご紹介します。普段、読書はしないという方も、ぜひこの機会に手に取ってみていただきたい名著揃いです。

 

人生論のあるビジネス書として、ミリオンセラーに!

■『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』G.キングスレイ・ウォード

0012285583L『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』
G.キングスレイ・ウォード(著)、新潮社

財産や事業など残すより、いちばん大切なのは、一生の経験から学んだ人生の知恵やノウハウの集積である。これだけはぜひ息子に伝えておきたい
~まえがきより~

ビジネスマンとして成功した著者が、自分と同じ企業家を目指している息子へ書いた手紙をまとめています。30通の手紙には実社会への出発、ビジネスのルール、企業での人間関係など社会で必要なことをウイットのある表現で伝えています。人生論のあるビジネス書として、ミリオンセラーとなった本です。

本書の魅力は、ビジネス書としての教訓だけではありません。「父親を超えられない」と思い不安な息子を励ます、父親としての気持ちが伝わる場面も。父親と息子の絆、厳しさと同時に愛情のある複雑な感情が、読者の心を強く打つ作品です。

 

誰もが頭が良くなるためのシンプルなトレーニング法!

 ■『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』赤羽 雄二

0017093137L『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』
赤羽 雄二(著)、ダイヤモンド社

A4の紙に1件1ページで書く。
ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。
毎日10ページ書き、フォルダに投げ込んで瞬時に整理する。
それだけで、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な「考える力」を鍛えられる。
深く考えることができるだけでなく、「ゼロ秒思考」と言える究極のレベルに近づける。
~本文より~

マッキンゼーで活躍した著者が誰もが頭が良くなるためのシンプルなトレーニング法を解説しています。思考の質、スピードの到達点と著者が考える「ゼロ秒思考」。それは、A4のメモ書きという今すぐ実践できる方法です。A4の用紙にメモ書きを繰り返し、思考を言語化することで、仕事を数倍早くこなせるという「ゼロ秒思考」への道を紹介。そのやり方のみならず、メモ書きの企画への活用や思考の深め方についても解説しています。

 

読むだけでまるでセミナーに参加したかのような気分に!

■『7つの習慣 成功には原則があった! 』スティーブン・R・コヴィー

農場で場当たり的な詰め込み主義で作業することの愚かさを考えたことがあるだろうか。-春に種蒔きを忘れ、夏には遊び惚けて、秋になってから収穫を得るために必死になって頑張る-。農場は自然のシステムである。必要な務めを果たし、作業を行わなければならない。蒔いたものしか刈り取ることはできない。そこに近道はない。

 

人の成長や人間関係においても、最終的にはこの原則が必ず作用することになる。つまり、人の成長も人間関係も自然のシステムであり、農場の法則が支配しているのである。
~本文より~

書店のビジネス書コーナーには必ずあるといっていいほど有名な本です。

人生の目的意識、物事への取り組み方など、仕事で必要とされる考え方がすべて書かれています。
アメリカ建国から200年の間に出版された、成功に関する文献を調査し、その成果をもとに執筆されたといわれています。著者は、国際的にも評価の高いリーダーシップ研究における第一人者。本書で引用される例では、ビジネス上の課題と同じくらい家庭内の状況が数多く取り上げられています。

本書は、ビジネス書によく見られる「明日からすぐに実践できる」ことを謳い文句にはしていません。そのコンセプトは多少複雑な部分もあり、流し読みではなく、腰を据えてじっくり読むことをおすすめします。読み終えたときには、セミナーに参加した後のような充足感を感じることでしょう。

 

万人におすすめな永遠の座右の書

■『道をひらく』松下幸之助

0015583558L『道をひらく』
松下幸之助(著)、PHP研究所

100のことをしたら99を失敗するのが人間であり、私もそうだし、あなたもそうかも知れない。
その結果、消えていく人と生き残る人との差を今から考えたいが、いいだろうか。
その差は、「根回し」だと思っている。

あなたがもし、仕事で失敗を繰り返して、そこから復活ができず、這い上がれず、誰からもバカにされているとしたら、それらを怠ったのだ。
あなたは、他人に、ビジネスの相手に、優しくないのである。

人が孤独になるのは当然だが、世の中や他人のためには働かず、自己犠牲を嫌い、私利私欲に溺れているからで、世の中をさらっと見れば、病魔に侵されながらも人のために働いている人もいるのである。
~本文より~

昭和43年の発刊以来、今もなお読み継がれている驚異のロングセラーです。

旧松下グループ(現在のパナソニック)を一代で築き上げた経営者・松下幸之助氏。本書は松下幸之助氏が自分の体験と人生への深い洞察をもとに綴った短編随想集です。今日まで多くの人を勇気づけてきたこの本には、時代が変わっても生き続ける真理があります。仕事で失敗して落ち込んでいるとき、自信を失ったときに、立ち直る勇気をきっと与えてくれるでしょう。

本書では人生訓的なものから政治への提言までと幅広いテーマが扱われています。飾り気のない文体から著者の人柄が伝わってきて、思わず引きこまれる一冊です。社会人のみならず、大学生や高校生が読んでもきっと何かを発見できるでしょう。あらゆる年代や職種の人におすすめできる永遠の座右の書です。

 

聖書につぐ世界的なロングセラー!?

■『人を動かす』デール・カーネギー

0012880865L『人を動かす』
デール・カーネギー(著)、創元社

他人に示す関心は、人間関係の他の原則と同様に、必ず心底からのものでなければならない。関心を示す人の利益になるだけでなく、関心を示された相手にも利益を生まねばならない。一方通行ではなく、双方の利益にならなくてはいけない。(第一章 誠実な関心を寄せる)

 

笑顔など見せる気にならない時は、どうすればよいか。方法は二つある。まず第一は、無理にでも笑ってみることだ。ひとりでいる時なら、口笛を吹いたり、鼻うたを歌ったりしてみる。幸福でたまらないようなふうにふるまうのである。すると、ほんとうに幸福な気持になるから妙だ。(第二章 笑顔を忘れない)
~本文より~

人間関係の古典として、後の自己啓発本に多大な影響を与えた自己啓発本の原点「人を動かす」は聖書につぐ世界的なロングセラーです。人間関係の構築と円滑な人間関係を進めるための重要な原則が網羅されており、仕事上での他者との関わり方、考え方を学べます。人間関係の基本原則をベースに、相手に自分が重要視され、また評価されていることを感じさせるスキルについても説いています。忠実に実践できると、人との関係での苦労が解消されるポジティブシンキングな一冊といえるでしょう。

 

おわりに

いかがでしたか。ビジネス書は教訓ばかりでなく、著者の人生が反映されている読み応えのあるものが多いですね。自分の人生で鍵となるような名言が隠れていることも!

ビジネス書を読むメリットは、自分の中に存在していなかった新しいアイデアや考えに出会えること、そして目標を得られることではないでしょうか。仕事や人生のお供に1冊手に取って、多くのことを学び自分の糧にしてください。

今回ご紹介したビジネス書をブックオフオンラインで購入!
■『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』G.キングスレイ・ウォード(著)、新潮社
■『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』赤羽 雄二(著)、ダイヤモンド社
『ゼロ秒思考』関連書籍はこちら
■『7つの習慣 成功には原則があった!』スティーブン・R・コヴィー(著)、キングベアー出版
『7つの習慣』関連書籍はこちら
■『道をひらく』松下幸之助(著)、PHP研究所
『道をひらく』関連書籍はこちら
■『人を動かす』 デール・カーネギー(著)、創元社
『人を動かす』関連書籍はこちら

社会人の必須スキル“ビジネスマナー”をしっかり身に付けるには、こちらの特集もおすすめです。

ライター

アイウチ
アイウチ
絵本が好きなアラサー主婦です。休みの日は、カラフルなデコケーキを作ったり、衝動買いしてしまう生地で裁縫をしています。