ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ビジネス書 > ビジネスマン必見!隙間時間で効率よく行う資格の勉強の仕方

ビジネスマン必見!隙間時間で効率よく行う資格の勉強の仕方


How_to_study

ビジネスマンのなかには、時間がなくてなかなか勉強ができないという方もいるのではないでしょうか。学生の時のように勉強が仕事というわけではないし、残業だらけで帰宅後は疲れて寝てしまうという方も多数いることと思います。この記事では、そんな忙しい毎日でも効率のいい勉強の仕方を考えます。

「時間がない…」はただの言い訳!?

よく時間がないということを理由になかなか勉強に取り組むことができない人がいます。しかしその反面、仕事が忙しいにも関わらずしっかりと勉強をして資格取得などをされている人もいるのです。両パターンとも仕事をしっかりとしているのにどうしてこんなにも差が出てしまうのでしょうか。 その理由は、ズバリ「隙間時間を活用して勉強できる環境を作っているから」なのです。人間は誰にでも言えることですが、「隙間時間」がない人はいないのです。「忙しい」は言い訳でしかないということを覚えておいてください。自分で時間をコントロールすることによって、いくらでも勉強できる状態を作り出すことは可能なのです。

勉強の仕方1:有効な隙間時間の使い方

では、どのような対策を練れば、隙間時間をうまく活用できるのでしょうか。その答えとして一番大切なのは「いつでも勉強できる道具を持っておく」ということです。単語帳を作成するでもいいですし、小さめの参考書を買って読むなど、勉強道具は何でもOKですが、「勉強にすぐ入れるようにしておく」という心構えだけは忘れないようにしてください。 また、「隙間時間は短い」ということも念頭に置いておくと良いでしょう。約5分ぐらいであったとしても、その短時間で参考書2~3ページは読めるはずです。その手間を惜しまないようにしてください。その積み重ねをすることによって、気づいたときにはかなりの時間学習したことにもなるものです。

勉強の仕方2:勉強するためのテキストはバラして持ち歩く

勉強する上で使用するテキストにも重点を置いてみましょう。持ち歩けないほど分厚い参考書を使用していませんか。最近の通信教育などでは教科書を何冊かの単元ごとに分けているところが多いようです。テキストはバラすことでいつでも持ち歩くことができます。そうすることによって、自分の勉強したい単元だけをすぐに学習できますし、苦手なところを学習したいときにも、その冊子だけを持っていればいいのですから、いつでも勉強することが可能になるというわけです。

勉強の仕方3:問題を解くだけでなく、解答、解説を理解する

あなたは勉強をするときに問題を解くことに重点を置きますか、それとも理解することに重点を置きますか。これは大人だけではなくて子供たちにも言えることですが、回答するときには必ず答え合わせをして終わるのではなく、正解不正解関係なく回答を読んで理解するようにしてください。もしかしたら解釈を間違えている可能性があります。その時は間違えた問題は、理解できるまで何度も繰り返し解くことが大事です。

忙しいからこそ、有限である時間は有効に使いたいもの。上記のような方法の他に、よい本に出会えるかどうかも重要な点です。下記の特集ではいくつかのジャンルに絞って、オススメの勉強法の本や、テキストにもなる専門書をご紹介しています。自分に合った本を探してみてください。

ライター

サカモト
サカモト
中学生の頃に歴史にハマった歴史好き30代。毎日のように本屋に行っては面白そうな本をあさってます。歴史関係のほか、漫画も好きです。