ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > エンタメ > エンタメ > 熱い・泣ける・重い!昔に流行った懐かしい学園ドラマ 【年代別】

熱い・泣ける・重い!昔に流行った懐かしい学園ドラマ 【年代別】


20161228-gakuendorama-i

誰にでもあった青春時代。怖いものなんて何もなく、無茶もできた“あの頃”。
「あの頃はよかったなぁ~」と思うようになってきたら、もう一度振り返ってみませんか?
明るい物語ばかりではないけれど、なんだか元気が湧いてくる…!そんな懐かしい学園ドラマの中から、これはハズせないという作品を年代別にピックアップしました。

 

1980年代

♦3年B組金八先生 第2シリーズ(放送:1980年)

20161228-gakuendorama-1

『3年B組金八先生 第2シリーズ』
主演:武田鉄矢、直江喜一

これぞ日本の学園ドラマといえる『3年B組金八先生』。第2シリーズとなる本作では、当時社会問題になっていた“子供のストレスによる非行・暴力”が取り上げられいて、「腐ったミカンの方程式」という言葉が、世の中に大きな衝撃を与えました。「腐ったミカン」とは、人を腐ったミカンに例え、“ミカン箱に腐ったミカンがあると、ほかのミカンも腐ってしまう”という意味を表した言葉です。これに金八先生は「人間と腐ったミカンは違う!」と論し、この言葉はいまも名言として残っています。

金八先生シリーズはその時その時の時代背景に合わせたテーマを扱っているので、当時どんな問題があったのかをわかりやすく知ることができます。全シリーズ観たくなってきました……。

 

♦泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ(放送:1984年)

20161228-gakuendorama-2

『泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ』
主演:山下真司

弱小高校ラグビー部が、赴任してきた熱血教師・滝沢賢治(山下真司さん)とともにラグビーの全国優勝を目指す青春学園ドラマ。特に記憶に残っているのは、あの強面俳優として有名な小沢仁志さん演じる不良高校生・水原亮。少年院にも入ってた水原は、誰も寄りつかないほど恐れられ、非行を繰り返していたのですが、更生させようと滝沢は水原とタイマン勝負をします。見事にやられ、涙ながらに本心を見せた水原の姿には、多くの少年たちがグッときたのではないでしょうか。

生徒をボコボコにしたり、酒を勧める滝沢先生。高校の卒業式後、先生へ感謝の気持ちを込めてブランデーを机に残して去った水原など、いまのドラマではちょっと考えられない内容もまたいいんです。これは何日かかけて一気観しました。

 

1990年代前半

♦あすなろ白書(放送:1993年)

20161228-gakuendorama-3

『あすなろ白書』
主演:石田ひかり、筒井道隆

大学生のなるみ(石田ひかりさん)を中心に、5人の男女の恋愛を描いた物語。主人公たちが大学生ということで、当時まだ子どもだった私は、このドラマにすごく大人っぽさを感じました。といっても、「あすなろ白書」の裏番組だった「振り返れば奴がいる」(主演:織田裕二さん、石黒賢さん)が好きで、「あすなろ白書」は再放送かなにかで観ました(笑)。主題歌だった藤井フミヤさんの「TRUE LOVE」も懐かしくていいですね。

主役じゃないキムタクもなかなかお目にかかれないので貴重な作品です。また、あすなろ会のメンバーにはあの西島秀俊さんもいたのは知っていましたか?ぜひご確認ください!

 

♦人間・失格~たとえばぼくが死んだら~(放送:1994年)

20161228-gakuendorama-4

『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』
主演:赤井英和、堂本剛、堂本光一

名門私立男子中学校を舞台に、いじめや虐待、体罰や自殺など人間の「暗」の部分を描いた物語。編入してきた大場誠(堂本剛さん)は、明るくて純粋、成績もトップクラスという好感の持てる少年なんですが、理不尽なことからいじめの標的になります。教師までにも見放された状態、エスカレートするいじめや体罰にゾッとします。
この作品が注目され、KinKiのお二人はその後『金田一少年の事件簿』(’95)、『銀狼怪奇ファイル』(’96)、『若葉のころ』(’96)、『ぼくらの勇気 未満都市』(’97)、『青の時代』(’98)など、数々の人気作の主演を務めました。こうやってみると重いテーマの学園ドラマが多いですね。とても衝撃を受けた思い出があります。

 

1990年代後半

♦白線流し(放送:1996年)

20161228-gakuendorama-5

『白線流し』
主演:長瀬智也

高校の卒業を控えた男女7人の友情や恋愛を描いた青春物語。卒業間近という設定から学園っぽさは少し薄いかもしれませんが、確実に青春時代を思い出す作品で純粋さにほっこりします。キャストと主題歌の「空も飛べるはず」(スピッツ)のハマり具合もぴったり!観ているとゆったりした時間の流れを感じられ、さまざまな記憶が蘇ってきます。高校生時代に同じような青春をおくった方も、受験で忙しくて高校三年は勉強した記憶しかないという方にもおすすめです。

ちなみに、“白線流し”という学帽の白線とセーラー服のスカーフを結んで川に流すこの行事は、岐阜県高山市の高校で卒業行事として行われているそうです。これは思い出に残りますね。

 

♦GTO(放送:1998年)

20161228-gakuendorama-6

『GTO』
主演:反町隆史

教師として赴任してきた元暴走族のリーダー・鬼塚英吉(反町隆史さん)が、いじめや暴力が渦巻く学園内の生徒たちに真正面から向き合い、問題を解決していく物語。生徒の家庭環境や教師の問題などにも突っ込んでいますが、コミカルな要素も強いので幅広い年齢層で観やすいドラマですよね。

昔から熱血教師が登場するドラマが多いですが、教師が元ヤンキーなどの設定は過去作にあるのでしょうか?窪塚洋介さんや小栗旬さんなど生徒役も豪華でしたね。最終回では視聴率が35.7%を記録し、ブームとなった『GTO』。その後も『ごくせん』(’02)や『ヤンキー母校に帰る』(’03)など、ハチャメチャ教師が活躍するドラマが放送されました。

 

いまのドラマでは感じられない懐かしさ

20161228-gakuendorama-7

むかしのドラマは、いまのドラマでは感じることのできない「懐かしさ」がいいですよね。

1980年代のバブルの象徴である肩掛け携帯や、1990年代アムラーブームだったミニスカートに厚底ブーツファッションなど、いまはちょっとできない言動もドラマを通して観ていると懐かしくて楽しくなるのは歳のせいでしょうか(^^;)

今回の懐かし学園ドラマも含め、そんな1980年代中頃~2000年代に流行ったドラマはまだまだあります!続きはこちらから

 

この記事の筆者

アイウチ
アイウチ
絵本が好きなアラサー主婦です。休みの日は、カラフルなデコケーキを作ったり、衝動買いしてしまう生地で裁縫をしています。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓