ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本を楽しむ > 読書グッズ > 防水ブックカバーの作り方|クリアファイルでサイズも自由自在!

防水ブックカバーの作り方|クリアファイルでサイズも自由自在!


防水ブックカバー 作り方

家にどんどんたまっていくクリアファイル。

そんなクリアファイルを使った、オリジナルブックカバーの作り方をご紹介します。

 

クリアファイルで作ったブックカバーのいいところは、なんといっても防水できて汚れに強い!
さらに、好きなサイズのブックカバーを作ることができるのもいいところです。

いらないクリアファイルをリサイクルすれば材料費は0円。100均のを使うのもおすすめです。

お財布にやさしく、思ったよりもかんたんに作れる防水ブックカバーの作り方を、さっそくご説明いたします。

 

用意するもの

waterproof-book-cover1

・クリアファイル
・カッター
・カッターマット
・定規

必要なのはたったのこれだけ!
このカッターマットは100円ショップで購入したスリム版。最近の100円ショップはなんでも売っているのでいつもビックリです……。

 

防水ブックカバーの作り方

①クリアファイルの下の部分を切り、開いて1枚の状態にします。2枚一緒に切る力がある方は、切り開かなくてもOKです。

 

②本の高さに合わせ、一気にカッターで切ります。(心配な場合はマジックで線を書きましょう。)

waterproof-book-cover2

 

③本の厚みをはかります。

もともとのクリアファイルの折り目から、本の厚み分のところにカッターで筋をつけ、折ります。
この時、1mmほど余裕をもって筋をつけるのがコツです。

waterproof-book-cover3

 

④背表紙、バッチリ決まりました!

waterproof-book-cover4

 

⑤サイドも合わせていきましょう。

表紙に合わせてカッターで筋を付け、折り込みます。

waterproof-book-cover5

⑥反対側も同じように表紙に合わせて筋をつけて折れば完成!

 

クリアファイルを使った防水ブックカバーのポイントは“折るところにカッターで筋をつける”こと。あまり力を入れすぎると切れてしまうので、軽くシューッと筋を付ける程度で大丈夫です。

また、ハードカバーの単行本などは、表紙にも厚みがあるので、⑤と⑥の手順のときに、表紙の厚み分だけカッターで筋をいれておくと折り曲げやすいです。

waterproof-book-tankoubon

ちなみに文庫本なら、1枚のクリアファイルでギリギリ2つブックカバーを作ることができました♪

 

防水ブックカバー応用編

クリアファイルは滑りやすいので本がスポッと抜けてしまうことがあります。

それを気にされる方は、クリップで止める…という荒ワザもありますが、以下の方法もおすすめです。

 

①このような形にして、

waterproof-book-cover-arrange

マスキングテープで止めるとしっかりとしたブックカバーに。

waterproof-book-cover-arrange1

②穴あけパンチで穴をあけてゴムを通してみる、という方法もありますよ。

gom_boook

 

使っていないクリアファイルをブックカバーにしてみよう!

waterproof-book-cover-cute

クリアファイルを使ったブックカバーの作り方、いかがでしたでしょうか。ちなみに、透明以外のクリアファイルを使ってみるのもかわいいんですよ。

いらないものをリサイクルして、自分だけのブックカバーを作ってみましょう!

【おすすめ記事】ジップロック×消しゴムで簡単! お風呂で読書をする方法