ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本を楽しむ > 本のさがし方 > 視野が広がる!オムニバス本のすすめ

視野が広がる!オムニバス本のすすめ


omnibus-book

みなさんはどんなジャンルの本を読むでしょうか。読書をしばらく続けていくと、しだいに読む本のジャンルに傾向が生まれてきます。もちろん、本のセレクションには趣味趣向が反映しますから、当たり前のことではあります。しかし、あまりに読む本のジャンルに偏りがあるとマンネリに陥って、読書の醍醐味である新しい世界との出会いの機会が失われてしまいます。また、たくさんの名著をみすみす読まずに過ごしてしまうことにもなります。とはいえ、自分の興味からはずれた本や、自分の視野に入っていない本を見つけるのは難しいことです。

そこでオススメしたいのが、オムニバス本(アンソロジー本)です。筆者は、自分の読書の守備範囲を広める上でオムニバス本にお世話になってきました。筆者の経験も交えながら、オムニバス本の長所を紹介していきたいと思います。

 

1.オムニバス本の長所

omnibus-book1

オムニバス本とは、様々な著者の文章を寄せ集めた本をいいますが、全体で一つのまとまりを持っていることが特徴です。「まとまり」とは、たとえば、ある特定テーマであったり、ある特定の時代であったりします。

オムニバス本というと、パッチワークのようで少し抵抗がありますが、長所がいっぱいです。以下、オムニバス本の良いところをまとめました。

◆色々な文体に触れることができる
新しい作家にトライするときに苦戦してしまう原因のひとつに、「文体に手こずること」が挙げられます。ですから、オムニバス本を通じて、多種多様な文体にも慣れておくことは、読書ライフにおいて大きな武器となります。さらには、文体とは思考プロセスをある程度規定しますから、色々な文体を知っているということは、すなわち、色々な思考回路を持っていることを意味します。

日常生活においても、相手の話を聞いたり、議論したりするときに、色々な言い回しや場面にふさわしい文体を知っていると、理解の助けになります。人間的に奥行きのある人は、かたい文体からユーモアある柔らかい文体まで、幅広く使いこなせるものです。

◆自分の世界が広がる
オムニバス本を読むことを勧める最大の理由が、興味の幅が広がる、という点にあります。昨今、読書と年収の関係など、本の即時的・実利的メリットが取りあげられることがありますが、本を読むことの本領は内面世界を豊かにする、ということにあります。

オムニバス本を通じて自分の知らない世界を知ることは、謙虚になる機会になりますし、新しい視点を獲得することにもつながります。多様化していく社会において、色々な分野に通じ、自分とは異なる視点を知ることは非常に重要になっています。

◆短時間で気軽に読める
机に向かう時間がなくても、手軽に読めてしまうのがオムニバスの良いところです。ひとまとまりの作品のように、環境と心構えを整えずとも、電車一駅分の時間でつまみ読みできる気軽さは、オムニバス本ならではです。

◆挫折しにくい
オムニバス本に収録される作品というのは、ある長い作品のハイライトであったり、短くてオチのある作品だったりします。つまり、一気に読ませる作品が多いのです。ですから、長い小説のように複雑な人物関係を覚える必要もありませんし、「120ページ読んだけど挫折した」という経験をしなくても済みます。

 

2.オススメのオムニバス本シリーズ

オムニバス本のネックは、本屋ではあまりメインストリームとして扱われず、書店で目立たないことに加え、オムニバス本は、著者名による分類外に該当するために、見つけにくいということです。そこで、参考のために、いくつか代表的なオムニバスシリーズをまとめてみました。普通の文庫本だけではなく、大学受験用の学習参考書も挙げています。

■ちくま書房のオムニバスシリーズ

まずオススメしたいのが、ちくま書房から出ている「高校生のための〜エッセンス」シリーズです。「高校生のため」と題しているとおり受験参考書として編集されているため、語注や問い、読み方の指針が含まれており、新しい世界へいざなうガイドブックとして最適です。以下は、簡単な概要紹介。

『ちくま小説選』には、芥川龍之介の『ピアノ』、高橋源一郎の『さよならクリストファー・ロビン』、ジョージ・オーウェルの『絞首台』など、バラエティー豊かな作品が採録されています。町田康の『一言主の神』などユーモアのある作品もあります。

『ちくま評論選』は、センター試験に出るような評論を集めています。大森荘蔵の過去についての考察『後の祭りを祈る』、森鴎外のベルリンに関する、前田愛の『BERLIN 1888』のほか、村上陽一郎、萱野稔人、大沢真幸といった評論家の文章がテーマ別に並べられています。評論のテーマも哲学、メディア論、サブカルチャーまで、広く扱われています。また、別冊の解答編は、本文の構造や主要概念を解説したもので、理解度チェックができます。

「高校生のための〜エッセンス」シリーズ


随筆が読みたいというあなたには、『高校生のための文章読本』がオススメ。一人3~4ページほどの分量の随筆や小説が収められています。主な収録作品は、小林秀雄の『人形』、武満徹の『吃音宣言』、ロラン・バルトの『箸』(面白いですよ!)、筒井康隆の『バブリング創世記』。淀川長治の映画論、吉田秀和の絵画論といった、好きな人でないとあまり読まないジャンルの作品も含まれています。別冊の『表現への扉』も秀逸で、本文に向かう際の視点を与えてくれ、積極的な読書の助けになります。

⇒『高校生のための文章読本


時代別にまとめたアンソロジーとしては、『近代の文章』があります。明治から昭和までのエッセンスが時代順に並べられ、巻末には関連する作品年表もあります。福沢諭吉の『学問のすすめ』、坪内逍遥の『小説真髄』、二葉亭四迷の『浮雲』、夏目漱石の『夢十夜』、志賀直哉の『城の崎にて』、和辻哲郎の『古寺巡礼』など、教科書に載っている有名どころから、幸田露伴の『文明の庫』、柳宗悦の『朝鮮とその芸術』、柳田國男の『木綿以前の事』など、有名作家のちょっとマイナーな作品も収録されています。

⇒『近代の文章


古文の基礎が身についているなら、『日本古典読本』と『源氏物語読本』もオススメ。語注と全文和訳がついており、学生時代に古文が苦手だったという人も、助動詞などの最低限の知識さえあれば平安時代から江戸時代の知っておきたい古典文学作品を原文で読む事ができます。

⇒『日本古典読本
⇒『源氏物語読本

■新潮文庫『日本文学100年の名作』

新潮文庫創刊100年を記念して出版された全10巻の小説アンソロジー集で、その時代を反映した文章を中心とした構成となっています。プロレタリア文学など、時代別の思想トレンドや、文体の特徴を感じられる点がポイントです。ドイツ文学者の池内紀氏、評論家の川本三郎氏、編集者の松田哲夫氏が選定を担当しています。

⇒『日本文学100年の名作

■ちくま文庫『名短編』シリーズ

ちょっとマイナーな小説を読みたい通な読者向けには、北村薫、宮部みゆき選定の『名短編』シリーズがオススメです。『名短編、ここにあり』、『名短編、さらにあり』、『名短編、ほりだしもの』など、全6冊出版されています。筆者は最初の2つを読みましたが、ピンと来るもの、よくわからないもの、不気味なものなど、いい意味で脈絡のないセレクション、という印象を受けました。

『名短編』シリーズ

■日榮社現代文テキスト

日榮社という受験参考書の会社があるのをご存知でしょうか。この日榮社から出ている現代文テキストは、300円という安価ながら、30の抜粋文章を集め、問題を付したもので、アンソロジー本としても活躍します。問題を解くことで、積極的な読書にもなりますし、気軽に様々な文章に触れられる点もgood。

 

まとめ ~オムニバス本は未知へのゲートウェイ~

omnibus-book2

オムニバス本は、思わぬ名作に出会うことができるガイドです。何を読んだらいいかわからない、という方や、最近読書がマンネリ化してきた、という方は一度オムニバス本を覗いてみることをオススメします。オムニバス本に抵抗がある方も、とりあえず古本屋さんなどでどれか一冊買ってみてはいかがでしょうか。