ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 生活・暮らし > 節約術 > 30歳で貯金がない男性は失格?まだ間に合う30歳からの貯金法

30歳で貯金がない男性は失格?まだ間に合う30歳からの貯金法


save_money

社会人としての生活にもかなり慣れてきて、自分のお金を自分で管理する術も身につけているはずの30代ですが、意外にも効率的に貯金できていない人が多いようです。万が一の際に、あるいは自分の夢の実現のためにも、30代のうちに貯金をある程度できるようになっていないと、大変なことになるかもしれません。

そもそも何故30代独身の貯金は必要なのか?

30代というと、金銭的にもある程度余裕が生まれてくるくらいの年代です。また、30代では、将来的な結婚や子供の育児に関する費用、また、マイホームなどを購入しようと考えている方は、そのための資金など、貯金が必要な理由はいくらでも見えてきます。しかし、何故貯金をしなければならないのか、ということを把握できていない30代の方も一定数いることは事実です。他にも、事故や病気など、不幸にして大金が必要になってしまう場面も、将来的に予想されます。そんな時に、30代になっても自分でお金を全く準備できない、というのは情けないことでもあり、だからこそ、将来を見越しておかなければなりません。

30歳独身男性の平均貯金額とは?

しかし、一体いくらくらい貯金すればよいのか、ということがあまりわからない方もいるでしょう。30歳の平均貯金額は約300万円といわれています。また、全体の約2割の方は、500万円以上の貯金があるというデータもあります。もちろん、これは平均値であり、一部の1億円以上の資産を持つような富裕層の影響を考慮しなければならないでしょう。しかし、それでも、いざという時のためにも100万円前後はしっかりと貯めておきたいところです。中には、労働条件の影響で、1円も貯金がないという方も少なくありませんが、そうなってくると今後のリスクに対応できなくなる可能性が高くなります。

貯金を先取り!平均貯金額を目指して、使い込まないための「貯金法」

平均以上の貯金をしっかりと計画にすることができている方は、かなりの確率で給料から貯金額を先取りしている、というデータがあります。これは、毎月、自分の給料の何割か、あるいは一定の金額を先に口座などに預けておくことで、自分の手元に残さないようにするというものです。「使いたい」という欲求を減らす効果があるようです。口座振り込みになっている場合には、全額を引き出すのではなく、必要な分だけを引き出すようにすると、気づいたときにはかなり貯まっているということもよくあります。まずは、1万円でもよいので少額から始めてみて、その後は生活スタイルなどと照らし合わせて増額していけばよいでしょう。

少額貯金でも積もり積もれば山となる!小さなお金を大切に!

貯金をするために重要なことは、給料の先取り以外にも、小さなお金を大切にすることが挙げられます。無駄遣いを徹底してなくすことによって、かなり余裕が生まれてくるものです。特に、食費などは見直しの余地が大いにあるでしょう。食費の場合には、特に理由もなく外食をしていたり、お酒をつい飲みすぎていたりすることがあり、それらを改善するだけで1万円以上浮くこともあります。

さまざまな方法がある貯金法。自分にあった方法で、貯金しつつも心豊かな生活を送れるようになりたいですね。貯蓄術の特集では、効果的な貯金法を紹介する本や、お金のことが学べる本、投資方法の本などオススメの本をご紹介しています。今日からはじめる貯金の参考に、チェックしてみてはいかがでしょうか。

> 今すぐ始めよう!スマート貯蓄術

ライター

サカモト
サカモト
中学生の頃に歴史にハマった歴史好き30代。毎日のように本屋に行っては面白そうな本をあさってます。歴史関係のほか、漫画も好きです。