ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 話題 > ドラマ化話題作|池井戸潤『陸王』足袋作りの老舗がランニングシューズ開発に

ドラマ化話題作|池井戸潤『陸王』足袋作りの老舗がランニングシューズ開発に


 

『陸王』
池井戸潤(著)、集英社

このシューズは、私たちの魂そのものだ!

埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。これまで培った足袋製造の技術を生かして、「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発はできないだろうか?

世界的スポーツブランドとの熾烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足―。従業員20名の地方零細企業が、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで一世一代の大勝負に打って出る!(帯より)

 

2017年10月から、秋ドラマがスタートしました。今クールのドラマのなかで、高い視聴率を誇り、話題を集めているドラマといえば、日曜劇場「陸王」ではないでしょうか。

『陸王』の原作は、池井戸潤さんの小説。池井戸潤さんといえば、『半沢直樹』『下町ロケット』『花咲舞が黙ってない』『ルーズヴェルト・ゲーム』『ようこそ、わが家へ』などドラマ化された作品も多く、そのどれもがヒット作となっています。私はもともとドラマが好きなのでこれらの作品は見ていますが、もしドラマ好きな方でなくても、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

池井戸作品は、経営・経済など専門的なテーマを描いたものも多いですし、ページ数があり分厚いため、読むのを敬遠していた方がいたとしたら……正直言って、読まないのはもったいないです。

 

さて、前置きが長くなりました。今回のコラムでは『陸王』をピックアップし、どのような作品なのか、読みどころとともにご紹介したいと思います。

 

 

「伝統」という殻を破る老舗企業

『陸王』を一言でまとめると、「足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズの開発に挑むサクセスストーリー」です。

 

足袋が売れない、資金繰りも上手くいかない……そんな窮地に陥った「こはぜ屋」。これまでは伝統を守り続けることを死守してきたものの、銀行から「新規事業を立ち上げない限り融資は難しい」と融資を断られてしまいます。

そして、四代目社長は、新規事業の立ち上げを決意するのです。「伝統を守るのと、伝統に囚われるのとでは違う。その殻を破るとすれば、今がそのときではないか。」という言葉とともに。

 

私はこの言葉に大変感動しました。社会人経験がある方なら実感できるかと思いますが、従来のやり方や方針を変え、新しいものを生み出すというのは、並大抵のことではありません。成功するかどうかも分からない、先が見えない状況の中、変革を決断できる経営者はどれほどいるでしょう。

しかも、「こはぜ屋」は、百年の伝統ある老舗です。先人たちからバトンを受け継いできて、自分の代で、会社を終わらせるわけにはいかないという気負いもあるはずです。

 

そして四代目は、伝統に囚われず、かといって新しいものに食いつくわけでもなく、伝統と、現代のニーズが交差する商品開発を目指しました。完成した時の嬉しさは計り知れなかったでしょう。

ですが、良い商品が出来上がって、終わりというわけではありません。現実には、大手シューズメーカーとの軋轢などまだまだ立ちはだかる壁があるのです……。また、数ある紆余曲折を経て、商品が消費者のもとに届いても、ヒット商品になるのは数少ないのが現実です。

 

すべてがうまくいくわけではない。リアリティーのある描写が、読者をぐんぐんと引き込むんですね。

 

 

自分の仕事を省みることができる

また、『陸王』は、とにかく「熱い」作品です。老い・若いなど関係なく、夢に向かって一生懸命取り組む人たちが胸を打ちます。

言葉で表すと「ありがち」な印象になってしまうのですが、社会人経験のある方ならば間違いなく感動できる作品だと思います。

 

つい感情移入してしまうんですね。まるで自分が経営者になったかのように……。展開に一喜一憂し、ときには泣いてしまっている自分に驚いてしまいます。

さすがの池井戸さんの筆力と言わざるをえません。

 

また、池井戸さんの作品は、自分の仕事ぶりを省みる良いきっかけにもなります。

私は、情熱を持って自分の仕事に取り組めているだろうか? 責任と価値を見出せているだろうか?何のために仕事をしているのだろうか?私の夢はなんだっけ?何を目標として毎日を生きているのだろう?など……。

 

普段忙しいとあまり考える機会がありませんよね。『陸王』を読んでいると、知らず知らずのうちに、仕事を見つめ直している自分に気づきます。

「人生一度きりだぞ」「好きなことをやれ。見栄張ってカッコつけて、本当に好きでもないことをする人生ほど後悔するものはない」という言葉たちが背中を押してくれるのです。

 

 

『陸王』を読んで、仕事の面白さを見つけよう!

ドラマが放送中の『陸王』。仕事の面白さを改めて感じられる作品であり、仕事に対してモチベーションが下がっている時に読むと、さらに効果抜群です。ドラマと合わせて読んでも面白いですよ。

 

 

今回が紹介した書籍
陸王』池井戸潤(著)、集英社

 

仕事に打ち込むオジサンは、カッコイイのです!

 

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。