ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 吉本ばなな おすすめ小説|あなたの疲れた心を癒やす一冊を

吉本ばなな おすすめ小説|あなたの疲れた心を癒やす一冊を


更新日:2019/12/6

吉本ばなな おすすめ小説

世界中にファンを抱える、日本を代表する作家の吉本ばななさん。

吉本さんの作品は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語など、多数の言語に翻訳され、世界中の文学賞を受賞しています。

今回のコラムでは、吉本さんの代表作『キッチン』はもとより、おすすめ作品をご紹介します。

 

 『キッチン』

『キッチン』表紙

キッチン
角川書店ほか

家族という、確かにあったものが年月の中でひとりひとり減っていって、自分がひとりここにいるのだと、ふと思い出すと目の前にあるものがすべて、うそに見えてくる―。唯一の肉親の祖母を亡くしたみかげが、祖母と仲の良かった雄一とその母(実は父親)の家に同居する。日々のくらしの中、何気ない二人の優しさにみかげは孤独な心を和ませていくのだが…。世界二十五国で翻訳され、読みつがれる永遠のベスト・セラー小説。泉鏡花文学賞受賞。

(角川文庫版『キッチン』 表紙裏より)

 

吉本さんの代表作であり、「私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う」という書き出しが有名な一冊です。

主人公のみかげは、祖母が亡くなったのをきっかけに、大学生の雄一と、ゲイバーを経営する母(元・父)のえり子さんと同居するようになります。
2人と過ごす淡々とした静かな日常が、みかげの心を少しずつ回復させていく、癒やしの物語です。

大切な人を亡くした後も、人は生きていかなくてはならない。悲しみと共存して生きるためには、どうすればいい?
普遍的なテーマに対し、吉本さん独特な答えの1つを導き出しています。それが、人々の共感を生み、感動を与えてくれるんですね。

それに加えて、日常にはなかなかない非現実的なエピソードが物語に面白みを加え、本書をこれほどまでの傑作に仕上げています。

 

『ハネムーン』

『ハネムーン』表紙

ハネムーン
中央公論新社

世界が私たちに恋をした―。別に一緒に暮らさなくても、二人がたどる道はいつも家路で、二人がいる所はどこでも家だ…。互いでしか癒せない孤独を抱え、剥き出しの世界へと歩き始めた恋人たちの旅立ちを描く。限りない清らかさと生きることの痛みに彩られた静謐な愛の物語。

(中公文庫版『ハネムーン』 表紙裏より)

 

10代で結婚した2人を取り巻く日常の物語。

高校時代に、隣人で幼なじみの裕志と結婚したまなか。裕志の両親はとある宗教に没入しており、裕志は心に深い傷を負っていました。一方のまなかも生きづらさを抱えています。
2人で寄り添ってささやかに生きていたのですが、ある日ハネムーンに旅立つことに……。

2人の間を流れるあたたかい空気。2つの魂の共鳴、なんて表現は陳腐かもしれませんが、互いの魂を救済し合う姿には心が打たれます。

隣にいるだけで安心でき、癒やされていく。こんな夫婦になりたいと思う方は多いかもしれませんね。

 

『哀しい予感』

『哀しい予感』表紙

哀しい予感
幻冬舎ほか

弥生はいくつもの啓示を受けるようにしてここに来た。それは、おばである、ゆきのの家。濃い緑の匂い立ち込めるその古い一軒家に、変わり者の音楽教師ゆきのはひっそりと暮らしている。2人で過ごすときに流れる透明な時間。それは失われた家族のぬくもりだったのか。ある曇った午後、ゆきのの弾くピアノの音色が空に消えていくのを聴いたとき、弥生の19歳、初夏の物語は始まった。大ベストセラー、そして吉本ばなな作品初の文庫化。

(幻冬舎文庫版『哀しい予感』 表紙裏より)

 

美しい黒髪の女性の表紙が印象的な、ファンタジーでもあり恋愛小説でもある作品。

主人公は、19歳の女の子、弥生。弥生は幸福な中流家庭で育ちましたが、幼少期の記憶がなく、何かが欠けている……そんな感覚をずっと持っていました。
その感覚を思い出しそうになったある日、弥生は家出して、変わり者のおばのところへ向かいます。そして、失っていた記憶を取り戻していくのです。

個人的には、吉本さんの作品で特に好きな一冊です。
ピュアで切なくて。作品の中に漂う空気が独特で、物悲しさと寂しさ、希望が同居している、不思議な作品です。

まるで、幻を見ているような……これまでに味わったことのないような気持ちになることができますよ。

 

『TUGUMI』

『TUGUMI』表紙

TUGUMI
中央公論新社

病弱で生意気な美少女つぐみ。彼女と育った海辺の小さな町へ帰省した夏、まだ淡い夜のはじまりに、つぐみと私は、ふるさとの最後のひと夏をともにする少年に出会った。少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえらないきらめきを描く、切なく透明な物語。

(中公文庫版『TUGUMI』 表紙裏より)

 

山本周五郎賞を受賞した青春小説です。

主人公のまりあと、粗暴な性格で病弱な美少女つぐみ。強烈な個性を持つ彼女に、まりあは振り回され続けながらも、何かと気をかけていました。

大人がすでに失ってしまった10代ならではの透明感。有り体の表現かもしれませんが、儚く、ヒリヒリしていて、美しい。
まるで映画を見ているような描写には、きっと恍惚感を感じるはずです。夢を見ているような非日常的な作品です。

 

 『アムリタ』

『アムリタ』表紙

アムリタ
新潮社ほか

妹の死。頭を打ち、失った私の記憶。弟に訪れる不思議なきざし。そして妹の恋人との恋―。流されそうになる出来事の中で、かつての自分を取り戻せないまま高知に旅をし、さらにはサイパンへ。旅の時間を過ごしながら「半分死んでいる」私はすべてをみつめ、全身で生きることを、幸福を、感じとっていく。懐かしく、いとおしい金色の物語。吉本ばななの記念碑的長編。

(新潮文庫版『アムリタ(上)』 表紙裏より)

 

紫式部文学賞受賞作。

どんなことがあっても、日常は続くという事実をテーマにした作品です。
ときには、それが苦痛に感じることがあるかもしれません。ですが、日常が続くのはやはり救いなのだと、本書を読んで強く感じました。

何気ない日常の中にある「生きててよかった」と思える瞬間が切り取られていて、読んでいると涙がこぼれそうになります。

 

また、本書は作者によるあとがき(自殺志願者へのメッセージ)にも感銘を受けました。

くだらなく重く思える日常を大切にしてほしい。自分に自信を持たせられることだけに同意してほしい。そして、できることなら私の本を読んでいる数時間だけ、自殺のことを忘れてほしい
(下巻 p306-307より)

忙しい毎日に疲れた時に、ぜひとも手に取っていただきたい作品です。

 

あなたを癒やす一冊を……

世界中に支持されている作家、吉本ばななさん。
読むと「あぁ、吉本さんらしい表現だな」と思わされる美しい言い回しは、あなたの疲れた心を癒やしてくれるはずです。

【おすすめ記事】活字が苦手な女性におすすめしたい読みやすい小説

ライター:飯田 萌