ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 綿矢りさのおすすめ小説|『蹴りたい背中』だけじゃない!

綿矢りさのおすすめ小説|『蹴りたい背中』だけじゃない!


更新日:2019/8/29

綿矢りさのおすすめ小説

2004年、『蹴りたい背中』が芥川賞を受賞し、史上最年少の芥川賞受賞作家として‟時の人‟になった綿矢りささん。

その後も数々のヒット作を世に出し続けている綿矢さんですが、2019年に発売された『生のみ生のままで』は、数々のメディアに取り上げられ、大きな反響を呼んでいます。

このコラムでは、『生のみ生のままで』に加え、おすすめしたい綿矢さんの小説をご紹介します。

 

綿矢りさおすすめ小説1
『生のみ生のままで』

『生のみ生のままで』表紙

生のみ生のままで
集英社

彼女の肌が、吐息が、唇が、舌が、強烈な引力をもって私を誘う――

私たちは、友達じゃない

女性同士の鮮烈なる恋愛小説(帯)

女性同士の恋愛を描いた作品です。

主人公の逢衣は、恋人の颯と行った旅行先で、颯の幼なじみの琢磨と、その彼女である彩夏と出会います。
逢衣にとって高圧的な彩夏の第一印象は最悪でしたが、なんとある日、彩夏に告白され……。

情熱的な純愛。魂と魂の共鳴。相手がたまたま女性だっただけで、強い絆で結ばれた2人の関係は、どこか羨ましくもあります。

 

「どれだけ真面目に、どれだけ世間の気に入るように生きたって“普通”に必要な条件は次から次へと出てきて、絶対に追いつけない。偉そうに生きるつもりもないけど、俯いて生きるつもりもない」(下・105p)

この文章には思わず同感。“普通”という言葉に苦しんでいる、この世のすべての人たちに読んでほしいと思える作品です。

 

綿矢りさおすすめ小説2
『夢を与える』

『夢を与える』表紙

夢を与える
河出書房新社

幼い頃からチャイルドモデルをしていた美しく健やかな少女・夕子。中学入学と同時に大手芸能事務所に入った夕子は、母親の念願どおり、ついにブレイクする。連ドラ、CM、CDデビュー…急速に人気が高まるなか、夕子は深夜番組で観た無名のダンサーに恋をする。だがそれは、悲劇の始まりだった。夕子の栄光と失墜の果てを描く、芥川賞受賞第一作。(表紙裏)

小松菜奈さん主演でドラマ化された作品。

幼いころから芸能界で生きることは、「人々が望む虚像」を生きること。
傍目から見ると華やかな世界で生きることが、どれだけ大変なことなのか。主人公である夕子の心の機微が丁寧に描かれており、読み応えがあります。

芸能界における問題提起もなされているため、社会派小説の一面もあります。あまりにも丁寧に描かれているので、まるで綿矢さん自身の経験かと錯覚するほどでした。
栄光と失墜の振幅が大きく、波乱万丈な展開に目が離せません。

個人的には、綿矢作品の中でも特に傑作だと思っています。

 

綿矢りさおすすめ小説3
『かわいそうだね?』

『かわいそうだね?』表紙

かわいそうだね?
文藝春秋

「許せないなら別れる」――恋人の隆大が求職中の元彼女・アキヨを居候させると言い出した。百貨店勤めの樹理恵は、勤務中も隆大とアキヨとの関係に思いを巡らせ落ち着かない。週刊誌連載中から話題を呼んだ表題作と、女子同士の複雑な友情を描く「亜美ちゃんは美人」の二篇を収録。第6回(2012年)大江健三郎賞受賞作。(表紙裏)

週刊誌連載の表題作を含む2編が収録された作品。

「愛しているのはもちろん君だけ」と言いながらも、困っている元彼女を見捨てることができない、恋人の隆大。
そんな隆大に不信感を募らせつつも、好きだから別れたくない。彼女としての余裕を見せつけながらも、内心では不安、怒り、あきらめ、いらだちを感じている樹理恵。

心の機微が細やかに描かれているので、まるで自分のことのように、感情移入しながら読み切ってしまいました。そして、修羅場が訪れるのですが……想像もしなかった結末にはびっくりです!

併録「亜美ちゃんは美人」は、友人が美人なあまり、いつも“2番”になってしまう女の子が主人公です。女子あるあるな作品になっているので、こちらも大変面白いですよ。

 

綿矢りさおすすめ小説4
『勝手にふるえてろ』

『勝手にふるえてろ』表紙

勝手にふるえてろ
文藝春秋

江藤良香、26歳、OL。中学時代の同級生への片思い以外恋愛経験ナシ。おたく期が長かったせいで現実世界にうまく順応できない不器用な彼女だったが、熱烈に愛してくる彼が出現! 理想と現実、ふたつの恋のはざまで右往左往、揺れ動くヨシカ。時に悩み、時に暴走しながらやがて現実の扉を開けてゆく。遅咲きの主人公はコミカルながら切なく、そして愛おしい。妄想力爆発のキュートな恋愛小説が待望の文庫化。(表紙裏)

松岡茉優さん主演で映画化された作品。

ひねくれていて、自分勝手で、夢見がちな主人公の良香。

10年間片思い中の同級生か、自分を好きと言ってくれる会社の同期か、どっちを選べばいいの?
どちらを選んでも後悔しそうな気がするし、妥協しちゃっていいのか、理想を追い求めた方がいいのか……悩む主人公の姿に、「わかる!」と共感する方は多いのではないでしょうか? コミカルな作風につい吹き出してしまいます。

ちなみに、解説は辛酸なめ子さん。こちらも共感しまくりでした。

 

綿矢りさおすすめ小説5
『憤死』

『憤死』表紙

憤死
河出書房新社

自殺未遂をしたと噂される、小中学校時代の女友達。興味本位で病室を訪れた私は、彼女が自宅のバルコニーから飛び降りた驚きの真相を聞く…表題作のほか、「おとな」「トイレの懺悔室」「人生ゲーム」を収めた、綿矢りさによる世にも奇妙な物語。(表紙裏)

 

他の綿矢作品とはひと味違った連作短編集。ホラー色が強く、綿矢さんのイメージが大きく変わる1冊に仕上がっています。

誰かにとっては大事な出来事だけれども、自分はすっかり忘れている記憶。忘れられない、子供の頃見た夢。夢か現実か定かでない思い出。
もしそれらの過去が、大人になった今の自分に影響を与えたらどうしますか?

作品全体に、どこか薄気味悪い雰囲気が漂い、読み終わった頃には心がざわついているでしょう。フジテレビの人気番組「世にも奇妙な物語」がお好きな方におすすめです。

 

『蹴りたい背中』以外も読んでみて!

綿矢りささんの作品を5作ご紹介しましたが、気になった作品はあったでしょうか?

『蹴りたい背中』しか読んだことがない……という方がいらっしゃったら、もったいありませんので、ぜひとも他の作品を読んでいただけたらと思います。

【おすすめ記事】最新! 芥川賞・直木賞の受賞作

ライター:飯田 萌