ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > お母さん、いつもありがとう。母の日に読みたい感動小説4選

お母さん、いつもありがとう。母の日に読みたい感動小説4選


更新日:2019/5/8

5月の第2日曜日は、「母の日」です。

そこで今回は母の日に読みたい小説をピックアップ!

 

以下の基準で選書しました。

・「お母さん、いつもありがとう」と心から思えるような1冊

・母と子の愛がテーマとして描かれている

・あたたかい気持ちになれる、感動のストーリー

・号泣もの

・幅広い世代に支持され、映像化が実現している作品

 

ベストセラーや有名な作品を中心に取り上げたので、ご存知の作品も多いかと思いますが、久々に読み直してみてはいかがでしょうか?

 

さだまさし『眉山』

書籍『眉山』表紙

眉山
さだまさし(著)、幻冬舎

東京で働く咲子は、故郷の徳島で一人暮らす母が末期癌で数ヶ月の命と告知される。徳島に滞在し、母を看取ろうと決心した矢先、咲子は母が自分に黙って「献体」を申し込んでいたことを知る。それはなぜなのか? やがて咲子は、まだ会ったことのない父の存在と、母の想いに辿り着く――。毅然と生きてきた女性の切なく苦しい愛が胸をうつ長篇小説。(表紙裏)

 

「神田のお龍」と呼ばれた、ちゃきちゃきの江戸っ子である母と、控えめでのびのびした娘の物語。

読んでいるうちにさまざまな疑問が湧いてきます。

東京出身の母が、どうして徳島で暮らしているのだろう? 咲子の父親はどこにいるんだろう? 母はなぜ「献体」を申し込んでいたのだろう?

謎が明かされていく過程に垣間見える母から子への愛情は、落涙もの。

末期癌に侵されながらも啖呵を切り、正義を貫き通す母・龍子。その生き様は圧巻です。
女性として、母として……信念を貫き通すその強さには、きっとパワーをもらえるはずですよ。

 

浅田次郎『天国までの百マイル』

書籍『天国までの百マイル』表紙

天国までの百マイル
浅田次郎(著)、講談社ほか

事業に失敗し愛する妻子とも別れたダメ中年の城所安男。重い心臓病を患う老母を乗せて天才心臓外科医がいるという病院までポンコツ車でひた走る。母、水商売のマリ、元妻……すべての人の思いとともに辿りついた先には切ない奇跡が待っていた。著者自らの経験を元に書かれたからこそ落涙必至、名作中の名作。(表紙裏)

 

「私の母が重度の狭心症を患い、大手術によって奇跡的に九死に一生を得たのは、7年前のことである。そのときの実体験をこんな物語にしてみた──。」

これは単行本に書かれた作者の言葉です。

一言で言うなれば、号泣必至の1冊。電車の中では読めません。

主人公が事業に失敗し、金銭的にも精神的にも苦しくなった時、助けてくれたのはお母さんだけでした。どんな時でも、子どもたちのことを一番に慮り、味方になってくれたお母さん。見返りを求めない母の愛が心に刺さります。

また、介護や安楽死についても考えさせられる1冊でもあります。

 

吉田康弘『バースデーカード』

書籍『バースデーカード』表紙

バースデーカード
吉田康弘(著)、KADOKAWA

引っ込み思案な小学3年生、紀子の母、芳恵が突然病に倒れた。芳恵は余命宣告を受けながらも、紀子の10才の誕生日に家族で出かけたピクニックで、毎年誕生日にバースデーカードを贈ると子どもたちに約束。そして1年後、父や弟と懸命に生きる紀子に、天国の芳恵からカードが届く……。20才になるまで1年に一度届く優しい母のメッセージに、時に笑い、怒り、涙しながら成長する紀子。世代を超え女性の胸を打つ母と娘の愛の物語。(表紙裏)

 

天国に旅立った母から届く、愛の手紙の物語。そばにいなくても伝わる母の愛をテーマにした作品です。

主人公のもとへ、11歳から20歳になるまで手紙が届くのですが、その内容が非常にユニークなんですね。良い意味で予想を裏切られるはず。

読む年齢や立場によって見方が大きく変わる作品とも言えます。私は、子どもの成長を見れずこの世を去ってしまう母の無念を思うと、さらに涙が止まりませんでした。

また、「お母さんの手紙に振り回されたくない!」と、バースデーカードを開封するのをためらう主人公の気持ちも理解できて……。

切なくもあたたかい作品を読みたい方は本書をおすすめします。

 

リリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

書籍『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』表紙

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
リリー・フランキー(著)、新潮社ほか

オカン。ボクの一番大切な人。ボクのために自分の人生を生きた人──。

四歳のときにオトンと別居、筑豊の小さな炭鉱町で、ボクとオカンは一緒に暮らした。やがてボクは上京し、東京でボロボロの日々。還暦を過ぎたオカンは、ひとりガンと闘っていた。「東京でまた一緒に住もうか?」。ボクが一番恐れていたことが、ぐるぐる近づいて来る──。大切な人との記憶、喪失の悲しみを綴った傑作。(表紙裏)

 

作者の実体験を基にしたベストセラー。第3回本屋大賞受賞作でもあります。

個人的な感想ではありますが、今までの読書体験の中で最も泣いた本かもしれません。

いつかやってくる「その時」。確実に訪れるその恐怖。誰もが必ず直面する「死」というテーマが等身大に描かれているため、自分の家族を思い浮かべずにはいられない作品です。

読み終わった後はきっと、自分の両親に電話をかけたくなるはず。

 

「この話は、かつて上京し、故郷に戻っていったボクの父親と、同じようにやって来て、帰る場所を失してしまったボクと、そして、そんな幻想を抱いたこともなかったのに東京に連れて来られて、帰ることもできず、東京タワーの麓で眠りについた、ボクの母親のちいさな話です」(帯)

これは、帯に書かれた紹介文ですが、変哲もない普通の親子が描かれているからこそ、自分と重ね合わせてしまうことでしょう。

 

母の日に読みたい小説たち

母の日

どの作品も号泣ものです。ぜひ母の日に読んでみてくださいね!

 

今回紹介した書籍

眉山
さだまさし(著)、幻冬舎

天国までの百マイル
浅田次郎(著)、講談社ほか

バースデーカード
吉田康弘(著)、KADOKAWA

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
リリー・フランキー(著)、新潮社ほか

 

こちらもおすすめ!

 

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。二児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。