ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 朝井リョウさんのおすすめ小説4選「斬新な着眼点」を持つ小説家

朝井リョウさんのおすすめ小説4選「斬新な着眼点」を持つ小説家


最年少で直木賞を受賞したことで知られる朝井リョウさん。

読者のみなさんは、朝井さんの作品を読んだことがあるでしょうか?

10代・20代ならではの焦燥感や葛藤、深層心理を描いた作風は、若者からは「共感できる!」、大人からは「懐かしい!」と絶賛され、幅広い世代から支持されています。

また、斬新な着眼点、どんでん返しが続くストーリー展開、「この文章は朝井さん」とすぐに分かる独特な文体など、朝井さんの作品の特徴は数多くあります。

読んでいるうちに止まらなくなる中毒性を備えていますよ。

 

自分の「外側」と「内側」のギャップとは……

20170919-asai-ryo-novel1

『桐島、部活やめるってよ』
集英社

田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が、理由も告げずに突然部活をやめた。そこから、周囲の高校生たちの学校生活に小さな波紋が広がっていく。バレー部の補欠・風助、ブラスバンド部・亜矢、映画部・涼也、ソフト部・実果、野球部ユーレイ部員・宏樹。部活も校内での立場も全く違う5人それぞれに起こった変化とは…?瑞々しい筆致で描かれる、17歳のリアルな青春群像。(表紙裏)

第22回小説すばる新人賞受賞作。

朝井さんの作品を初めて読む方には、まずこの作品をおすすめします。朝井さんの瑞々しく、それでいてリアリティに溢れた文体を堪能できます。

また、この作品の面白いところは、『桐島』が最後まで出てこないこと。桐島が部活をやめる、という話のはずなのに……。不在者が大きな役割を持つ、というのは、朝井さんの作風のひとつでもあります。

作中、学校内という閉鎖的な空間で、確実に存在するヒエラルキー。ですが、たとえヒエラルキーが下位だとしても、好きなことや好きなものがあれば生きていけるということ。深い余韻を残す一冊です。

 

就活大学生の自意識をリアルに描く

20170919-asai-ryo-novel2

『何者』
新潮社

就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから――。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて……。直木賞受賞作。(表紙裏)

直木賞受賞作。大学生の就職活動における心の動きをテーマにした作品です。

まず、面白いと思ったのが、巻頭に登場人物たちのTwitterアカウントのアイコン・自己紹介文が載っている点。

自分は人とは違う、自分はここで終わる人間じゃない、自分は特別な存在なんだ……。

SNS・ブログなどを通して、自意識や自己顕示欲を満たすこと。それはなんら珍しいことではありません。本書はそんな、「何者かになりたい」と、心の底では思っている人たちに読んでほしい作品です。

また、作中、SNSを駆使したいまどきの就職活動も出てきます。世代が違えども読んでいて面白いですよ。

アナザーストーリーの短編集として「何様」も発行されていますので、一緒に読んでみてくださいね。

 

アイドルとなった少女たちの等身大の生き方

20170919-asai-ryo-novel3

『武道館』
文藝春秋

筆者はアイドルを生み出す側にチャレンジした。それも文学の世界で・・・。

アイドルである限り、決して明かせない本心。そのすべてが、ここにはある。

なんたる野望。なんたるマニアック。なんたる妄想力。

(つんく♂/音楽家、エンターテインメントプロデューサー)(帯)

ハロー!プロジェクトを筆頭に、アイドルが好きなことでも知られる朝井さん。満を辞して放った作品です。

この作品は、アイドルになるまでのサクセスストーリーではありません。アイドルとしてのアイデンティティーに重きを置いています。

「人って、人の幸せな姿を見たいのか、不幸を見たいのか、どっちなんだろう」

「アイドルを応援してくれてる人って、多分、どっちもあるんだろうね」

このやり取りには衝撃を受けました。

恋愛禁止、スルースキル、炎上、特典商法、握手会、卒業など、現代のアイドルに即した内容が描かれているため、共感しながら読むことができるのではないでしょうか。斬新な切り口の作品です。

 

6人兄弟姉妹の織りなす家族の物語

20170919-asai-ryo-novel4

『星やどりの声』
KADOKAWA

東京ではない海の見える町で、喫茶店「星やどり」を営む早坂家。三男三女母ひとり。亡き父が残した名物のビーフシチューの香りに包まれた生活には、慎ましやかながらも確かな幸せがあった。しかし、常連客のおじいちゃんが店に姿を見せなくなった頃から、家族に少しずつ変化が。各々が葛藤を抱え息苦しくなる早坂家に、父が仕掛けた奇跡が降りそそぐとき、一家は家族を卒業する。著者が学生最後の夏に描いた、感動の物語。(表紙裏)

父を病気で亡くした6人兄弟姉妹、それぞれの目線にたった連作短編集。

朝井さんの作品としては珍しく、家族をテーマにした作品です。

家族みんなが大好きなお父さん。お父さんとの大切な記憶や思い出を胸に、一人一人の心が再生していく姿にはつい涙がこぼれてしまいます。

そして、待っているのは驚きの結末。ネタバレになるので多くは語りませんが、この伏線にはなかなか気づけないでしょう。

こんなに涙が出たのはいつぶりかと思うぐらい涙しました。朝井さんの描く小説の中で、最も泣ける作品だと個人的に思います。

 

朝井さんの作品を読んでみては?

20170919-asai-ryo-novel5

いまどきの若者を、新鮮な見方で捉える朝井さんの作品たち。現代の鏡として、ぜひお手に取ってみてください。


今回ご紹介した書籍

朝井リョウ(著)
桐島、部活やめるってよ』集英社
何者』新潮社
武道館』文藝春秋
星やどりの声』KADOKAWA


 

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。