ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 大人の読者にこそ読んでほしい!「家族について考えさせられる本」5選

大人の読者にこそ読んでほしい!「家族について考えさせられる本」5選


今回のテーマは「家族について考えさせられる本」。

・家族をテーマにしている
・家族について考えさせられる
・ほっこり、温かい気持ちになれる

そんな本を選びました。

普段意識することのない「家族」について、思いを馳せてみるのはいかがでしょう?
年齢や環境によって見え方が変わってきますよ。

 

複雑な家庭環境をコミカルに描いた作品
『幸福な食卓』

『幸福な食卓』表紙

幸福な食卓
瀬尾まいこ(著)、講談社

珠玉の才能が生んだありえない感動!
吉川英治文学新人賞受賞作
満場一致で決定!全選考委員が絶賛!
「ドラマ作りの名手によるパーフェクトな小説」(浅田次郎氏)
「一頁ごとに『或る重み』が伝わってきた。大変な才能である」(伊集院静氏)
「自分の子供に読ませたいと強く思った」(大沢在昌氏)
「物書きとしての勇気を感じさせる。すばらしい」(高橋克彦氏)
「主人公の内面の変化に胸打たれる。泣きました」(宮部みゆき氏)
(文庫版 帯より)

『父さんは、今日で父さんをやめようと思う』という衝撃的な一言から始まる作品。

中学校の教師である父が教師を辞めると言いだし、母親は家出中、天才と呼ばれたお兄さんは進学を辞め、主人公の佐和子は、父親が自殺未遂をした現場に居合わせその記憶に苦しんでいます。

このような家庭環境だと暗い話だと思われがちですが、あたたかくコミカルなストーリーです。

苦しい何かが起こった時に、そばにいてくれるのはやはり家族。お互いの闇に触れず、責めず、ゆるやかに家族が再生していく姿を描いた良作です。

 

”フツー”の家族ってなんだろう
『ウェルカム・ホーム!』

『ウェルカム・ホーム!』表紙

ウェルカム・ホーム!
鷺沢萠(著)、新潮社

いちばん大事なのは、お帰りって声をかけてくれる人がいること。親友の父子家庭宅に居候しながら家事と子育てに奮闘する元シェフ渡辺毅と、再婚にも失敗し前夫の連れ娘と引き離されたキャリアウーマン児島律子。それぞれの「ウェルカム・ホーム」をさがすふたつの物語に優しい涙がとめどなくあふれる。まるで神さまからのギフトのような慈愛に満ちたサギサワの最高傑作!(文庫版 表紙裏)

早世の作家、鷺沢萠さんによる中編集。(2編収録されています)

「僕の家にはお父さんがふたりいる」
親友の子ども・憲弘が書いた作文に衝撃を受ける毅。
「お父さんはサラリーマンだが、タケパパは家にいて、ごはんを作ったりそうじをしたり洗たくをしたりしている」という文章を読んで、妻の役割を果たしている自分に違和感を感じるようになります。(ちなみに、毅と親友の英弘は、カップルではありません)

いわゆる”フツー”ではない家庭のお話ですが、そもそも家族の形に決まりなどあるのでしょうか? 家族に対する視野を拡げる意味ではおすすめの1冊です。

 

笑顔になれる短編集
『家日和』

『家日和』表紙

家日和
奥田英朗(著)、集英社

会社が突然倒産し、いきなり主夫になってしまったサラリーマン。内職先の若い担当を意識し始めた途端、変な夢を見るようになった主婦。急にロハスに凝り始めた妻と隣人たちに困惑する作家などなど。日々の暮らしの中、ちょっとした瞬間に、少しだけ心を揺るがす「明るい隙間」を感じた人たちは……。今そこに、あなたのそばにある、現代の家族の肖像をやさしくあったかい筆致で描く傑作短編集。(文庫版 表紙裏)

家庭内の“明るい隙間”を描いた短編集。(6編収録されています)

なかでも、ネットオークションを初めて利用した主婦を描いた「サニーデイ」は、現実にありそうな設定。
家で使わなくなったものを出した主人公が、買い手に「非常に良い」と評価され、久々に褒められたことの嬉しさから出品するものを求めるようになります。

サクッと読めて笑える家族の物語を読みたい時はこの作品をおすすめします。

 

実際に起こりそうな「家族あるある」短編集
『家族シアター』

『家族シアター』表紙

家族シアター
辻村深月(著)、講談社

お父さんも、お母さんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、娘も、息子も、お姉ちゃんも、弟も、妹も、孫だってーー。
ぶつかり合うのは、近いから。ややこしくも愛おしい、すべての「わが家」の物語。
ありふれた日常だからこそ、ドラマはあなたの傍にある。(帯より)

すべての家に事件あり。一味違う短編集。(7編収録されています)

同じ中学校に通う姉は、「真面目な子」。褒め言葉のようだけど、実際は「イケてない」ことの裏返し。
こんな風には絶対になりたくない――だけど、気にせずにはいられない妹を描いた一話目の『「妹」という祝福』を筆頭に、現実にありそうな設定ばかり。

あるある! と共感しながら読むことができる作品ですよ。

 

涙なしには読めない!
『とんび』

『とんび』表紙

とんび
重松清(著)、角川書店

昭和三十七年、ヤスさんは生涯最高の喜びに包まれていた。愛妻の美佐子さんとのあいだに待望の長男アキラが誕生し、家族三人の幸せを噛みしめる日々。しかしその団らんは、突然の悲劇によって奪われてしまう――。アキラへの愛あまって、時に暴走し時に途方に暮れるヤスさん。我が子の幸せだけをひたむきに願い続けた不器用な父親の姿を通して、いつの世も変わることのない不滅の情を描く。魂ふるえる、父と息子の物語。(文庫版 表紙裏)

泣ける小説として多くの人に愛される1冊。ドラマ化もされており、号泣必至です。

描かれるのは昭和の古き良き時代。不器用な父と聡明な息子が街の人たちと共に成長していきます。

「今日一日が幸せじゃった思えるような毎日を送りんさい。明日が来るんを楽しみにできるような生き方をしんさい。親が子供に思うことは、みんな同じじゃ、それだけなんじゃ」という言葉にはつい涙が出ます……。

個人的には最も泣ける家族小説。泣いてデトックスしたい方はぜひ。

 

本を読んで家族について考える

「家族について考えさせられる本」を読むと、家族を大切にしなくちゃいけないと思うようになります。大人の読者にこそ読んでほしいですね。

【おすすめ記事】おすすめ「家族」がテーマの感動小説

 

切ない気持ち、悲しい気持ち、心温まる感動など、さまざまな感動小説を一挙ご紹介します!