ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 理想の恋愛を「体感」できる!純愛を描く恋愛小説4選

理想の恋愛を「体感」できる!純愛を描く恋愛小説4選


risou-renaisyosetsu-top

唐突ですが、読者のみなさんにとっての「理想の恋愛」はどのようなものでしょうか。

男女の差や年齢、既婚かどうかでも変わってくると思いますし、お好みのシチュエーションは人によって違うと思います。

私にとっての「理想の恋愛」は、一言で言うと純愛です。お互いが運命の相手だと確信し合い、必要としている恋愛です。

純愛というと、この頃の映画化ブームの影響もあり、中高生や20代の若者がクローズアップされがちですが……幾つになっても、結婚してからも、愛し愛されて生きる二人が理想なのです。なお、純愛だとしても不倫というシチュエーションは対象外です。

今回は、純愛を描いた作品でありつつ
・読んだ後に幸せな気持ちになれる一冊
・こんな夫婦になりたいな、と感じさせられる一冊
を軸に、4作品を紹介したいと思います。

 

幸せな気持ちになれる恋愛結婚小説
『チューイングガム』

risou-renaisyosetsu-chewinggum

『チューイングガム』
山田詠美(著),角川文庫

ココとルーファス。出会うまでのふたりは、決して幸福ではなかった。けれど、陽灼けを唯一のアクセサリーにクラブを訪ねたココは、そこでルーファスに出会う。たちまちココの心は、彼の瞳で綺麗な色に染められる。お喋りのルールは、尊重し理解し合うこと。結婚までのすべての恋愛の出来事を自らの体験をもとに描く、恋愛“結婚”小説。(商品紹介より)

恋愛小説家として名高い山田詠美さんの私小説。山田さんの結婚に合わせて書かれた小説ということもあり、読んでいるだけで幸せな気持ちになれる甘々恋愛小説です。
相手が笑顔でいられるように、とお互いが思い合うココとルーファスの姿には心を打たれる人も多いのではないでしょうか。

結婚というとついマイナス面が取り上げられがちですが、本来は愛し合う二人が結ばれた幸せな形なんですよね。
この小説を読んで結婚したいと思うようになった!という読者もいるぐらい、結婚に対する価値観が変わるスウィートな一冊です。

 

とびきりロマンチックな輪廻転生ストーリー
『ライオンハート』

risou-renaisyosetsu-lionheart

『ライオンハート』
恩田陸(著),新潮文庫

いつもあなたを見つける度に、ああ、あなたに会えて良かったと思うの。会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ……。17世紀のロンドン、19世紀のシェルブール、20世紀のパナマ、フロリダ。時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会う。結ばれることはない関係だけど、深く愛し合って――。神のおぼしめしなのか、気紛れなのか。切なくも心暖まる、異色のラブストーリー。(表紙裏より)

先日直木賞を受賞された恩田陸さんの作品。恩田さんの作品のなかでもとびきりロマンティックな恋愛小説です。
テーマは輪廻転生。エリザベスとエドワード、二人の魂は、生まれる前から死んだ後までお互いを求め合ってはさまよいます。離れた瞬間から、会う瞬間を待ち続けている二人。深く愛し合う二人の魂。しかし、決して結ばれることはない運命……。

巡り巡る時代のなか、『お互いに出会うために生きてきた』二人の愛は、悲しくも美しく、深いです。そのような運命の相手に出会うことができた二人は、幸せなのかもしれませんね。

 

夫婦愛の最高傑作
『そうか、もう君はいないのか』

risou-renaisyosetsu-soukamoukimihainoka

『そうか、もう君はいないのか』
城山三郎(著),新潮文庫

癌とわかった妻。私は言葉が出なかった。
かわりに両腕をひろげ、その中へ飛びこんできた容子を抱きしめた。
「大丈夫だ、大丈夫。おれがついてる」

母が逝ってから、父は半身を削がれたまま生きていた。(次女・紀子)
夫婦の絆と、かけがえのない家族の物語。

数多くの経済小説・歴史小説を世に出してきた城山三郎さんの手記。
夫婦愛を描いた作品の最高傑作だと個人的には思っています。

奥様である容子さんの死を受け入れられず、つい話しかけようとして、「そうか、もう君はいないのか」と我に返る城山さんの姿には涙が止まりませんでした。

容子さんが亡くなって7年後、城山さんは亡くなりますが、最期の瞬間「ママは?」と容子さんの姿を探したのだといいます。
人を愛することの素晴らしさと喜びを改めて教えられる一冊であり、私も、そのような夫婦関係を築いていけたらいいなと思いながらこの本を読んでいます。

 

ベストセラーになった秘密は本の中に…
『きみに読む物語』

risou-renaisyosetsu-kiminiyomu

『きみに読む物語』
ニコラス・パークス(著)
アーティストハウスパブリッシャーズ

あなたは、ひとりの人をここまで愛することができますか?
わたしはありふれた男だ。
でも、全身全霊を傾けて愛する女性がいる。
いつでも、それだけで十分だった。
全米450万部のベストセラー『奇跡の純愛小説』(帯より)

アメリカでベストセラーとなった恋愛小説。2004年に映画化され、今でも多くのファンを魅了しています。
老人ホームにて、認知症の老婦人が、初老の男性に物語を読んでもらっているシーンからはじまるこの小説。その物語には、令嬢アリーと、貧しい青年ノアの身分違いの恋が描かれており……?

身分違いの恋を描いた作品というのは珍しくありません。なのに、なぜここまでベストセラーになったのでしょうか?その秘密は読んで確かめてみてください。結末には涙してしまうことでしょう。
見返りを求めない無償の愛がここにあります。

 

理想の恋愛を味わって

個人的ではありますが「理想の恋愛」を体感できる本を紹介してきました。
ぜひ純愛の世界に浸ってみてくださいね。

この記事でご紹介した書籍
■『チューイングガム』 山田詠美(著),角川文庫
■『ライオンハート』 恩田陸(著),新潮文庫
■『そうか、もう君はいないのか』 城山三郎(著),新潮文庫
■『きみに読む物語』 ニコラス・パークス(著),アーティストハウスパブリッシャーズ

恋愛小説が読みたいと思っても、「今こういう恋愛小説読みたい気分なの!」という気持ちにフィットする小説は、なかなか探しにくかったりしますよね。
下記の特集では、恋愛小説好きの方も納得できる“100冊”をピックアップしています。さまざまな恋愛模様におもわず恋愛がしたくなるような小説ばかり。ぜひ100冊の中からあなたの1冊を見つけてみてください。

また「恋愛小説好きが読んでおきたいおすすめ小説10選」で探してみるのもひとつの手です。
あなたの「今」にぴったりの恋愛小説が見つかりますように♪

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。