ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 恐怖がクセになる!?おすすめの「悪役がスゴすぎる小説」

恐怖がクセになる!?おすすめの「悪役がスゴすぎる小説」


20170501-akuyaku8

まず最初にお断りしておきます。今回ご紹介するのは『悪役が際立っている作品』。
常人には理解できない史上最恐の主人公が登場する作品ばかりなので、グロテスクで残忍な表現が多く、読後感も最悪です。残虐な表現に耐性がない方にはオススメしません。

ですが、勇気があるならぜひチャレンジしていただきたいと思います。
今回紹介する作品は、叙述トリックや想定外のオチに秀でた作品でもあり、『驚愕の展開』はクセになりますよ。

もし怖いもの見たさに読んでみたい!という方がいらっしゃったら……ぜひコンディションが良いときに読んでみてください。
ネタバレにはご注意を……。

 

殺害した美少女の首に…
「ハサミ男」

20170501-auyaku1

『ハサミ男』
殊能将之(著)、講談社文庫

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。

三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作!(表紙裏より)

豊川悦司さん・麻生久美子さん主演で映画化された作品。

いわゆる「叙述トリック」が有名なこの作品。どんでん返しとひねりのあるトリックには思わず感心してしまうことでしょう。

殺害した美少女の首にハサミを突き立てる『ハサミ男』を想像すると恐ろしいですね…。
他の作品に比べてグロテスク要素は少ないので、ミステリ好きの方にも楽しんでいただけるはずです。

 

叙述トリックの最高峰といわれる作品
「殺戮にいたる病」

20170501-akuyaku2

『殺戮にいたる病』
我孫子武丸(著)、講談社文庫

永遠の愛をつかみたいと男は願った―東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。
犯人の名前は、蒲生稔!繰り返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。(表紙裏より)

ゲーム『かまいたちの夜』の脚本家として、有名な我孫子武丸さん。
こちらの作品も「叙述トリック」が有名な作品です。ミステリ好きからは「叙述トリックの最高峰」という声も。

猟奇殺人者である主人公目線に立った描写は、耐性がないと読み続けることができないほど残酷です。ですが、読み始めたならぜひ最後まで読んでほしいと思います。
オチとなるトリックを知った時のあの驚きは、滅多に味わうことができないからです。

 

人気教師の正体、驚愕のラストとは…!
「悪の教典」

20170501-akuyaku5

悪の教典(上下巻)
貴志祐介(著)、文春文庫

うちの学校には、怪物がいる。

学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼は高いIQと好青年の貌を持っていた。
ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。(帯より)

2012年、三池崇史監督によって映画化された作品。主演の伊藤英明さんの不気味な笑みが印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

主人公の蓮実聖司は、生徒からだけでなく職員やPTAからも信頼の厚い人気英語教諭。しかしその正体はサイコパス(反社会性人格障害)。邪魔者は容赦無く殺害するサイコキラーだったのです。
最後にはあっと驚く結末が待ち構えていますよ。

 

 心の準備をしてから読むべし!
「ミサイルマン」

20170501-akuyaku6

『ミサイルマン』
平山夢明(著)、光文社文庫

宮部みゆき氏轟沈!「不用意に読んで2時間寝込みました。異形のマエストロ、凄すぎ。」
「聖と俗、惨酷と哀愁のアクロバット。これぞ、平山大サーカス!」――香山二三郎
「病的に乾いた笑いと、破けた糞袋…現代最狂ハードボイルド作家の放つ異臭を嗅げ!」 ――中原昌也(帯より)

ホラー・怪談小説の第一人者である、平山夢明さんの短編集。
読んでいるだけで痛みが伝わってくるようなグロテスクな表現が特徴です。

なかでも『枷(コード)』は本当に怖いです。
死ぬ間際に見せる『顕現』をコレクションするために、女性を監禁・拷問・殺害する主人公。数々の拷問シーンは、痛みが伝わってくるような生々しさがあり、思わず途中で本を閉じてしまったほどです。

 

彼女はなぜ殺人鬼になったのか?
「殺人鬼フジコの衝動」

20170501-akuyaku7

『殺人鬼フジコの衝動』
真梨幸子(著)、徳間文庫

一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして新たな人生を歩み始めた十一歳の少女。だが彼女の人生はいつしか狂い始めた。「人生は、薔薇色のお菓子のよう」。呟きながら、またひとり彼女は殺す。何がいたいけな少女を伝説の殺人鬼にしてしまったのか?精緻に織り上げられた謎のタペストリ。最後の一行を読んだ時、あなたは著者が仕掛けたたくらみに戦慄し、その哀しみに慟哭する…!(表紙裏より)

50万部を超えるベストセラーとなった作品。尾野真千子さん主演でドラマ化もされています。

殺人鬼フジコの一生が描かれたこの作品。
目的を果たすためなら手段を選ばないフジコ。衝動的に殺人を重ねる姿は人間離れしていて、悪役というよりもはや非人間…といっても過言ではありません。

他の作品に比べてグロテスクな表現は少ないものの、目を背けたくなるような不気味さが漂う小説です。

 

史上最恐の主人公たちを集めましたので…

今回ご紹介した作品は残虐で恐ろしい小説ばかり。
宮部みゆきさんのように寝込まないためにも、体調を万全にして読んでくださいね。

 

この記事でご紹介した書籍
■『ハサミ男』 殊能将之(著)、講談社文庫
■『殺戮にいたる病』 我孫子武丸(著)、講談社文庫
■『悪の教典』 貴志祐介(著)、文春文庫
■『ミサイルマン』 平山夢明(著)、光文社文庫
■『殺人鬼フジコの衝動』 真梨幸子(著)、徳間文庫

⇒後味が最高に悪い。絶望だけが残る「厭な物語」はこちら

 

「怖いって言われるほど読みたくなる…!」
「足りない!もっとたくさん怖い本が読みたい!」
そんなあなたにおすすめの特集が、実はあるんです…。

 

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。