ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 本屋大賞歴代受賞作のおすすめ5選

本屋大賞歴代受賞作のおすすめ5選


honyataisyou-osusume

「全国書店員が選んだいちばん!売りたい本」(本屋大賞公式サイトより)である本屋大賞が創設されたのは、2004年。以来10年以上も話題作を生み出してきた本屋大賞の歴代大賞受賞作から、筆者おすすめの5作品をご紹介します!

 

東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』

honyataisyou-osusume6謎解きはディナーのあとで
東川篤哉(小学館文庫)

世界に君臨する「宝生グループ」の総帥を父に持つ宝生麗子の職業は、所轄の刑事です。上司である風祭の迷警部ぶりにもかかわらず次々と難事件を解決できるのは、麗子が宝生家の執事・影山に謎解きのヒントをもらっているからでした。

普段は従順な執事である影山は、麗子に事件の相談をされるたびに、麗子に向かって「アホ」、「目が節穴」などと暴言を吐きます。そんな影山の毒舌が毎話楽しみになる、短編集仕立てのユーモア・ミステリーです。

謎解きはディナーのあとで(小学館文庫版)セット

 

小川洋子『博士の愛した数式』

honyataisyou-osusume7
博士の愛した数式
小川洋子(新潮文庫)

本屋大賞が創設された年の初大賞作で、80分しか記憶がもたない元数学の教授「博士」と、家政婦親子の交流の物語です。

新しく派遣された家政婦の「私」は、自分の存在を翌日まで覚えていられない博士に、毎日自己紹介をします。やがて、私に10歳の息子がいることを知った博士の計らいで、息子と私は博士の家で家族のように過ごすことになります。「ルート」という愛称を付けられた息子と私は、数学の話ばかりする博士を慕い、短くも幸せな時間が流れていくのです。

 

伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』

honyataisyou-osusume8ゴールデンスランバー
伊坂幸太郎(新潮文庫)

首相が爆殺され、青柳雅春は犯人に仕立て上げられ殺されそうになりますが、学生時代の友人・森田森吾に助けられ逃走します。人の良い青柳が、やっと「普通じゃない」事態を飲み込んだのは、警察官が青柳を狙って打った弾が無関係の人間にあたった時でした。両親や友人、元恋人や勤務先の同僚、そのほか逃避行の間に出会った人々が、青柳の無実を信じ助けようとして動きます。

冷徹な権力者たちの包囲網VS一般庶民のネットワーク、最後に勝つのはどちらでしょうか。

 

三浦しをん『舟を編む』

honyataisyou-osusume9舟を編む
三浦しをん(光文社文庫)

玄武書房に勤務する馬締光也は、定年間近の荒木にスカウトされて営業部から辞書編集部に引きぬかれます。馬締は、人生を辞書編集に捧げている松本先生や荒木、西岡ら編集部員と「大渡海」という辞書作り(舟を編むこと)に取り組むのです。

不器用な馬締とチャラ男の西岡が、お互いの良さを認めて絆を強くしていく様子や、西岡も応援する馬締の恋がおかしくも楽しく読めます。一見軽薄な西岡が複雑な思いを抱えながらも馬締を助け、後に加わる岸辺の尽力もあり、15年近くの歳月を経て大渡海は完成しますが……。

 

恩田陸『夜のピクニック』

honyataisyou-osusume10夜のピクニック
恩田陸(新潮文庫)

貴子が通う北高では、夜通し80キロ歩く「歩行祭」という伝統行事があり、貴子はこの行事で、あることを実行しようと決めています。貴子には、入学以来ずっと気になっている男子・西脇融がいて、3年になって初めておなじクラスになりました。貴子と融は実は異母兄弟で、融の父親が貴子の母親と浮気をしていて、そこでできた子どもが貴子なのでした。

貴子は、顔も知らない父親の葬儀で融から睨みつけられたことが忘れられず、2人はお互いに無関心を装って過ごしてきたのです。このまま、なんの接点もなく卒業するかに見えた2人でしたが、歩行祭で転機が訪れます。

 

全国の書店員がお薦めする「本屋大賞」

書店という、実際に本が売れていく現場に毎日立ち会っている書店員のイチオシの本が、面白くないわけがありません。今回ご紹介した作品は、2017年現在全てが文庫化されていますので、忙しい方も、通勤電車の中などでぜひ読んでみてください。ちなみに、「舟を編む」については、出版社の心意気が伝わる単行本の装丁も必見です。

 


【歴代の本屋大賞受賞作はこちらでチェック!】
大賞だけでなく、ノミネート作品も良作がそろってます。