ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 東野圭吾の泣ける・感動する小説おすすめ5選

東野圭吾の泣ける・感動する小説おすすめ5選


20160831-higashinokeigo-nakerushousetsu-t

東野圭吾さんはミステリー作家というイメージが強いですが、実際には謎解きやトリックの無い、人間ドラマを描いた小説も多く執筆されています。

東野さんのミステリー作品や人間ドラマ作品から、泣ける・感動できる作品のおすすめ小説ベスト5を刊行順にご紹介します。

 

手紙』(2003年)

20170512-tegami1

手紙
文春文庫

逮捕された犯人と残された家族の交流と、家族が困難を乗り越えていく姿を描いた作品です。

兄の剛志が裕福な老人の家で強盗殺人に及んだのは、二人暮らしの弟・直貴を大学に行かせたい一心でした。獄中で罪を償う兄にとって弟との手紙のやりとりが唯一の生きがいになりますが、弟の人生は犯罪者の兄が障害となり苦労の連続です。それでも、自分のためを思って犯罪に手を染めてしまった兄を捨てることが、弟にはできません。そんな弟が最後に下す決断とは――。

家族の複雑な愛情を描いた内容に引き込まれます。

 

容疑者Xの献身』(2006年)

20160831-higashinokeigo-nakerushousetsu6

容疑者Xの献身
文春文庫

ガリレオシリーズの3作目は、ガリレオこと物理学の助教授・湯川の大学時代の友人である天才数学者・石神の恋と献身の物語。

石神が好意を抱いている、アパートの隣の住人・花岡靖子と娘は、ある日靖子の前夫を殺してしまいます。石神は、花岡母娘を守るため、死体の処理や鉄壁のアリバイづくりに協力を申し出るのです。湯川は石神のアパートを訪れ、2人は旧交を温めますが、湯川は次第に石神を疑うようになります。やはり大学時代からの友人である草薙刑事とともに事件の謎を解き明かした湯川が、断腸の思いでとった行動とは?

最終章で、石神がなぜ花岡母娘を守ろうとしたかが分かり泣けます。

 

聖女の救済』(2008年)

20160831-higashinokeigo-nakerushousetsu7

聖女の救済
文春文庫

こちらもガリレオシリーズの5作目で、今度は湯川が草薙刑事の恋を見守る物語です。

パッチワーク作家で草薙が恋する聖女でもある真柴綾音は、事件の被害者である夫・真柴義孝と結婚する時に、ある約束をしていました。あくまでも約束どおりに行動しようとする義孝と、義孝がそうしないことを1年ものあいだ願っていた綾音。
その結果、義孝は毒殺され、捜査を始めた草薙は綾音に強く惹かれる自分に動揺します。湯川は、草薙の気持ちを知りながらも真実を追究し、ついに真相にたどり着きます。

最後にわかる作品タイトルの意味に、思わず「えーっ」と叫びたくなるかもしれません。

 

真夏の方程式』(2011年)

20160831-higashinokeigo-nakerushousetsu8

真夏の方程式
文春文庫

ガリレオシリーズの6作目は、いつもクールな理系人間・湯川の温かな真情が胸を打つ感動作。

「子どもは論理的でないから嫌い」な湯川と、たまたま出会った小学5年生の柄崎恭平の掛け合いが楽しめます。恭平の伯父が経営する旅館で宿泊客が死に、初めは単純に見えた死が、実は過去の事件と深いつながりがあることがわかってきます。湯川は、「ある人物の人生がねじ曲げられるおそれがある」と言って捜査に加わりますが、ある人物とは一体誰なのか――?

「探偵ガリレオ」シリーズ(文庫版)セットはこちら

 

麒麟の翼』(2011年)

20160831-higashinokeigo-nakerushousetsu9

麒麟の翼
講談社文庫

加賀恭一郎シリーズの9作目は、息子と正面から向き合う勇気の無い父と、何か悩みのある息子の物語。

父・青柳武明はある夜、何者かに刺された後、8分も歩いて麒麟の翼像の前にたどり着き、力尽きます。
誰が武明を刺したのか。武明はなぜ麒麟の翼像まで行ったのか。加賀が鋭い洞察力を働かせ、父の最後の思いは息子・青柳悠人に伝えられることとなる。

加賀恭一郎シリーズ(文庫版)はこちら

 

おわりに

不器用ながらも懸命に生きる人々が描かれた東野圭吾さんの「泣ける・感動する」長編を、5つご紹介しました。

まだ読んだことのない人は、大きめのハンカチを用意してから、誰もいないところでこっそりと読み始めることをおすすめします。

⇒「東野圭吾」作品についてもっと知りたい方はこちら

デビュー作から最新作まで!
東野圭吾さんの作品をすべて網羅したい方にはこちらの特集がおすすめです。