ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 切なすぎる…。東野圭吾のおすすめ恋愛小説4選

切なすぎる…。東野圭吾のおすすめ恋愛小説4選


20160810-higashinokeigo-renaishousetsu-t

ベストセラー作家の東野圭吾氏。東野作品というと、ミステリー小説のイメージが強いですよね。
実は、恋愛や性に重きを置いた小説も多々執筆されているんです!

今回は、東野作品の中でも特に「恋愛・性」を描いた小説を4作品紹介します。

 

身体は娘、心は妻。

20160810

秘密
文春文庫

~あらすじ~

主人公の平介(39歳)は、妻・直子(36歳)と娘・藻奈美(11歳)と幸せな日々を送っていましたが、2人が乗っていたスキーバスが崖から転落し直子は死亡します。しかし、直子の葬儀の夜、意識を取り戻した藻奈美の身体に宿っていたのは、直子でした…。

そうして、平介と、娘の身体を持った「直子」の暮らしがはじまるのですが…。


【読みどころ】

身体は娘、心は妻。あなただったら、どのように接するでしょうか。
中身は愛している妻なのに、身体は小学生なのです。今まで直子と出来ていたことも出来なくなり、関係性も変わってきます。

また、本作は小学生の頃から大人になるまでの直子が描かれているのですが、直子が青春を謳歌する様子に苦悩する平介。平介の心の葛藤がとにかく切ないです。

本書は平介目線でしか描かれていないため、直子の行動や隠された感情は読者が推測するしかなく、色んな解釈ができるのも面白いですね。

東野氏がブレイクするキッカケになった出世作と言われている一冊です。

 

「男女の性」がテーマの作品

20160810-1

片想い
文春文庫

~あらすじ~

年に一度開かれる、帝都大アメリカンフットボール部の同窓会の帰り道、主人公の哲郎は女子マネージャーだった美月と再会します。美月の化粧はボロボロ、また喋ろうとせず筆談を促すなど、様子がおかしい。結果、哲郎の家で美月の話を聞くことになりますが、次から次へと出てくる衝撃の事実は、大きな事件へとつながり…。


【読みどころ】

トランスジェンダーやインターセックスといった「男女の性」がテーマとなっている本作。

東野氏は問いかけます。完全な「男」や「女」などいないのではないか?ある部分は男性的だけど、別の部分は女性的というのが、普通の人間なのではないか?と。
そう、きっとあなたの中にも異性の部分があるはず。

本書は、生まれながら持っている肉体としての性と、各々の心の中に隠された精神的な性。両者について考えさせられる作品となっています。

また、1998年に発売されたSMAPの『夜空のムコウ』から本書の着想を得たと、東野氏はインタビューで発言しています。歌詞と照らし合わせて読むとより楽しめるのではないでしょうか。

 

この恋は、甘い地獄

20160810-2

夜明けの街で
角川文庫

~あらすじ~

主人公の渡部は、2歳下の妻と幼稚園児の娘がいる30代後半のサラリーマン。
ある日、会社に「和風美人タイプの整った顔立ち」の女性・秋葉が派遣社員としてやってきます。あることをきっかけに二人は不倫関係となりますが、逢瀬を続けるうちに、15年前に起きたとある殺人事件の犯人は秋葉であると、渡部は考えるようになって……。


【読みどころ】

「不倫する奴なんて、馬鹿だ」と強く思っていたにもかかわらず、久々に感じるときめきの気持ちに新鮮さを感じ、不倫にハマっていく主人公。
その状態はまさしく、帯に書かれたキャッチフレーズ「この恋は、甘い地獄」です。

主人公の心理描写や夫婦論には妙にリアリティがあり、不倫を経験したことがない人でも、いつの間にか感情移入してしまっている自分に驚くことでしょう。

もちろん、ただのラブロマンスでは終わりません。ミステリー要素もふんだんに盛り込まれており、結末はどんでん返しが待っています。

なお、本書は、1998年に発売されたサザンオールスターズの『LOVE AFFAIR ~秘密のデート~』に感化されて書いた作品とのこと。ところどころ歌詞に沿った話が織り交ぜられているなど、面白い仕掛けが満載の一冊です。

 

友情と愛情、どちらをとるか…

2015

パラレルワールド・ラブストーリー
講談社文庫

~あらすじ~

主人公の敦賀が通学時に使う山手線は、ある区間だけ京浜東北線と並走します。その一瞬の時間だけ、京浜東北線の車両内に見える美しい女性。敦賀は女性に声をかけようと京浜東北線に乗りますが、目にしたのは思いもがけない光景だった。

それから時が経ったある日、中学時代からの親友・三輪から、彼女の麻由子だと紹介されたのは、なんとその女性でした。動揺する敦賀でしたが、目を覚ますと隣でその女性が寝ていて……?


【読みどころ】

親友の恋人に恋をし、友情と恋愛の狭間で揺れ動く敦賀。あなただったら、友情と恋愛のどちらを取るでしょうか。ありがちな設定だと言う人がいるかもしれませんが、東野氏はこの難題に真っ向から対峙しています。
読み進めていくと切なくて切なくて気が重くなるほど……。

なお、パラレルワールドとは、SF小説によく出てくる概念で、現在自分がいる世界とは別に、もう一人の自分がいる世界があるということを指します。

本書は、二つの物語が交互に、1章、scene1、2章、scene2と展開していく構成となっています。
どちらが真実の世界なのか?ということを考えながら読み進めると面白いですよ。

 

東野圭吾の「恋愛小説」を読んでみよう!

いかがでしたか?

今回紹介した4作品は、どの作品もミステリーとしての展開を持ち合わせているので、従来の東野作品のテイストが好きな読者も面白く読んでいただけますよ。気になった方はぜひ読んでみてくださいね。

⇒「東野圭吾」についてもっと知りたい方はこちら

 

デビュー作から最新作まで。
ミステリー作品だけでなく、笑える作品やエッセイなど多数!

 

ライター

I.Megumi
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。