ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 小説(テーマ別) > 年末年始に読みたい「上下巻」のおすすめ小説

年末年始に読みたい「上下巻」のおすすめ小説


更新日:2019/11/12

年末年始に読みたい「上下巻」のおすすめ小説

こんにちは。
小説でも読みながら実家のコタツでゴロゴロ……なんていう年末年始を過ごしたい、と夢見ている筆者マツキです。

 

まとまった休みがあると、シリーズものの小説を一気読みしたい! とは思うのですが、なんだかんだバタバタして、長いシリーズものをガッツリ読むほど時間がない年末年始。
実際のところ、「上下巻」くらいがちょうどいいんですよね……。

ここでは、文庫上下巻で完結するおすすめ小説をピックアップしました。

読みごたえたっぷり! だけどシリーズものより長くない、そんな上下巻完結の小説。お出かけのお供にもちょうどいいですよ♪

 

奥田英朗『オリンピックの身代金』

『オリンピックの身代金』表紙

オリンピックの身代金
奥田英朗(著)、角川書店

昭和39年、東京オリンピック開催を控える東京で爆破事件と犯行声明が……?

輝かしい高度経済成長と、その陰で苦しむ人々の苦悩を描きます。スリリングな展開に手に汗を握りっぱなしです!
2020年の東京オリンピックまでにぜひぜひ読んでみてください。

 

池井戸潤『空飛ぶタイヤ』

『空飛ぶタイヤ』表紙

空飛ぶタイヤ
池井戸潤(著)、講談社

走行中のトレーラーのタイヤがはずれ、通りがかりの母子を直撃。その原因は整備不良? それとも……。

タイヤ脱落事故と大手自動車メーカーのリコール隠しがテーマの作品。池井戸潤さんの作品はハズレないですよね。星、5つですっっ!!

 

森絵都『DIVE!!』

『DIVE!!』表紙

DIVE!!
森絵都(著)、角川書店

わずか1.4秒ですべてが決まる飛び込み競技“ダイビング”。オリンピックの出場をかけ、少年たちのアツくてクールな闘いがはじまる!

飛び込むのも一瞬だけど、読むのも一瞬!? 青春小説とあなどるなかれ、1度は読んでみてください! おすすめです。

 

乃南アサ『風紋』

『風紋』表紙

風紋
乃南アサ(著)、双葉社

ごく普通の家庭であったはずの高浜家。ある日、いつものように出かけた母はそのまま帰らぬ人となった。
容疑者として逮捕されたのは長女の元担任教師で……?

被害者、加害者の家族をはじめ、さまざまな人の思いや心の葛藤をリアルに、そして哀しく表現しています。新年に読むにはちょっと重いですが……ぜひ!
続編の『晩鐘』も上下巻なのであわせてどうぞ。

 

百田尚樹『ボックス!』

『ボックス!』表紙

ボックス!
百田尚樹(著)、講談社

天才肌の鏑矢義平と、努力家の木樽優紀。性格が真逆な幼馴染2人の共通点は「ボクシングが好き」――。
2人は恵美寿高校ボクシング部に入部するが……。

『DIVE!!』と同様、青春スポーツ小説のイチオシ!
何かに一生懸命になるって素敵ですね。臨場感あふれる描写にハラハラドキドキしつつ、ちょっぴりホロリです。

 

辻村深月『スロウハイツの神様』

『スロウハイツの神様』表紙

スロウハイツの神様
辻村深月(著)、講談社

人気作家チヨダ・コーキが筆を折ってから10年経った。
「コーキの天使ちゃん」によって復活を遂げたコーキ。売れっ子脚本家の赤羽環がオーナーをつとめるアパート「スロウハイツ」で、若手のクリエーター(とその卵)達と共同生活をおくることに。
ある日、空室だった201号室に新たな住人がやってきて……。

伏線回収がとにかくうまい辻村深月さん。この作品ももちろん伏線が仕組まれていますよ~。

 

村上春樹『ノルウェイの森』

『ノルウェイの森』表紙

ノルウェイの森
村上春樹(著)、講談社

37歳の僕は、ハンブルク空港に到着した飛行機のBGMでビートルズの「ノルウェーの森」を聴き、激しい混乱を覚えた。そして18年前(1968年)の学生時代のことを回想する――。

限りない喪失と再生を描く究極の恋愛小説。
独特な雰囲気の村上春樹さん作品。一度ハマるとその世界から抜け出せなくなります。

 

村山由佳『ダブル・ファンタジー』

『ダブル・ファンタジー』表紙

ダブル・ファンタジー
村山由佳(著)、文藝春秋

夫の抑圧に苦しむ脚本家の奈津は、ついに家出を決意。自分をしばりつけるものがなくなり、解き放たれるが――。

奈津の心理を巧みに描いた、官能的な恋愛小説です。
自分の性に対する欲が強いことを知った奈津。尊敬していた演出家の志澤を頼るのですが……。

 

宮部みゆき『ぼんくら』

『ぼんくら』表紙

ぼんくら
宮部みゆき(著)、講談社

江戸、深川の鉄瓶長屋で、八百屋の太助が殺されたのをきっかけに次々と事件が――?

宮部みゆきさんの傑作時代ミステリー。出てくる登場人物のキャラクターに魅了されてサクサク読めます!

「ぼんくらシリーズ」作品一覧はこちら!

 

和田竜『のぼうの城』

『のぼうの城』表紙

のぼうの城
和田竜(著)、小学館

秀吉が、唯一落とせない城があった。
「浮城」と呼ばれた武州の忍城、城主は成田長親。領民から「のぼう様」と呼ばれるこの男は一体……?

映画も話題にとなった『のぼうの城』。痛快な本作は、史実と創造が織り交ぜられており、歴史が苦手な人にも読みやすいです!

 

すきま時間に「上下巻」完結小説を読もう!

気になる作品はありましたか? 年末年始にすることがない……そんなときは、ぜひ上下巻の小説を読んで過ごしてくださいね!

【おすすめ記事】「美しい言葉」を読む。コタツで読みたいおすすめ本