ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 趣味・実用 > 『5日間で「自分の考え」をつくる本』齋藤孝|自分の考えを言える大人に変わる時!

『5日間で「自分の考え」をつくる本』齋藤孝|自分の考えを言える大人に変わる時!


『5日間で「自分の考え」をつくる本』
齋藤孝(著)、PHP研究所

ある新聞記事を見せられ、「どう思う?」と尋ねられたとしよう。即座に気のきいた回答をする自信があるだろうか。

もちろん、「記事の内容による」という見方もあるだろう。予備知識のある分野なら答えやすいし、未知の分野なら言葉に詰まるかもしれない。

だが、「自分の考え」を持つべき現代人としては、それでは心許ない。対象が何であれ、とりあえず、「何かを見聞きしたら、何かを言える」という状態になることが求められる。(p18)

 

読者のみなさんは「君はどう思う?」に、一瞬で答える力をお持ちでしょうか。

ニュース、本や映画の感想、旬のテーマや事件といったさまざまな話題に対して、「自分の考え」をきちんと伝えることができるでしょうか。

もし、自信がない……という方がいらっしゃったら、この作品は非常におすすめです。なぜなら、本書は「大人の知的武装法」を身につけるために適した一冊だからです。

 

今すぐにでも試せる簡単な取り組み

この作品は、5つのステップで構成されています。

まず「自分の考え」をつくること。そして、最終的に「行動に移すこと」を目標に掲げています。

 

1日目:レビューで思考力を高める ~「自分の考え」をつくる基本レッスン

2日目:考えるワザを習得する基本キット ~思考パターンという武器

3日目:行動の習慣を変える ~言葉の力と発想力を鍛える

4日目:「自分の考え」を深める読書術 ~考えるための最も効率的な方法

5日目:意思決定が速くなる思考術 ~「現実」が大きく変わる力

(目次より)

 

本書の魅力は「今すぐにでも試せる簡単な取り組み」が何十個と書かれていること。体系立てて書かれているので、説得力や納得感も充分にあります。

また、わずか「5日間」で身につけることができるという、忙しい現代人への配慮もなされているのも魅力です。「5日間なんて無理だろう」と言わず、騙されたと思ってぜひ試していただきたいと思います。良いなと思ったことはどんどん行動に取り入れてみてください。

やる気さえあれば、本当に「5日間」で変わることができるような内容になっていますよ。

 

テレビ・ラジオで言葉のセンスを磨け

では、ネタバレにならない程度に「取り組み」を一つ紹介したいと思います。

「おもしろい」「うれしい」「楽しい」といった単純なコメントしか吐けないタレント等は使いにくい。

だいたいバラエティ番組の場合、放送時間の二倍ほどを収録して編集するのが常だ。放送されるのは、いわば競争で勝ち残った研ぎ澄まされた部分である。だとすれば、そこで放送されているコメントにはそれなりの意味があるといえるだろう。

では、どういうコメントが残るのかといえば、ここには大きく二つの要素がある。一つは文脈上の流れに乗っているもの。もう一つは、視聴者が感心したり、共感したり、あるいは何らかの気づきのヒントになるようなものだ。(p99~p101)

要は、「いつもと違った目線でテレビを見てみよう」ということです。

バラエティー番組で放送されているコメントは、競争で勝ち残ってきたコメントであるー。こういう観点でテレビを見ている方は少ないでしょう。

でも、テレビも使いよう。少し意識するだけで、自分の言葉のセンスを磨くことができるのです。どういう言葉が多くの人に“刺さる” ”ウケる”のか、それらを分析しながらテレビを見て、いいなとおもった言葉は使ってみる。

よく見てみると、「いいね」「かわいい」「素敵」「素晴らしい」といった単純な言葉はあまり放送されていません。誰でも言えるような言葉はテレビには不要なのです。どのあたりが素敵なのか、なぜ素敵なのか、それが大事なんですね。

心がけ次第で、娯楽の時間が、学びの時間へと変わっていく。それなら、無理なく続けられるのではないでしょうか?

 

なお、本書では、テレビだけでなくラジオもおすすめしています。ラジオの方が、話の内容も話し方も日常会話に近く、言語のセンスを研ぎ澄ますには最適とのこと。ラジオのパーソナリティーは、言語だけで視聴者と向き合っているので、言語センスが高い人のみが競争を勝ち残ってきているのです。

友人同士の会話にはないような、ハイレベルな言葉のやり取りを楽しめる=ラジオ、だと考えると、ラジオの聞き方も変わってくるでしょう。

 

小さな気づきがここにある

「テレビ・ラジオで言葉のセンスを磨け」はほんの一例ですが、このように、普段の暮らしの中に、自らの語彙力を高める手段はたくさんあるのです。自分ではなかなか気づけないような小さな気づきをあたえてくれる本。本書はそんな一冊です。

興味のある方はぜひご覧になってくださいね。

 


今回ご紹介した書籍

5日間で「自分の考え」をつくる本
齋藤孝(著)、PHP研究所


 

会話力はビジネスにも不可欠!会話力をつけたいあなたには、こちらの特集もおすすめです

ライター

飯田 萌
フリーランスのライター。一児のママ。出産前まではリクルートで結婚情報誌を担当。現在はWeb媒体にて書籍、音楽、育児など幅広く執筆中。影響を受けた作家は白石一文。趣味はスイーツを愉しむこととドラマ鑑賞。