ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 趣味・実用 > ちゃんと読んだことありますか?古くて新しい日本古典の世界

ちゃんと読んだことありますか?古くて新しい日本古典の世界


japan-classic-world名前やあらすじは知っていても読んだことがない、という作品は数ありますが、『竹取物語』や『源氏物語』といった日本の文学史に載っているような、日本の古典はその最たるものではないでしょうか。

アニメや映画といった二次作品を通じて日本の古典作品に触れられる現代にあって、決して読みやすいとはいえない昔の文章を読む必要はあるのか、という疑問はあることと思いますし、私もそう思っていました。しかし、古典作品を直接読むことではじめて得られる感覚、たとえば二次作品では失われてしまう作者の体温や、当時の文章のリズム感、が存在します。なによりも、現代にまで伝わっている作品の多くは、いま読んでも面白いものが多いです。自分の暮らしている時代の常識や感覚を抜け出して、まったく異なる時代の世界に遊びながら、ときたま出会う共通点を発見する、という経験は古典ならではです。

とはいえ、時代を遠く隔てた作品のこと、何から読んだらいいか、どう読んだらいいのか、と迷うことも多いはず。このコラムでは、日本の古典作品を楽しむための読書案内として、古典の読み方をレベル0~3に分けて紹介します。また、作品を読むための参考書や、読書のコツもあわせて紹介します。おすすめの選定基準は主に「手に入れやすいこと」と「読んで面白いこと」の2点です。

 

レベル0:とりあえず手元におきたいガイドブック

japan-classic-world0

何事もそうですが、新しいことにチャレンジする場合、まずは一通り準備期間が必要です。古典作品を読むにあたっては、文法やその時代の常識を知っておくとより楽しむことができます。

現代語訳で読む場合には文法は必要ありませんが、それでもなお「寝殿造り」や当時の結婚制度などを知らないと文脈やニュアンスが辿れずに「?」に陥りかねません。以下に、分野別のガイドブックを紹介します。


■全般:『古文研究法』小西甚一著

かつて大学受験用参考書として洛陽社から出版されており、2015年に受験用参考書としては異例のちくま学芸文庫入りを果たした一冊。著者の小西甚一氏は、能を中心にした比較文学研究で知られ、『日本文藝史』という大著を残したほか、語学に非常に堪能で、英語はもちろん中国語、フランス語、ドイツ語などを操り、一方で将棋の達人でもあるなど、多才な研究者でした。

『古文研究法』は古典文法、古典常識、文学史の三部構成。小西博士が次代を背負う日本の若者のために学位論文を書く気持ちで書き上げたという、気迫がこもった名著です。私も受験時代に線を引き引き読んだものでした。

⇒『古文研究法』小西甚一著(ちくま学芸文庫)


■古典常識:『平安朝の生活と文学』池田亀鑑著

1000年前の日本の社会を垣間見ることのできる一冊です。女性の暮らしという切り口から、当時の都の様子、貴族の服装、年中行事、冠婚葬祭、身の回りの道具、女性の地位など、実に様々なトピックが語られています。

通読するのも楽しいですが、百科事典的に座右に置いておくのもいいかもしれません。欠点としては内容が古いということが挙げられます。同じ著者の『古典学入門』(岩波文庫)も、古典を読む上でベースとなる考えを身につける上で有益です。また、男性目線から貴族社会を見たい、という方には『藤原道長の日常生活』(倉本一宏著、講談社現代新書)がおすすめ。もっと馴染みやすいものとしては『これで古典がよくわかる』(橋本治、ちくま文庫)がおすすめです。橋本治さんは、「春って曙よ!」に始まる『桃尻語訳 枕草子』の著者でもあります。

⇒『平安朝の生活と文学』池田亀鑑著(ちくま学芸文庫)


■古語辞書:『ベネッセ全訳コンパクト古語辞典』中村幸弘編

原文で読む場合、古文特有の単語に出会うことがありますが、そのときに重宝するのが「古語辞典」です。電子辞書に入っているものでも間に合いますが、このベネッセの紙の辞書も持っておいて損はないと思います。重要語が大きく出ているほか、現代語との関連に関する説明や古典に関するコラムが充実しており、読み物として面白いつくりになっています。

⇒『ベネッセ全訳コンパクト古語辞典』中村 幸弘編


■和歌:『原色 小倉百人一首』鈴木日出男ほか

毎日和歌ばかり詠んでいた男女の物語を読むにあたっては、和歌の知識が不可欠です。和歌入門としておすすめするのが、百人一首の解説に綺麗な写真を加えた『原色 小倉百人一首』です。

フルカラーながら値段も手頃で、写真を見るだけでも楽しめるので、とりあえず買っておいて、気が向いたら読んでみる、という使い方に最適です。掛言葉や、古典文法の説明が充実しているのが特徴です。朗詠CD付きも出版されているようです。

⇒『原色 小倉百人一首』鈴木日出男、山口慎一、依田泰著(文英堂)

 

レベル1:現代語訳されたものから読む

japan-classic-world1

古典入門の第一歩には、現代語訳された角川ソフィア文庫から出ている「ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」シリーズがおすすめです。このシリーズは、古典作品の全文あるいはハイライトの原文+現代語訳+解説という構成で、ところどころで図版やあらすじ、人物相関図といったヘルプが入るのが重宝します。現代語訳だけ読んで、気になるところだけ原文を確認する、というスタイルでも十分楽しめます。まずは、短くてかつ全文収められている、『竹取物語』や『方丈記』をおすすめします。

『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』に含まれる古典作品集も、生き生きとした現代語訳で評価が高いです。堀江敏幸訳の『土左日記』や、川上弘美訳の『竹取物語』など、第一線の作家が訳を担当している点もポイントです。

原文も読みたいという方には、『万葉集』から『奥の細道』までの有名どころを収めた筑摩書房の『日本古典読本』がおすすめです。

「ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」シリーズ(角川ソフィア文庫)
⇒『日本古典読本』(筑摩書房)

 

レベル2:注釈・現代語訳のついた作品を読んでみる

「ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」で古典の世界に慣れてきたら、注釈付きのものを読んでみましょう。

ここでも「角川ソフィア文庫」が大活躍します。角川ソフィア文庫からは色々な作品が現代語訳で出ていますが、日記物からは『土佐日記』(三谷栄一訳注)と『更級日記』(原岡文子訳注)を、和歌物語からは『伊勢物語』(石田穣二訳注)を、随筆からは『枕草子』(石田穣二訳注)、『徒然草』(小川剛生訳注)をおすすめします。とくに、『土佐日記』は短いだけでなく、ダジャレや馬鹿騒ぎといったエンターテインメントの要素、ちょっとほろっとする場面に事欠かない、現代にも十分通用する作品になっています。『枕草子』や『徒然草』などは、硬い文学作品だと思わずにブログだと思ってつまみ読みすると、作者の姿が見えてきて面白いと思います。

値段は張りますが箱入りの『新編日本古典文学全集』(小学館)は、現代語訳と充実した注釈を揃えており、レイアウトの読みやすさに定評のあるシリーズです。小学館からはもう少し廉価のダイジェスト版『日本の古典をよむ』シリーズも出ています。ハードカバーの美しい装幀も魅力です。

⇒・『土佐日記』(三谷栄一訳注)
・『更級日記』(原岡文子訳注)
・『伊勢物語』『枕草子』(石田穣二訳注)
・『徒然草』(小川剛生訳注)
⇒『新編日本古典文学全集』(小学館)

 

レベル3:原文で味わう

japan-classic-world3

慣れてきたら、現代語訳が手に入りにくい作品は原文で読んでしまいましょう。原文で読む場合、価格を重視するならば、岩波文庫の黄帯、読みやすさを重視するならば、新潮日本古典集成がおすすめです。後者の新潮日本古典集成は、以前より手頃な新装版へと改版がなされ手に入りやすく、本文中の難解な部分には赤文字で現代語訳が書かれているため、たいへん読みやすいレイアウトになっています。参考までに、私の個人的ベスト5を紹介して結びたいと思います。

1.『平家物語』

岩波文庫全四巻。注釈がしっかりしており、読みやすい。なによりも感情がまっすぐ表現されたすがすがしい作品空間が魅力的。ところどころ中国の説話が出てきますが、私はまだ読めていません。

⇒『平家物語』(岩波文庫)

2.『源氏物語』

岩波文庫など。日本文学史上最高の小説として名高い源氏物語は、ぜひとも流れるような原文で。まずは筑摩書房の『源氏物語読本』を読んで筋をおさえることをおすすめします。注釈の少ない岩波文庫版を読む場合には、渋谷栄一さんがネット上で無料公開なさっている現代語訳と注釈(参考リンク)を片脇に置いておけば、不自由しないと思います。私は岩波文庫の箱付き6冊セットに、ネットの注釈を使いなんとか読みきりました。

⇒『源氏物語』(岩波文庫)
⇒『源氏物語読本』(筑摩書房)

3.『大鏡』

角川ソフィアなど。歴史小説が好きならば、はまること間違い無しの一冊。最初の設定に無理があるのはご愛嬌。

⇒『大鏡』(角川ソフィア文庫)

4.『宇治拾遺物語』

角川ソフィアなど。読んで面白い短編集。これを読むと日本人のちょっとおバカな一面やユーモアのセンスはあんまり変わっていないな、と感じます。「教科書に載せられない話」が盛りだくさん。池沢夏樹の日本文学全集では町田康さんが訳を担当したそうで、気になっています。

⇒『宇治拾遺物語』(角川ソフィア文庫)

5.『風姿花伝』

岩波文庫ほか。能について語っているようで実は人生訓になる、そんな普遍性を持った芸術論です。音大生など、芸術の道を志す読者には参考になる点が多いのではないでしょうか。

⇒『風姿花伝』(岩波文庫)

 

参考リンク:「源氏物語の世界」
http://www.sainet.or.jp/~eshibuya/