ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 趣味・実用 > いま注目の将棋界がわかる!将棋初心者にもおすすめの小説・エッセイ

いま注目の将棋界がわかる!将棋初心者にもおすすめの小説・エッセイ


20160420-shogi-shosetsu&essay-top

昨今、にわかに将棋界への注目が増しています。
これまで、日曜の朝の番組で将棋を指しているお堅い人というイメージだった棋士ですが、その個性的なキャラクターでバラエティーに進出し、将棋を知らないファンを獲得している棋士も現れました。
また、動画共有サービスによるタイトル中継をはじめ、将棋を指さない、もしくは指せなくとも、将棋を見て楽しむファン、いわゆる「観る将」というファン層も出現しました。

そんな注目の将棋界ですが、読書の世界でも存在感を増しています。
羽生善治さん、森内俊之さんといった将棋界をリードするトップ棋士による、一般向けの新書は売り上げを伸ばし、漫画の世界では、渡辺明永世竜王の日常を描いた『将棋の渡辺くん』がブレイクしました。
これから「読む将棋ファン」、「読む将」という層が現れてくるのかはわかりませんが、将棋界を扱った作品に独特な魅力があることは間違いありません。

本コラムは、自分とは違う世界を覗いてみたい、将棋界について興味があるというあなたに向けた、将棋本入門です。(敬称・段位は省略させていただきます。)

 

1. 奨励会の厳しさを描いた名著

将棋のプロ棋士になる、ということは生易しいことではありません。将棋のプロ棋士になるための最大の関門が「奨励会」です。
プロ棋士の卵たちは、小学生、中学生になると奨励会に入会し、生き残りをかけて互いに凌ぎを削りあいます。勝ち負けがすべての勝負の世界であり、制限年齢までに規定の成績を上げなければ、即退会となる厳しい世界です。まさに人生をかけた大勝負が繰り広げられる奨励会は、ドラマの舞台でもあります。

プロ棋士瀬川晶司さんは、奨励会で三段まで勝ち上がり、プロとして認められる四段まであともう一歩のところで、涙を見た一人でした。制限年齢までに満足な成績を上げられず26歳で退会、一度は将棋と縁を切るが、再び将棋の魅力にとりつかれ、歴史的なプロ編入試験を経て、35歳にして異例のプロ入りが認められるまでの半生を描いた作品が『泣き虫しょったんの奇跡』です。

物語は、幼い頃からのライバルや、先生、奨励会の仲間たち、そして家族との交流を中心に、正直に語られる奨励会の厳しい現実と、心境のうつろいに、たちまち釘付けになること請け合いです。

奨励会を描いた作品として、もう一つ、大崎善生さんによる将棋ノンフィクション『将棋の子』がおすすめです。インパクトあるプロローグから、奨励会の異常な雰囲気を感じさせ、奨励会を退会した若者たちの成長と挫折、渦巻く感情を一気に書き上げています。
奨励会の厳しさを描きつつも、そこには人間同士のふれあいや、感動ドラマがあります。長年、編集者として将棋界を見てきた著者の眼差しのやさしさを感じる一冊となっています。

 

2. プロ棋士ってどんな人種? 棋界を描いた名エッセイ

20160420-shogi-shosetsu&essay-1

プロ棋士の世界を覗くには、プロ棋士が書いたエッセイに勝るものはありません。
棋界随一の名エッセイストとして知られるのが、プロ棋士先崎学さんです。著者は、小学生のころから「週刊新潮」や「週刊文春」を愛読していたそうで、その影響からでしょうか、どのエッセイを読んでも自在な文体による「先崎節」が炸裂しています。

その文才を買われ、出版されたエッセイ集は数知れず、『先崎学の浮いたり沈んだり』、『千駄ヶ谷市場』シリーズ、比較的新しいものでは『摩訶不思議な棋士の脳』など、いずれも同業者である将棋棋士の風変わりなところを、面白く描き出されています。
もちろんエッセイだけでなく、将棋の定跡・戦法書も残しており、テレビ番組の将棋講座を担当した際のテクスト、『先崎学のすぐわかる現代将棋』は、評価の高い棋書です。

将棋界を編集者という視点で眺めたエッセイとしては、すこし古いですが『編集者T君の謎』(大崎善生著)がおすすめです。
羽生善治さん、谷川浩司さんといった棋界の大天才にまつわるエピソードや、升田幸三さん、大山康晴さんら昭和の大名人の伝説、女流棋士の日常の一コマ、同業編集者の愛らしいキャラクターなど、バラエティー豊かな将棋界の人々を描いた、短く楽しいエッセイが満載です。

大崎善生さんの著作としては『聖の青春』も忘れるわけにはいきません。難病ネフローゼの闘病生活、師匠森信雄さんとの師弟愛、羽生善治さんとのライバル関係を通じて棋士村山聖さんの生き様が描かれた、将棋本屈指の感動作です。

そのほか、後藤元気さん編集の『将棋エッセイコレクション』、将棋ファンのなかでは有名な記者である北野新太さんの『透明の棋士』は、将棋界にはじめて触れる方にもおすすめできる本です。

 

3.プロ棋士が書いた名著

20160420-shogi-shosetsu&essay-2

先ほど先崎学さんのエッセイ集を紹介しましたが、数多くのプロ棋士が、一般人向けに思考のコツなどの内容の新書を出版しています。

まず伝説の棋士、羽生善治さんの本としては、『決断力』が定番です。羽生善治さん世代の棋士の著作としては、“ウティ”こと森内俊之さんの『覆す力』、奇抜な構想力で評価の高い佐藤康光さんの『長考力』があります。羽生世代よりは一つ上の世代にあたりますが、将棋連盟会長で、永世名人の資格保持者である谷川浩司氏の『集中力』、『常識外の一手』もおすすめです。

私個人のお気に入りの著書は、前会長であった米長邦雄さんが残したエッセイ集『将棋の天才たち』や、コンピューター将棋ソフト「ボンクラーズ」との一局を述懐した『われ敗れたり』がおすすめです。

 

4. 将棋をテーマにした漫画作品

将棋界を題材とした漫画作品も出版されるようになってきました。永世竜王の資格を持った、羽生世代以降最強の棋士、渡辺明さんの日常を漫画にした作品が『将棋の渡辺くん』(週刊少年マガジン)です。

作者は将棋作家で渡辺明さんの奥様である、伊奈めぐみさん。天才ならではの普通ではない行動・発言が満載で、どこか家族劇の趣もある、のほほんとした作品です。ブログ「妻の小言」も要チェックです。漫画ではありませんが、「渡辺くん」本人のブログ「渡辺明のブログ」をまとめた『明日対局。』もあります。

将棋に馴染みのない人の間でも人気を博した漫画として、『ハチワンダイバー』(柴田ヨクサル著)が有名です。溝端淳平さん主演でテレビドラマ化されたことでも話題となりました。
ほかには、一人の棋士の成長を描いた、『3月のライオン』(羽海野チカ著)が人気を集めています。

 

5. 将棋駒の写真集

20160420-shogi-shosetsu&essay-3

最後にオマケとして、私が愛読する一冊を紹介します。
カラー版 将棋駒の世界』(増山雅人著)は、奥野一香さんら有名駒師が作った何百万とする将棋駒から、珍しい木材で作った将棋駒、有名棋士が所蔵する将棋駒など、様々な将棋駒がたくさんのカラー写真とともに紹介されています。つきつめればマニアックな世界ですが、ただ眺めているだけでも綺麗で、心が落ち着く写真集です。

 

まとめ

将棋界には、いい意味で変わった人、変わった文化が多く、一般の人から見るとたいへん興味深い世界です。
将棋本には、定跡や詰め将棋といった解説書だけではなく、将棋を知らなくても読めるエッセイや、ビジネスにも応用の効く書物が綺羅星のごとく書かれてきました。まずは一冊選んでみて、面白い棋士の世界を覗いてみませんか?