ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 趣味・実用 > 服は10着?フランス人のシンプルな生き方を真似したい!

服は10着?フランス人のシンプルな生き方を真似したい!


france-woman

ベストセラー「フランス人は10着しか服を持たない」などで注目されているパリジェンヌの暮らしぶりとは?

フランス人女性の性格や考え方、そしてシンプルな暮らしは、私たち日本人女性にとって学ぶことがたくさんあります。

頑張らず、肩の力をうま~く抜いたフランス人の魅力を、おすすめの本とともにご紹介します。

 

「フランス人は10着しか服を持たない」とは?

『フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~』
著者:ジェニファー・L.スコット

フランスの貴族の家にホームステイすることになった著者が、その家を取り仕切るマダム・シックから“暮らしの質”を高める秘訣を学んでいく、という内容です。

タイトルの「10着の服」など身だしなみの話のほか、食事やシンプルに暮らす方法が書かれています。
ほんとうのおしゃれとは何か?フランス人の暮らしぶりに共感の声が続々!

たくさん服を持っているのに、「着る服がない」
旅行、買い物、高級料理。いろいろやっているのに「何か満足できない」
――そんな方はぜひ一読!異例の大ヒットとなった一冊です。

 

日本人が憧れるフランス人女性の魅力

france-woman-2パリジェンヌといえば、おしゃれな服を着て、おしゃれな家に住んで、おいしいものを食べている…という印象ですよね。

でも、実はフランス人はかなりシンプルな生活を送っているんだとか。

たとえばファッションでは、流行や他人からどう思われるか?を気にすることはあまりなく、「頑張りすぎるのはおしゃれじゃない」という考え方を持っています。

試着を念入りにしてコレだ!という1着を選んだり、少ない洋服でも上手に着回したりと、お金よりも頭を使った賢いファッション術を持っているようです。

また、フランス人は「若いね~」と言われて喜ぶことはあまりないのです。年齢を重ねるだけ知恵と経験が増える、と考えて、自信に満ちあふれて美しくなっていくそうですよ。

日本人はあまり持っていない、“肩の力が抜けた”“頑張らない”生き方がとっても魅力的で、憧れている人が増えているそうです。

「フランス人は10着しか服を持たない」以外にも、フランス人をテーマにした本がたくさんあるので、次で紹介いたします!

 

フランス人の生き方を学ぶ本

ファッションや子育て、恋愛まで。フランス人の生き方を学べる本をご紹介。

パリ流おしゃれアレンジ! / 米澤よう子
おしゃれは着こなし次第!?パリジェンヌのおしゃれ術を学んで、お金をかけなくてもおしゃれ度2割増し!


フランスの子どもは夜泣きをしない / パメラ・ドラッカーマン
子どもは「小さな大人」として扱う、そんなフランス流子育て。たまにはこんな育児書を読んで肩の力を抜いてみては?


French in Style / 畑中由利江
フランスマダムから最上級の女になる秘訣を学びましょう!年齢を超越したマダム15人の中には、なんと90歳の方もいます。いくつになっても美しくあり続ける理由とは――。


フランス人のケチの美学 / もたいようこ
優雅に暮らしていそうなイメージのフランス人ですが、ケチ・節約はあたりまえ!「お金を使わなくてもうまくやっている自分」を楽しむのがフランス流だそうです。


フランス人ママ記者、東京で子育てする / 西村・プぺ・カリン
日本人漫画家と結婚したフランス人女性記者が、東京で子育てに大奮闘。文化の違いがよくわかる&楽しい、子育てエッセイ。


パリのマダムに生涯恋愛現役の秘訣を学ぶ / 岩本麻奈
生涯恋をし続け、歳を重ねるほどに魅力的になっていくパリ在住のR45マダムたち。その秘訣を聞いてみたそうです。歳をとることをマイナスにとらえがちな方は、ぜひ読んでみてください。


フランス女性は太らない / ミレイユ・ジュリアーノ
「フランス人は10着しか~」でも、食事について触れられているのですが、フランス人の食べ方は太りにくいらしいです。太らないというより“健康的”な感じです。

 

おわりに

筆者はまさに、たくさん服を持っているのにさらに服を買ってしまったり、歳を重ねることを少なくともプラスには思っていませんでした。
さらに「白いTシャツ+ジーンズ」でもすてきに着こなすフランス人女性は、かなりの努力をしているのでは……と遠い存在に思っていました。

でも、メイクや服で飾らなくても、自分らしく輝いているから魅力的だったのかもしれませんね。

ちょっと肩に力が入って生きているかも…という方は、一冊読んでみてはいかがでしょうか。