ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > 趣味・実用 > 生き方のヒントがある! プロ野球選手の本

生き方のヒントがある! プロ野球選手の本


baseball-book

2016年10月22日、プロ野球日本シリーズがいよいよ開幕です。今年は広島東洋カープと、北海道日本ハムファイターズが出場します。25年ぶりの日本シリーズである広島と、大活躍した二刀流・大谷選手が注目を集めている日本ハム。話題にもなっていますね。

ところで、ゲームで結果を出してこそのプロ野球の世界。そんなプロ野球選手が書いた本やその選手たちについて述べた本は、フィールドは違っていても参考になることがいろいろ書いてあるんです。

そこで、今回はそんなプロ野球関連本のオススメをご紹介します。野球が好きな方はもちろん、ビジネスマンや、対人関係や人生に迷ったり悩んだりしている方にもオススメです。

 

職場のリーダーや子育て中の親御さんに効く!

baseball-book1

◆『采配』

著者:落合博満


中日ドラゴンズの監督として、就任中に2年連続を含むリーグ優勝4度、毎年Aクラス入りを果たした落合氏。現在はGMとして賛否両論出ていますが、監督時の実績は文句の付けられない好成績でした。

落合氏の文字通り「采配」論が詰まった1冊。自立型人間の育て方、常勝組織の作り方、プロの仕事論など、具体的な人とチームの育成論が書かれています。「チームリーダーになったけどうまくいかない。」という方から「子供の教育で悩んでいる」という方まで、多くの「育成」に悩む方に参考になると思います。

 

継続の重要さを実感する!

baseball-book2

◆『イチロー脳力』

著者:児玉光雄


イチロー選手といえば2016年シーズンにメジャー通算3,000本安打を達成したことは記憶に新しいかと思います。ちなみに4月にはメジャー通算500盗塁も達成しており、イチロー選手に関してはまさに記録の年でした。

この本は、こうした大記録を残すイチロー選手の原動力となる考え方を、その言葉から学ぶ本です。著者の児玉氏はイチロー選手に関する本を多数執筆している方で、この本も74個の言葉とそこから学べることが書かれています。常に自分の決めたことをブラさず、継続する。コツコツと結果を積み重ねる。それによってとんでもない記録が生まれるということが実感できる内容です。

「なかなか結果が出ない」「成長できない」と悩んでいる人にはヒントになるはずです。

 

「生き方」そのものを学ぶ!

baseball-book3

◆『野村克也の「菜根譚」』

著者:野村克也


野村監督は現役時代の成績はもちろんですが、監督としても理にかなった育成で定評がある人です。南海ホークスの選手兼任監督時代も含め、24年間の監督生活の中で培われた育成論は、プロ野球というフィールドのみならず、非常に参考になります。

著書も多く、野球を軸に人生論や育成論、組織論、戦略論などが語られることが多いのですが、本書『野村克也の「菜根譚」』は文字通り「菜根譚」の野村流解説書です。「菜根譚」は中国の古典で、ざっくりいうと”生き方”を説いた本です。現代人にも参考になるということで、様々な訳書が出版されていますが、この本は「菜根譚」のエッセンスに野村監督の経験に基づく考え方がプラスされて、よりわかりやすく、得るものも多い内容になっています。

「人間関係の築き方」「ものの見方・人の見方」など、悩みを抱えている人にはズバリ響く内容になっています。野球を交えている部分もありますが、野球を知らなくても問題なく、非常に参考になる本です。

 

言葉を知り、自分流に置き換える!

baseball-book4

『未来をかえるイチロー262のNextメッセージ』

著者:「未来をかえるイチロー262のNextメッセージ」編集委員会


再びイチロー選手本の登場です。こちらは2005年~2007年のイチロー選手の言葉だけを集めた本。

言葉だけなので、感じたままに解釈し、気付きを得ることができます。イチロー選手の言葉が1ページに1つ。忙しい毎日でも、毎朝1ページだけ見てその言葉を意識しながら1日を過ごすと新しい発見があるかもしれません。

 

 

プロ野球関連本は、プロ野球好きな人向けの本ばかりではありません。むしろ様々な悩みのヒントになることが多いのが特徴です。プロとして厳しい世界で生きてきた人たちの気づきや教訓を知ることができるプロ野球本は、いろいろな人にぜひ手にとっていただきたいジャンルです。

「プロ野球の本特集」で、数多くのプロ野球本を集めてみました。好きな選手の本や、知っている有名選手の本にぜひ触れてみてください。

book-baseball-titleプロ野球の本特集

~今回ご紹介した本~
◆『采配』落合博満(ダイヤモンド社)
◆『イチロー脳力』児玉光雄(東邦出版)
◆『野村克也の「菜根譚」』野村克也(宝島社)
◆『未来をかえるイチロー262のNextメッセージ』「未来をかえるイチロー262のNextメッセージ」編集委員会(ぴあ)

この記事の筆者

サカモト
サカモト
中学生の頃に歴史にハマった歴史好き30代。毎日のように本屋に行っては面白そうな本をあさってます。歴史関係のほか、漫画も好きです。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓