ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ミステリー小説 > 湊かなえ『Nのために』のあらすじと感想

湊かなえ『Nのために』のあらすじと感想


20170407-Nnotameni-top

Nのために
湊かなえ(著)
双葉文庫
発売日:2014/08/01

 

 

『Nのために』あらすじ

東京都内の高級マンションの一室で、夫婦の変死体が見つかった。現場に居合わせたのは、杉下希美、安藤望、西崎真人、成瀬慎司の男女4人。それぞれの証言から衝撃的な真実が明らかに…。「N」と出会ったとき、悲劇は起こる……。

 

『Nのために』感想

20170407-Nnotameni-1

『Nのために』は、殺人事件の真実をモノローグ形式で情緒的に解明する著者初の純愛ミステリーで、現在と過去を交錯させたストーリー展開です。

1つのエピソードが何回か描かれますが、同じ出来事でも角度を変えると異なった捉え方ができることを表現しています。視点を変えて物語が語られるのは、著者である湊かなえさんの作風であり、おもしろさでもあります。また、4人の登場人物から語られる話が合わさることで真実が浮かび上がる構成は、見事としかいいようがありません。

2009年には第6回本屋大賞を受賞した『告白』で、イヤミス(嫌な気分になるミステリー)という新ジャンルを世に広めた湊さん。本書でも、イヤミスに新たな作品を加えたといえるでしょう。

主要な登場人物全員にイニシャル「N」がつき、それぞれが思いを寄せる「N」のために行動しますが、物語の根底にあるのは「愛のあり方」。湊さんも“大切な人を思い浮かべながら”本書を楽しむことを願っているそうです。

2014年に、榮倉奈々さん、窪田正孝さん、賀来賢人さん、小出恵介さんら豪華キャストによりテレビドラマ化。高い評価を得て、ドラマを見て本書を読みたくなったという意見も多数あります。湊さんのファンはもちろん、湊さんの作品を手にしたことがない人でも楽しめる小説です。

■今回ご紹介した書籍
Nのために
湊かなえ(著)、双葉文庫


湊かなえさんがお好きな方におすすめ!

ライター

アイウチ
アイウチ
絵本が好きなアラサー主婦です。休みの日は、カラフルなデコケーキを作ったり、衝動買いしてしまう生地で裁縫をしています。