ブックオフオンラインコラム

ブックオフオンライントップへ

ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ミステリー小説 > 横溝正史ミステリ&ホラー大賞とは? 歴代の大賞受賞作とおすすめ作品

横溝正史ミステリ&ホラー大賞とは? 歴代の大賞受賞作とおすすめ作品


更新日:2019/9/20

「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」をご存知ですか?

「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」は、「横溝正史ミステリ大賞」と「日本ホラー小説大賞」が統合され、2019年に創設された文学賞です。

一体どんな文学賞で、どのような作品が大賞を受賞しているのか? ここでは、おすすめの作品とあわせてご紹介します。

今、「どの作品を読もうかな……」と悩んでいるのであれば、横溝正史ミステリ&ホラー大賞を受賞した作品から選んでみませんか?

 

 

「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」とは?

「横溝正史ミステリ大賞と日本ホラー小説大賞」は、株式会社KADOKAWAが主催する新人文学賞です。
もともと「横溝正史ミステリ大賞」はミステリー作品を、そして「日本ホラー小説大賞」ではホラー作品を対象としていました。

「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」は、この2つの文学賞が統合した賞。
ミステリー、ホラーの2大ジャンルをカバーする新人賞で、よりエンターテインメント性に優れた作品が選出されます。

 

大賞は金田一耕助像の授与、副賞として賞金500万円が贈られるほか、受賞作品は単行本も刊行されます。

ちなみに2019年に創設された賞ではありますが、開催数は「横溝正史ミステリ大賞」を引き継いでいます。

▲目次に戻る

 

最新の大賞受賞作品

2019年4月19日に行われた選考会。
その結果、第39回横溝正史ミステリ&ホラー大賞では「大賞受賞作なし」という結果になりました。

優秀賞は北海銀さんの『血の配達屋さん』、読者賞には滝川さりさんの『お孵(かえ)り』が選出されています。

▲目次に戻る

 

過去の大賞受賞作品

ここで、過去10年にそれぞれの賞を受賞した作品をまとめてご紹介します。

横溝正史ミステリ大賞 日本ホラー小説大賞
2009年  第29回 『雪冤』大門剛明  第16回 『化身』宮ノ川顕
2010年  第30回
お台場アイランドベイビー』伊与原新
 第17回 『お初の繭』一路晃司
2011年  第31回
消失グラデーション』長沢樹
 第18回 大賞受賞作なし
2012年  第32回
さあ、地獄へ堕ちよう』菅原和也
デッドマン』河合莞爾
 第19回 『先導者』小杉英了
2013年  第33回
見えざる網』伊兼源太郎
 第20回 大賞受賞作なし
2014年  第34回
神様の裏の顔』藤崎翔
 第21回 『死呪の島』雪富千晶紀
2015年  第35回 大賞受賞作なし  第22回 『ぼぎわんが、来る』澤村伊智
2016年  第36回 『虹を待つ彼女』逸木裕  第23回 大賞受賞作なし
2017年  第37回 大賞受賞作なし  第24回 大賞受賞作なし
2018年  第38回 大賞受賞作なし  第25回
祭火小夜の後悔』秋竹サラダ
黒いピラミッド』福士俊哉

※敬称略
※書籍化に伴い、改題されている場合があります。

こうしてみると、大賞受賞作がない年も多くあることが分かります。

▲目次に戻る

 

おすすめ作品

ここでは、それぞれ2つの賞で大賞を受賞した作品のなかから、読んでおきたいおすすめの小説を選んでみました。ぜひ本選びの参考にしてみてくださいね。

 

第1回 横溝正史ミステリ大賞『この子の七つのお祝いに』

『この子の七つのお祝いに』表紙

この子の七つのお祝いに
斎藤澪(著)、角川グループパブリッシング

<あらすじ>
昭和25年頃。真弓と娘の麻矢は、東京都の大森で暮らしていた。真弓は毎日、父を恨むよう麻矢に教えこみながら、虐待を繰り返していた。そして麻矢が7歳になった正月に、真弓は自殺してしまう。

それから35年がたったある夜、東京の住宅地で一人の女の惨殺死体が見つかった――。

 

記念すべき横溝正史ミステリ大賞、第1回目の大賞受賞作品です。

昭和の時代が色濃く反映されているため読みにくさを感じることもあるかと思いますが、ぜひ最後まで読み進めてください。人間の怨念がいかに恐ろしいものかと改めて考えさせられます。

次々に起こる殺人、思わずゾッとしてしまう結末、後味の悪い読後感。これらを1冊で楽しみたい方におすすめです。

 

第25回 横溝正史ミステリ大賞『いつか、虹の向こうへ』

『いつか、虹の向こうへ』表紙

いつか、虹の向こうへ
伊岡瞬(著)、角川書店

<あらすじ>
元刑事の尾木遼平は、仕事も家族も失い、売却が予定されている古家で3人の居候と同居生活を送っていた。

あるとき家出少女の早希と出会い、家に泊めてしまったことをきっかけに殺人事件に関わることになってしまう。

 

第25回 横溝正史ミステリ大賞受賞作品。
人の良すぎる尾木が、面倒だと感じながらもワケありの同居人たちや、早希を守るために奮闘するハードボイルドな作品です。
酒、薬、ヤクザ、暴力といった描写も多いですが、人と人との繋がりが見事に描かれています。

非常にテンポよく進む物語と、尾木の語り口に惹きこまれるはず。
尾木がとにかくボコボコにやられるのですが、そこがなんだか人間臭くてつい気になってしまうのです。

 

第27回 横溝正史ミステリ大賞『ロスト・チャイルド』

『ロスト・チャイルド』表紙

ロスト・チャイルド
桂美人(著)、角川書店

<あらすじ>
ある日、突如謎の武装グループによって襲撃された東京都監察医務院。

助教授兼監察医である神ヒカルは、不審な死体の解剖をしようとしたときに居合わせた公安の刑事と共に、襲撃事件に巻き込まれてしまう――。

 

第27回 横溝正史ミステリ大賞受賞作品。
遺伝子医療を巡るミステリー小説で、疾走感あふれるスピーディな物語が魅力的です。登場人物が多く、専門用語もたくさん出てくるため、丁寧に読み進めていくことをおすすめします。

ヒカルが解剖しようとしていた死体に隠された秘密、そして、武装グループの目的とは? 息もつかせぬ展開を体感してくださいね。

▲目次に戻る

 

第2回 日本ホラー小説大賞『パラサイト・イヴ』

『パラサイト・イヴ』表紙

パラサイト・イヴ
瀬名秀明(著)、角川書店ほか

  <あらすじ>
生化学者の利明は、事故で亡くなってしまった愛妻の肝細胞を密かに培養している。
ところが、「Eve1」と名付けたその細胞は恐るべき生命体に変わっていき、ついに暴走し始めた――。

 

第2回 日本ホラー小説大賞受賞作品。
本書のテーマは「ミトコンドリアの反乱」。意思を持った細胞が、完全な生物になるため変貌を遂げ、人間に牙をむく……という物語です。本作を原作としたゲームも人気を博しました。

エンターテインメント性が高く、薬学などの専門的な知識がなくても楽しむことができます。

作者の瀬名氏がもともと研究者だったこともあり、現実に起こり得るのでは……と感じずにはいられません。

 

第4回 日本ホラー小説大賞『黒い家』

『黒い家』表紙

黒い家
貴志祐介(著)、角川書店

  <あらすじ>
生命保険会社で働く若槻慎二は、顧客の菰田に呼び出され、彼の家に足を運ぶことに。ところがそこで、菰田の子供の首つり死体を発見。菰田の態度を不審に思った若槻は、独自の調査に乗り出すのだが――。

 

第4回 日本ホラー小説大賞受賞作品。
「保険金殺人」がテーマであり、一般的な常識が通用しない、人間の持つ「狂気」に触れることができるホラー小説です。

死体を発見したことをきっかけに、若槻の周囲の人間が次々と死んでいきます。はたして誰が、なんのために……?

日常生活が少しずつ脅かされていく恐怖。自分にも起こり得そうな内容だからこそ、読み手を惹きつけて離さない、そんな作品です。

▲目次に戻る

 

「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」受賞作品を読んでみよう!

「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」を受賞する作品から目が離せません!

「横溝正史ミステリ大賞」と「日本ホラー小説大賞」の受賞作もどれも素晴らしい仕上がりです。お気に入りの1冊を探してみてくださいね。

【おすすめ記事】短編・長編小説、エッセイなどジャンル別まとめ 文学賞の一覧

ライター:アオミ

▲目次に戻る