ブックオフオンラインコラム
ブックオフオンライントップへ
ブックオフオンラインコラム > 本に出会う > ミステリー小説 > ミステリー初心者におすすめ! 珠玉の短編・中編小説3選

ミステリー初心者におすすめ! 珠玉の短編・中編小説3選


20160519-shoshinsya-mystery3-top1

上質な謎に意外な真相。そこに膝を打つようなトリックを加え、隙のない論理的な帰結があれば、傑作ミステリー小説と言っても過言ではありません。

ただミステリー小説はそういった性質上、矛盾を作らないための手続き的な捜査があったり、伏線をはるためだけの退屈なエピソードが描かれることも少なくありません。
そういったエピソードも推理をしながら読む人であれば「なるほど、なるほど。これは、真相のための伏線だな。覚えておこう」と楽しむことができると思います。「そこがミステリー小説の醍醐味だ!」と思う方も多いでしょう。

しかしながら、純粋に物語を楽しみたい人やミステリー小説をあまり読まない人にとっては、そういった部分が退屈に映ってしまうかもしれません。

そしてそれが長編ともなると、人によっては、ついつい途中で投げ出してしまい、もう二度と読まないなんてことも。それどころか「ミステリーはつまらない!」なんてジャンル自体に嫌悪感を抱いてしまったり……。

そうならないために、ミステリー初心者は短編や中編ミステリーから手を出すべきだというのが筆者の持論です。短編・中編ミステリーは、分量が少ないため次々に話が展開していき、テンポのいい作品が多いというのが特徴です。

ですからまずは長編よりも短編・中編ミステリー!
ということでここでは、ミステリー初心者も楽しめる短編・中編が収録されている珠玉の作品集を三作紹介していきます。

 

 

悪趣味で残酷な高校生を描いた暗黒青春ミステリー

20160519-shoshinsya-mystery3-1

GOTH』 / 乙一(著)、角川文庫

~あらすじ~

「人を殺す人間が、確かに存在している。どんな理由もなく、殺したくなるのだ。(僕の章132ページ)」

「あるときふと、殺さずにはいられなくなる。社会的な生活から離れて、狩りへ赴く。僕もそのうちの一人だ。(僕の章132ページ)」

主人公の「僕」と同級生の森野夜。高校生の彼らは聞いたら誰もが顔をしかめるような残酷で陰惨な話を好みます。そういった話を求める二人の前で起こる残酷で陰惨な事件。そこで浮上する謎。「僕」がそれら謎に迫っていきます。

「猟奇殺人鬼の手記」、「人の手首を求める教諭」、「死ぬ前の少女の声を記録する僕」などなど現実にある暗い部分を描いた六つの物語。自分が殺す側の人間だと自覚する「僕」。一方、殺される側の森野夜。彼らはどこに向かっているのか。彼らが行きつくところは果たして――。


本作は、本格ミステリ大賞受賞作です。文庫本では「僕の章」と「夜の章」に分冊されていて、二冊合わせて六話が収録されています。

どの収録作にも必ず意外な結末やどんでん返しが用意されていて、話の構成はまるで本格ミステリーのお手本のようです。さらにグロテスクな話と著者の高い筆力が相まって、どこか幻想的な雰囲気が漂っています。

次々と展開する話。魅力的なキャラクター。意外な結末。これらを備えた本作は、ミステリー初心者に自信を持っておすすめできる作品です。

 

人が死なないミステリー!

20160519-shoshinsya-mystery3-2

遠まわりする雛』 / 米澤穂信(著)、角川文庫
「古典部」シリーズ

~あらすじ~
神山高校の古典部に所属する折木奉太郎。「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければならないことなら手短に(9ページ)」という信条を掲げる折木は、体を動かすより先に頭で考える「省エネ」少年。そんな彼の前に持ち込まれる七つの謎。「幽霊の正体」、「消えるチョコレート」、「放送の何気ない一言から導かれる意外な真実」などなど、彼は極力動かず、その謎を解決していきます。謎を解決した先に見えてくる思春期感情。何気ない日常生活。神山高校古典部の過行く一年が描かれます。


本作は古典部シリーズ第四弾で、シリーズ初の短編集となります。シリーズ作品である本作ですが、この巻から読んでも楽しめる造りです。

収録作は七編の短編。それらはどれも魅力的ですが、一つだけあげろと言われて思いつくのは、四つ目に収録された「心あたりあるものは」です。放課後に何気なく流れてくる「生徒呼び出し」の放送。その何気ない放送の裏にどんな事実が隠されているのか。そこを推理していく短編です。この話はミステリー小説の名作「9マイルは遠すぎる」のオマージュであり、非常に完成度の高い作品となっています。

瑞々しい筆致で描かれる青春ミステリーである本作は、謎だけでなく思春期感情という誰にでもある普遍的な心情を描いているため、ミステリー初心者でも物語に入っていきやすいのが特徴です。

 

本格ミステリーを知りたい人にお勧め!

名探偵の掟』 / 東野圭吾(著)、講談社文庫
「天下一大五郎」シリーズ

~あらすじ~
自称名探偵で本作の主人公天下一大五郎。彼は探偵として、数々の事件を解決していきます。そしてワトソン役を担うのは、警部の大河原番三。彼はミステリー小説にありがちなへっぽこ警部として、天下一の補佐をします。彼らの前に現れる13の事件。二人はそれを解決していき――とここまで見るとオーソドックスなミステリー小説。しかし、本作には、普通とは違う点があります。それはこの二人が「自分たちが物語の登場人物であることを自覚している」という点。そんな本作はミステリー小説のお約束を皮肉りながら事件を解決していく、コミカルな短編集となっています。


本作は天下一大五郎シリーズ第一弾です。天下一と大河原の漫才のような掛け合いは思わずくすりと笑わされます。ただ、本作の面白いところはミステリーとしてもよくできているという所です。

「密室のトリック」、「死体をバラバラにする動機」、「犯人当て」など、よくある本格ミステリーの話をしっかりと上質な短編に仕上げているのです。
さらに随所に見られる皮肉が、本格ミステリーの解説にもなっているため、ミステリー初心者に特におすすめの作品となっています。

「本格ミステリーとは一体どういうものなのか?」ということがわかる作品です。

 

まとめ

上述した三作品にミステリー以外のジャンルを与えるとすれば、『GOTH』はサスペンス、『遠まわりする雛』は青春、『名探偵の掟』はユーモアといったところです。

普段ミステリーを読まない方も自分の好みに合わせて、まずは一作だけでも手にとってみてはいかがでしょうか。

 

【おすすめ記事】

 

ライター

ツナシ
青春小説とミステリー小説が好きな20代。ライトノベルから純文学まで読みますが、浅く広くといった感じです。小説は読むのも好きですが書くのも好きです。
先日某小説新人賞を賜り、現在出版に向けて作業中。